CT ワイン系(レクサス)の中古車を探す

モデルで絞り込む

  • CT 10系

    2011年1月~

価格相場もっと見る

平均価格174.9万円
(中古車価格帯44.8~395万円)

カタログ情報もっと見る

WLTCモード燃費 21.3~23.9km/l
JC08モード燃費 26.6~30.4km/l
10・15モード燃費 32.0~34.0km/l
排気量 1800cc

クルマレビュー

総合評価

4.5380件

外観4.5

乗り心地4.5

走行性能4.5

燃費・経済性4.5

価格4.2

内装4.5

装備4.6

満足度4.6

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数                        ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

4台中1~4台表示

新着順 ▲新 ▼古

本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

車検 ▲短 ▼長

CT CT200h バージョンC 純正ナビTV バックカメラ LEDヘッドライト シートヒーター ETC クルーズコントロール カードキー

本体価格 (税込)

109.8万円

支払総額 (税込)

126.8万円

  • 年式2012年
  • 走行4.7万km
  • 車検車検整備付
  • 排気1800cc
  • 保証6ヶ月・5000km
  • 修復なし

ミッションCVT

カラーワインM

ボディタイプハッチバック

法定整備整備込

CT CT200h バージョンC フルセグ HDDナビ DVD再生 バックカメラ ETC LEDヘッドランプ

車両状態評価書を見る

本体価格 (税込)

145万円

支払総額 (税込)

158.8万円

  • 年式2012年
  • 走行2.7万km
  • 車検車検整備付
  • 排気1800cc
  • 保証12ヶ月・走行無制限
  • 修復なし

ミッションAT

カラーワイン

ボディタイプハッチバック

法定整備整備込

CT CT200h バージョンL 社外スピンドルグリルFバンパーTOM’Sエアロ4本出しマフラー純正17AWLEDヘッドLEDフォグ本革シートウッドコンビHクルコン運転席パワーシート前席シートヒーター純正HDDナビTVBカメラETC

グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

本体価格 (税込)

168万円

支払総額 (税込)

187.7万円

  • 年式2012年
  • 走行5.4万km
  • 車検車検整備付
  • 排気1800cc
  • 保証1ヶ月・走行無制限
  • 修復なし

ミッションCVT

カラーワインM

ボディタイプハッチバック

法定整備整備込

購入パックあり グー保証付けられます

CT CT200h バージョンC 1年保証・サンルーフ・LEDヘッドライト・禁煙車・ナビ・TV・ETC・バックカメラ

本体価格 (税込)

105万円

支払総額 (税込)

118万円

  • 年式2011年
  • 走行8.5万km
  • 車検車検整備付
  • 排気1800cc
  • 保証12ヶ月・走行無制限
  • 修復なし

ミッションCVT

カラーワインM

ボディタイプハッチバック

法定整備整備込

ページトップへ戻る

レクサス CT

グーネットに掲載されている「レクサス CT」の掲載状況は?

グーネット中古車ではレクサス CTの中古車情報を661台掲載しています。
車両価格は44.8万円~395万円、最も掲載の多いボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャインで113台となっています。(2021.05.15)

車種の特徴

2011年に登場した「CT」は、プレミアムコンパクトクラスのハイブリッド車で、「乗って走って楽しい」時間と空間を提供する自動車を目指して開発されました。この車両は、乗車定員5名の5ドアハッチバックモデルで、エクステリアは、車高を低く抑えた低重心のシルエットを形づくっており、空力特性にも優れています。また、スポーティなモデルでありながら、快適な居住性も備えています。2014年に実施されたマイナーチェンジでは、レクサスブランドのデザインアイコン「スピンドルグリル」が採用され、フロントデザインが一新されました。2017年8月発売モデルでは、グレードとして、ベーシックな「CT200h」、専用チューニングサスペンションなどを採用し、走りを強化した「バージョンC」、本革シートなどの装備を充実させた「バージョンL」、走行性能をより強化したスポーツバージョンの「Fスポーツ」をラインナップしています。このモデルでは、いち早く歩行者を検知して衝突回避支援する「プリクラッシュセーフティ」や、車線逸脱による事故を予防する「レーンディパーチャーアラート」、夜間走行中にロービームとハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」などの予防安全機能がパッケージングされた「Lexus Safety System+」が全車に標準装備されています。この車両のボディカラーには「グラファイトブラックガラスフレーク」「レッドマイカクリスタルシャイン」などが用意されている他、「Fスポーツ」には、専用カラーの「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」が設定されています。※記載の文章は、2018年10月時点の情報です。

車名の由来は?

英語の「Creative Touring vehicle」に由来し、そのイニシャルの一部を使用した名称となる。シングルグレードで「CT200h」のみが用意されるが、これは2Lエンジン並みの動力性能を有するハイブリットモデルという意味。プレミアムコンパクトクラスではめずらしいハイブリッド専用車である。

モデル概要、その魅力は?

1.8Lエンジンに3代目「プリウス」と共通のハイブリッドシステムを採用し、高い環境性能を実現するが、6段変速+パドルシフトを装備する点が異なっている。ダイナミックでスポーティなスタイルの5ドアハッチバックで、高いボディ剛性、新開発サスペンションと相まって、「乗って走って楽しい」時間と空間をもたらす。

色から探す

クルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます