日産 ルークスの新車値引き相場情報

写真

日産 ルークス

値引き情報

情報提供元:月刊自家用車(内外出版社)
※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。

平均値引き(装備付属品込)
  • 20.6万円
  • 値引き率 14.55
  • 車両本体価格:1,415,7002,066,900
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
2021年5月号 20万円
2021年4月号 18万円
2021年3月号 18万円
2021年2月号 16万円
2021年1月号 16万円
2020年12月号 15万円
2020年11月号 15万円
車両本体目標値引き額
(万円)
2021年度

価格交渉方法

写真:松本隆一

へたなコンパクトカーより値引きが大きくなる。N-BOXやタント、スペーシアとの競合にもち込むと“値引きで勝負”に出てくる。ルークス対eKスペースの争いも忘れずに。合格ラインは付属品からの値引きを含めて25万円。30万円の大台を超えたら大成功だ。
(情報提供元:『 月刊自家用車 5月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

車両情報

新車価格 1,415,700円〜2,132,900

日産からリリースされるスーパーハイトワゴンの軽自動車「ルークス」。「技術の日産」が家族のために、広い室内、便利で快適な使い勝手、誰もが楽しい移動空間、そして安全性を考え抜いて、日産自動車と三菱自動車工業の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発を行った。ラインアップは、「S」、「X」、「ハイウェイスター X」、「ハイウェイスター X プロパイロットエディション」、「ハイウェイスター G ターボ プロパイロットエディション」、カスタムカーに「オーテック」を設定。それぞれ水冷直列3気筒エンジンを搭載し、トランスミッションにはエクストロニックCVTを組み合わせる。2WD/4WDを用意。「デイズ」で好評のプラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現。座った際の膝回りのスペースも十分に確保した。更に、後席スライドドアの開口幅は、650mmを確保したことで、楽に乗り降りが可能となった。「オーテック」では、ブランド車共通の表現であるドットパターンのフロントグリルを採用。ドットパターンはジュエリーのような丸みを帯びたデザインとし、プレミアムかつエレガントな印象を表現。インテリアは、ブラウンとアイボリーのコントラストのある2色を配色し、シート地、インストパネルにレザー調素材を採用。安全装備には、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより、 自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す、「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載した。また、「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、「インテリジェント DA(ふらつき警報)」などを搭載。更に、「デイズ」に軽自動車初搭載した、運転支援技術「プロパイロット」をより進化させ搭載した。今回、全グレードの2WDで寒冷地仕様のオプションも選択可能になった他、新たに「ハイウェイスター Gターボ」を追加。 セパレートシート(フロント)などをオプションで選択可能。また、特別仕様車に「ハイウェイスター X アーバンクローム」、「ハイウェイスター X アーバンクローム プロパイロットエディション」、「ハイウェイスター Gターボ アーバンクローム」、「ハイウェイスター Gターボ アーバンクローム プロパイロットエディション」を設定。エクステリアに、専用のダーククロムメッキのフロントグリルや、ブラックカラーのドアミラーを採用。インテリアにはブラックの防水シートを装備している。

もっと見る

他の人はこんな車種も見ています

ダイハツタント

日産デイズ

オフィシャルサイト

ページトップ

各種サービス