【新車購入】読者から寄せられた値引き自慢

新車値引き情報 [2021.07.26 UP]

【新車購入】読者から寄せられた値引き自慢

その1 ハリアーから45.2万円引き!

TOYOTA ハリアー
ハイブリッドGレザーパッケージ
トータル値引き 45.2万円
値引き率 9.4%
From埼玉県

即決したら大損でした……
地道にまわったら激安に!


 妻の軽自動車のオイル交換でトヨタA店を訪問。ずっと気になっていたハリアーが展示してあったので運転席に座ってみる。するとすかさず馴染みの営業マン氏が「ぜひ、お見積もりだけでも!」と熱い攻撃を仕掛けてきて、ついその気になってしまった(笑)。
 翌週、9年落ちレガシィを査定してもらうと「現在なら85万円ですが、ハリアーは納車まで半年かかるので65万円になります」。
 大手買い取り専門店に見せると100万円の値が付くが「即、引き渡し」が条件。さすがに半年もクルマなしでは過ごせない。ちなみに、スバルでレヴォーグを対象に見積もりを出してもらうと、下取り額は120万円だった。
 経営の違うトヨタB店とC店へ。下取り額はどちらも半年後で110万円。店を変えたら、なんと50万円もUP! 地道に足で情報を得ないとダメだと実感する。
 さらに競合に持ち込んだ結果、C店が最終的に車両本体とメーカーオプション16万7000円/付属品33万3960円から45万1940円引き、下取り額128万5000円を提示。契約した。

値引き採点 5
馴染みのセールスマンに熱く売り込みを仕掛けられると、値引き交渉がおざなりになりがちですが、しっかり他店をまわって競合に持ち込んでいます。値引き条件もさることながら、下取り額が破格です。


その2 フィットから16.0万円引き!

HONDA フィット
e:HEVホーム
トータル値引き 16.0万円
値引き率 6.7%
From岐阜県

地元がだめなら隣県へ。
新型17万円引きの快挙!


 年内に買い替えを考えていたが、半導体不足による生産減で「納期が長くなる」とのことなので早めに行動する。
 本命はフィット。近所のホンダ2社と商談したが、値引きは6~8万円。
 そこで、ちょっと足を延ばして隣県に越境。するとホンダA店が14万円引きを提示。少しでも出費を減らすため、納車費用をカット。その上で上乗せを迫った結果、車両本体と付属品26万3850円から16万330円引きに。
 これを近所のホンダに伝えるが「フィットは一部改良したばかりなので、店長決裁でも10万円引きが限界」との回答。A店は諸費用が安く設定されているため、支払い総額の差は8万円となった。
 最後に希望ナンバーとタッチアップペイント(合計1万1770円相当)をサービスしてもらって、契約した。

値引き採点 4
フィットは6月に一部改良を実施し、値引きを引き締めています。県境という“地の利”を活かした越境作戦が功を奏しました。新型から無料サービスも含めて17万円なら文句なしの特上クラスです。


その3 ソリオから18.7万円引き!

SUZUKI ソリオ
G
トータル値引き 18.7万円
値引き率 11.5%
From長野県

スズキのサブ店、恐るべし!
値引き+高取りで20万円超!


 妻のムーヴ(11年落ち・走行14万km)を買い替えることに。ルーミーとトールも検討したが、最終候補に残ったのはソリオ。スズキの正規店は店長さんが応対してくれたが、車両本体3万円引き/付属品9万5000円引きでストップ。ムーヴは査定ゼロ。
 そこで、スズキのサブディーラー2店と商談。トールとの競合を伝えて「ダイハツは車両本体と付属品から18万円引きを出しています」と伝えると強く反応する。
 最終的にサブディーラーの1店が車両本体から7万6920円引き、付属品10万6810円から11万円引き(オプションプレゼント分。注文書には3190円をマイナス計上)。さらにどこの買い取り業者も値段を付けてくれなかったムーヴを3万円で下取ってくれた。まずまずな成果だと思ったので、これにて契約。

値引き採点 3
サブディーラーを上手に攻略しています。下取り額の3万円は「半分以上が実質的な値引き」と考えていいでしょう。合計20万円オーバーなら合格ですが、正規店も交えてもうひと押ししてみたかった。


その4 インプレッサスポーツから38.1万円引き!

SUBARU インプレッサスポーツ
アドバンス
トータル値引き 38.1万円
値引き率 10.3%
From熊本県

さらば~スバルよ~♪
だけど~未練は残る~♪


 ヤリスクロスは納期が6か月かかるとのことだが、下取り車の車検が切れたら代車を準備してくれるとのこと。
 インプレッサは15万円引きでストップ。越境を試みるが、条件は地元と同じ。心の中で名曲・昴のサビ「さらば~スバルよ~♪」が流れた。
 ヤリスクロスはトヨタ同士の競合をあおると、最終的に35万円引き+下取り3万円、支払い総額302万円に。
 しかし、インプレッサに未練が残る。そこで“スバル乗り”の友人に担当セールスさんを紹介してもらった。
 経過を伝えてズバリと「納得のいく条件が出れば契約する」と迫ったところ、車両本体から12万8949円引き、付属品74万3974円から25万2265円引き、下取り3万3660円、支払い総額350万円となったので、気持ち良く契約した。

値引き採点 4
車両本体からは4%程度の値引きですが、付属品からは35%近い割引率が出ています。全国レベルを意識して採点は4としましたが、熊本という地域性を考えるとうルトラCクラスと思っていいでしょう。

その5 RAV4から68.2万円引き!

