BMW M4 【心臓を直6ツインターボに代えたM3クーペ後継車】のレビューをご紹介

BMW M4[2014年07月]

投稿者評価

平均

投稿画像

心臓を直6ツインターボに代えたM3クーペ後継車 投稿日:2014年12月25日※レビューの内容は投稿時のデータです。

star star star star star 4.4

【総合評価】
  3シリーズのクーペ系が4シリーズへと発展したのにともなって、BMWのスポーツモデルの金看板であるM3クーペはM4クーペに移行した。だが、マニアにとっての気がかりは、名称変更よりもエンジン変更だろう。最後のM3クーペの心臓は4L・V8で、このE92までの歴代モデルはすべて自然吸気エンジンだったが、新世代のF82はツインターボで武装した3L・直6が与えられた。これで、「M」の心臓もすべて直噴ターボになってしまったわけだ。
 ルックスに関しては、「M」はやはり特別な仕立て。専用のワイドボディや、カーボン製ルーフ、スポイラー一体型カーボントランクリッドなどを採用してレーシーなムードを演出するとともに、軽量化や低重心化も行っている。「さすがMモデル」の印象だ。

【良い点】
 大きく進化したのは加速の迫力。ターボならではのビッグトルクがカギを握る点で、わずか2000回転ほどであっても、右足を「グイッ」と踏み込めば……目眩くような力感に満ちた加速を楽しませてくれる。ハイチューンターボというと、応答の遅れを心配する人もいるだろうが、M4のターボはシングルではなくツイン。鋭敏なレスポンスも自慢だ。
 そしてシャシー。オプションの19インチタイヤ装着車はとくに顕著だが、さらにコーナーが速くなった。フットワークはターンインからシャープで、姿勢のコントロールも思いのままといった印象。アダプティブMサスペンション装着車(オプション)の場合は、凹凸やうねりの処理にも長けていて、どんな場面でも痛快なコーナリングを可能にしている。そうした高度な能力を考えれば、コンフォートモードにおける日常の乗り心地は「驚くほど快適」と表現することができる。

【悪い点】
 速さの進化は疑いようのないモノ。さらに、ターボ化は環境性能の改善ももたらした。しかし、突き抜けるような高回転域のフィールとサウンドの官能性、そして応答性のリニアさについては、自然吸気時代のM3に軍配があがる。「M」専用の3Lツインターボのレブリミットは7600回転と高く、サウンドもシングル・ツインスクロールターボのユニットとは別物の迫力。だが、それでも消失感のような気分を抱いてしまうのは、たんなる過去への郷愁だけではないような気がする。

  • 外観5.0
  • 乗り心地4.0
  • 走行性能5.0
  • 燃費・経済性4.0
  • 価格4.0
  • 内装5.0
  • 装備4.0
利用シーン
趣味 ドライブ
オススメ
男性向け 走り好き
特徴
加速 安定性 操作性

このレビューが参考になった!

参考になった人0

プロフィール画像
森野 恭行

  • 50投稿
  • 785いいね
クルマレビューを投稿する

※販売店レビューの投稿はこちら

M4

総合評価

4.5
(4件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
5.0 5.0 4.0 3.8
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備
4.8 4.3 4.5

BMWの人気車種のクルマレビューを探す

オプションからM4の中古車を探す

M4(BMW)のクルマ情報(中古車両)をオプションから簡単に車両検索できます。

色からM4の中古車を探す

M4(BMW)のクルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

M4の新着物件を見る

モデル一覧

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜

矢印