買取前に車の名義変更を行えば買取は可能です


買取に出したい車の名義が自分になっていない場合は、名義変更を行わなければ売却はできません。必要な書類を揃えれば買取業者や車販売店などが代行してくれますが、手数料がかかります。

一方で陸運局に出向けは自分でも手続きは可能です。名義が自分ではないケースとしてはローンを組んでいた場合が挙げられます。

ローン会社名義になっており、完済したら名義が換わります。この場合は必要な書類をローン会社に送って貰えば名義変更できます。

ただローン残債がある場合や買取金額では不足する場合、別に支払う方法を講じる必要があります。2つ目は親族などから車を譲り受けたケースです。

自分と相手方からの必要書類が整えば名義変更できます。そして前名義人が亡くなっている場合はやや複雑です。

まず相続人に車を相続してもらい、自分へ名義変更する流れとなります。

車の名義が違うのはローンを組んだ場合や親族などから譲り受けた場合などが当てはまります

車を譲り受けた場合などで、不要となるまたは別の車に乗り換えたい場合などは、買取に出したいと考える人もいるでしょう。その際に、車の名義が以前の所有者のままになっていて、変更されていない場合でも買取前に自分名義に変更すれば、売却することできます。

車の名義を自分に変更すれば買取可能です

買取業者が決まっていれば、必要な書類を揃えて提出すればあとは業者が手続きをしてくれます。売却先が未定の場合は、やや面倒です必要書類を揃え、自分で名義変更をすることも可能です。

名義が自分以外のケース

車の名義が自分以外になっているケースとしては、まず1つ目にローン会社名義があります。このケースでは実際に使用しているのは自分ですが、ローンを組んで車を購入している場合が当てはまります。

ローン返済までの担保として、ローン会社名義として完済したら名義変更がなされます。さらに2つ目として親族や友人から車を譲り受けた場合も、名義は親族や友人名になっているので本人とは異なります。

3つ目は、亡くなった親や友人などの名義の車を買取してもらうケースです。この場合は、前所有者がすでに他界してしまっているので相続が絡んでくるため名義変更などがやや手続きは複雑になりますが、きちんと処理が済めば買取は可能です。

名義人は車に対する所有権を有し売買や譲渡などを行う権利がある人のことです

そもそも車の名義人というのは、当該車両の所有権を有している人のことです。車の売買や譲渡などの一切の権利があります。

車の関することでも一切の責任を負う立場にあります。自動車税の納税者は所有者になります。

車検証を見ると、車の所有者と使用者が記載されています。所有者というのが、名義人の事です。

一方、使用者というのは車を使用できる人で、車を管理する立場にあります。しかし所有権はありません。

といっても、交通違反をしたり事故を起こしたりした場合の責任は実際に車を運転していた使用者にあります。

ローンを組んでいる場合などは名義人が本人にならない場合も

たとえばローンを組んで車を購入した場合、所有者がローン会社、使用者が自分となっている場合がほとんどです。ローンを返済し終わるまでは、ローン会社が所有者としているのです。

また親が車を購入し、名義を自分にしておいて所有者として未成年の子に使用させるというケースもあります。未成年の子が名義人になるには、必要な書類もいくつかある手続きも面倒なので便宜上、そうしているという家庭も多いものです。

後は、法人名義にしておいて従業員に使用させるというケースもあります。

愛車のかんたん査定はこちら

車の名義人がローン会社の場合はローン残債も確認しましょう

車購入時にローンを組んだ場合、名義はローン会社になっている場合がほとんどです。ただ中古車で購入金額が安かった場合は、ローンを組んでいても名義人が自分になっているケースもあるのでまずは車検証を確認してみましょう。

買取に出す前に、ローン会社に連絡して名義変更に必要な書類を郵送してもらい、記入して返送すれば手続きして貰えます。

ローンの支払いが残っている場合

ただし買取に出す際にローンの返済がまだ残っている場合は残りのローンを返済する必要があります。ローン残債あれば、ローン会社は返済の担保として車の所有権を握っておかなければならないので、返済しなければ名義変更はしてもらえません。

しかし返済ができない状態であれば、買取業者に間に入ってもらいましょう。買取金額の一部を使って、残りのローンを支払うという形が取れれば名義変更してもらえます。

買取金額がローンの残債に満たない場合

ただ買取金額がローンの残債に満たないケースもあります。そうなると返済できないのですが、新たにローンを組みなおすという方法で買取できます。

必要な書類も買取業者が揃えてくれて、手続きも行ってもらえます。ただローンを組みなおす際の契約には、金利などの記載もあるのでしっかり確認してから契約を結ぶようにしましょう。

親族や友人などから譲り受けた車も必要書類を整えて名義変更手続きを行います

親族や友人などから譲り受けた車を買取する場合は、事前に自分に名義変更しておく必要があります。その際には、車検証・自賠責保険証明書・自動車納税証明書・リサイクル券・印鑑・身分証明書などを揃える必要があります。

必要書類を整えて業者に依頼

前所有者の印鑑証明書や前所有者の実印が押してある譲渡証明書、前所有者、信所有者の委任状や新所有者の車庫証明書なども必要です。車検証や納税証明書、印鑑証明書や譲渡証明書、委任状などは前所有者にお願いして準備して貰いましょう。

自分では印鑑証明書や身分証明書などが必要です。手続きは、買取業者が代行してくれるので必要な書類を提出すれば事足ります。

ただ業者によっては名義変更手数料を請求され、査定額からその分が減額されることもあるので確認しておきましょう。手数料は業者によって違いますが、1万5000円位から3万円前後だと言われています。

自分で手続きも可能

また自分で手続きすることも可能です。その場合には必要な書類を整えて、車のナンバー登録がされている陸運局へ出向いて手続きをすることになります。

窓口で丁寧に教えてもらえるので手続き自体はさほど難しくありません。ただ書類に不備があり、その日に名義変更できない場合は、再度出向かなければなりません。

そうならないように、あらかじめ電話で問い合わせるか、ホームページなどで確認しておきましょう。

前名義人が亡くなった場合は、相続人への相続後に名義変更を行う必要があります


前名義人がすでに亡くなっている場合は、相続の問題も絡んでくるのやや手続きが複雑になります。

名義変更で必要な書類

まず自身の親の車を買取に出す場合は、相続の手続きの際に作成した遺産分割協議書と親の遺産を相続する兄弟姉妹など、相続人全員の印鑑証明書、親と自分との親子関係が明白に記された戸籍謄本などの書類が必要です

手続きの流れ

亡くなった親戚や友人などの車を譲り受け買取に出す場合は、まず名義を相続人である親族や友人の家族に移し、遺産相続させます。その後に名義人となった親族や友人の家族から自分へと、名義変更するという2段階の手続きが必要となるのです。

この場合、親族などで自分へ名義変更するのに異を唱える人が出てきてもめるとやや面倒です。また相続人が遠方に住んでいる場合は必要な証明書をなかなか取りに行けず、郵送もしてもらえないと手続きが進まないこともあることを念頭に置いておきましょう。

ケースバイケースで、必要となる書類も違ってくるので陸運局で現状を伝えて相談し、どんな書類が必要となるのか聞いた方がよいでしょう。手続きも複雑で、必要な書類も多いので自分で行うには骨が折れるし、時間も労力もかかってしまうでしょう。

そのため万一手数料がかかったとしても、手続きに精通している買取業者に任せたほうが効率的ともいえるでしょう。

(まとめ)名義が違う車は買取できるの?

1.買取前に車の名義変更を行えば買取は可能です

車買取の際に、名義が自分以外になっているのがローンを組んだ場合や親族などから車を譲り受けた場合などが当てはまります。必要な書類を揃えて手続きすれば、名義変更ができてそうしたら買取に出せます。

2.車の名義が違うのはローンを組んだ場合や親族などから譲り受けた場合などが当てはまります

車の名義が自分以外のケースでも名義変更を行えば買取は可能です。名義が異なるのは、ローンを組んでいる場合にローン会社名義、友人や親族などから譲り受けた場合は友人親族名義になっている場合などが挙げられます。

また前名義人が亡くなっているケースもあります。

3.名義人は車に対する所有権を有し売買や譲渡などを行う権利がある人のことです

車の名義人というのはそもそも、車の所有権を有し売買などができる権利のある人のことです。車検証の所有者に記載がある人が名義人となります。

ローンを組んでいるならローン会社が、未成年の場合は親がそれぞれ名義人となっている場合もあります。

4.車の名義人がローン会社の場合はローン残債も確認しましょう

ローンを組んで車を購入した場合は、車の名義人がローン会社の場合があります。その際は必要書類を郵送してもらい、名義変更を行います。

また買取時にローンが残っている場合は、買取金額で支払うか不足分は新たにローンを組むか考える必要があります。

5.親族や友人などから譲り受けた車も必要書類を整えて名義変更手続きを行います

親族や友人などから譲り受けた車を買取に出す際は、名義変更が必要となります。必要な書類が整えば買取業者や販売店などが代行してくれます。

また直接陸運局に出向けば自分でも手続きが可能で、そうなると手数料が節約できます。

6.前名義人が亡くなった場合は、相続人への相続後に名義変更を行う必要があります

前名義人が亡くなっていると、まずは相続人に車を相続させる手続きが必要です。その後名義を相続人から自分に変更することになるのでやや面倒です。

必要となる書類も多く、関わる人も増えるのでできれば買取業者などに手続きを依頼したほうがよいでしょう。


※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。