TOYOTA RAV4
アドベンチャーオフロードパッケージ(4WD)
トータル値引き 68.2万円
値引き率 16.7%
From千葉県

ぶっちゃけ、いくらなら買います?
ぶっちゃけ“ムチャ振り”します(笑)


 狙いはRAV4。付き合いのあるトヨタのセールスさんと商談すると、いきなり60万円引きで、支払い総額は373万円。1年落ちのシエラの下取り額は250万円。
 シエラを購入したサブディーラーに出向くと「ぶっちゃけ、いくらなら買ってくれますか?」と聞かれたので「360万円なら決めます」。
 すると車両本体とメーカーオプション38万9840円/付属品23万9800円から68万1750円引き、支払い総額365万円を提示。
「これが限界ですが、持ち込みドラレコの取付工賃(2万円相当)とボディコーティング(3万円相当)を無料サービスにします。RAV4は納車まで4か月ほどかかりますが、シエラの査定額は250万円のままキープします」
 満足のいく条件だったので即決しました。

値引き採点 5
付き合いのある販売店を上手に競合させて攻略しています。獲得した値引きは超ウルトラC! ここまで出た例は報告されていません。また、シエラの250万円はプレミアム付きともいえる破格の査定額です。


その6 スバルXVから28.7万円引き!

SUBARU スバルXV
2.0e-Lアイサイト(4WD)
トータル値引き 28.7万円
値引き率 9.5%
From愛知県

待つこと数十分……
夫の希望が叶った!


 ヤリスクロスの商談に出向いたところ、なんと「納車まで半年待ち」と聞いて、購入意欲を喪失。ターゲットをスバルXVに絞りました。
 私は1.6Lで十分と思っていましたが、夫は2Lを希望。両方の試乗車を用意してもらい、乗り比べしてみると、夫は「絶対に2Lがいい!」という思いが表情にダダ漏れ(笑)。ただし、支払い総額は1.6Lの282万円に対して2Lは322万円!
 貴誌のアドバイスにしたがってヤリスクロスとの競合を伝えて「予算は300万円以内なんです。なんとか頑張ってください!」と攻めたら、待つこと数十分、支払い総額をきっちり300万円にしてくれたので夫婦ともに納得しました。最終的な条件は車両本体から19万5470円引き、付属品38万369円から9万1124円引き。

値引き採点 4
XVからこれだけ取れれば特上クラスと考えてかまいません。ただし、トヨタとの競合を武器にもうひと押ししてみたかった。値引きの合計が30万円もしくは値引き率が10%を超えたら採点は5でした。


その7 ルークスから27.2万円引き!

NISSAN ルークス
X
トータル値引き 27.2万円
値引き率 16.1%
From群馬県

やっちゃえ、日産
やっちゃった、16%


 スペーシアとタント、N-BOX、そしてルークスの見積もりを取る。標準系上位グレードを対象にしたため軽自動車なのに200万円前後の支払い額となり、正直驚いた。
 トヨタでルーミーの見積もりを取ると、13万円引きで支払い総額180万円。
 しかし、やはり軽のスーパーハイトのほうに魅力を感じたため、再度、商談に出向く。今度はグレードを下げて、付属品も削って支払い総額を低くするようにした。するとスズキは売る気満々で、値引き14万円、支払い総額144万円を提示してきた。
 その見積もりを持って各店を回ると、日産ルークスがキャッチフレーズ通りにやっちゃってくれました(笑)。在庫車ながら車両本体と付属品13万9440円から27万2220円引き。支払い総額159万円となったので契約。

値引き採点 5
ルークスはこのところ大盤振る舞い中で、コンパクトカーより値引きが大きくなるケースも目立ちます。それにしても値引き率が超ウルトラCクラスの目安である15%を超えた例はさほどありません。


その8 N-BOXから29.6万円引き!

HONDA N-BOX
カスタムLターボ(4WD)
トータル値引き 29.6万円
値引き率 11.3%
From北海道

花もケーキもいりません。
プレゼントは値引きでね(笑)


 妻の希望により狙いはN-BOX一本。付き合いのあるセールスさんと交渉すると、一発回答で23万5380円引き。「特別な数字です。他の方には出せません」とのことだが、まだ納得できない。
 2回目の商談で28万円引き、支払い総額253万円に。
X「あれ? 3の数字が入っているけど……」
「これが限界です」
X/妻(営業所の奥に向かって小声で)「店長さ~ん(セールス氏が)いじめるぅ~」
「いやいや、店長に言っても変わらないですよ」(苦笑)
X「クルマは妻への誕生日プレゼントなんです。花もケーキもいりませんから」
「では、戦ってきます」
 その結果、希望通り250万円となる。最終的な条件は車両本体から7万750円引き、付属品47万7820円から22万5000円引き。

値引き採点 5
2週間ほどかけて、馴染みのセールスマンをじっくり攻めています。車両本体の値引きは平凡ですが、付属品の割引(約47%)は破格です。マイナーチェンジ後の新型としては文句なしのウルトラC!


提供元:月刊自家用車

内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車
この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました