クルマ グーネット

バッテリーが切れている車でも売却は可能なのか

車の売却・査定時の豆知識

バッテリーが切れている車でも売却は可能なのか

車のバッテリー切れは、自家用車を所有している方なら1度は経験しているかもしれません。
しかも、しばらく乗っていない売却しようとしている車なら、バッテリーが切れていることも珍しくないのかもしれません。
バッテリーは、長期間エンジンを掛けずに放置していたり、電気をつけっぱなしにしたりすると簡単に切れてしまいます。

では、バッテリーが切れている車は売却することが可能なのでしょうか?
ここでは、バッテリーが切れている車の売却について見てきます。

バッテリーが切れている車は売却できるのか

バッテリーが切れている車は売却できるのかバッテリーが切れている車でも問題なく売却できます。

車の買取店は、バッテリーが切れた不動車を多く取り扱っています。
そのため、買取店は不動車のエンジンを掛けるためのブースターケーブルや救援スターターバッテリーを所有しています。

また、査定する担当者もバッテリー切れの車の取り扱いにも慣れていると考えられるので、バッテリー切れの車の査定や買取には何の問題もありません。

バッテリーが切れた車は、マイナス査定になるの?

バッテリー切れは、査定額に影響しないことがほとんどです。
買取店からすれば、バッテリー切れの車を扱うことは日常茶飯事で、バッテリー切れの車をマイナス査定にしてしまえば、車を売ってくれる顧客が集まらなくなってしまうからです。

ただし、注意しなくてはいけないのは、エンジンを始動してもバッテリーのチャージ電圧が上がらず、エンジンが再始動できなかったり、エンジンが掛かってもすぐにまたバッテリーが切れてしまう場合です。
この場合、バッテリーの寿命以外にも車のエンジンや電気系統に問題がある可能性が高いと判断されることもあるため、査定額に影響することも考えられます。

もしバッテリー以外の部分に問題があるのなら、査定は大幅に下がりますし、原因がわからないことには査定額が提示されないのです。

バッテリー切れの車を査定してもらうポイント

バッテリーが切れた車を査定・買取してもらうには、いくつかポイントがあります。
それは以下の通りです。

1.出張査定になる
バッテリーが切れているということは、動かないのですから、運転して買取店に持ち込み、査定をしてもらうことはできません。
当然、買取店の査定士に自宅などに出張してもらって査定してもらう必要があります。

出張査定は無料という買取店がほとんどですが、出張先が買取店から遠かったりすると出張費が掛かってしまうケースもあるようです。
無料であっても、出張までしてもらったのに売却を断るのは気まずいと感じてしまう方もいるかと思います。
そのような場合は、ブースターケーブルを持っている友人や車に詳しい人に頼んで、エンジンを再始動できれば買取店に持ち込み査定をしてもらうことが可能になります。

2.バッテリーが切れていることを必ず伝えること
通常はエンジンが掛かってしまえば、途中でエンジンを切らない限り、買取店へ着くまでエンジンが止まることはないでしょう。

バッテリー切れの車の査定や売却の際には、必ず買取店に『バッテリーが上がり気味である』と、一言伝えておくとよいでしょう。

3.バッテリーを交換する必要はありません
バッテリー切れの車を売却する場合、バッテリーを新品と交換してから査定に出すのか、それとも、バッテリー切れのままで査定に出すのか、どちらが良いのか迷いますよね。
実際は、バッテリーを購入して新品に替える費用ほど、査定額はプラスになりません。
そのため、バッテリーが切れている車は、新品に交換などせず、そのままの状態で売却する方がおすすめです。

また、バッテリーを新車から付いていたものから別のものへ交換していても、査定額には違いはありません。
特に気にせずそのままの状態で売却するのがおすすめです。

バッテリー切れの車は、買取と下取りどちらがおすすめ?

バッテリー切れかの違いは、特に査定金額には反映されないのが一般的です。
もちろん、バッテリー切れの原因が、バッテリー以外の箇所にあれば別ですが、単なるバッテリー上りによるものであれば、心配ないと言えるでしょう。

買取と下取りによる査定額の違いは、売却する車が人気車であったり、専門店が特に買い取りたい特別な車種でない限り、違いはないと言えます。

次に車を購入するディーラーと買取店と、買取額をあらかじめ調べておくことで、バッテリー切れの車も心配なく気持ちよく売却できるでしょう。

車の売却について気になることがあればお店に相談しましょう!
お店選びはこちらから>>>https://www.goo-net.com/kaitori/shop/result/

バナーボタン

関連記事

車のシート汚れは査定に影響するのか

車のシート汚れは査定に影響するのか

車のシートが汚れていると査定金額に影響するかどうか…

車の買取(査定)で年式の影響について

車の買取(査定)で年式の影響について

車を買い取ってもらう際の査定でまず聞かれるのが車種と…

車の買取における持ち込み査定と出張査定…

車の買取における持ち込み査定と出張査定…

車を買取店に買い取ってもらいたい時は、まず自分の…

動かない車(不動車)でも買取出来るのか

動かない車(不動車)でも買取出来るのか

いくら気に入っている車でも、年月が経てば古くなって…

故障車は買取ってもらえるのか

故障車は買取ってもらえるのか

通常の車を処分するのとは違い、故障車を処分する…

車買取で色(カラー)によって査定は変わるのか

車買取で色(カラー)によって査定は変わるのか

車の車種や年式・エンジンの状態など、査定ポイント…

車の査定金額の有効期間ってどれくらい?

車の査定金額の有効期間ってどれくらい?

車を売却する場合、いくつかの買取店に査定価格を提示…

車査定の天気が雨の日だと査定額が変わったりする?

車査定の天気が雨の日だと査定額が変わったりする?

車を売却したい場合、どんな車でも売却できる…

買取できない車とは?

買取できない車とは?

車を売却したい場合、どんな車でも売却…

多走行・過走行の車は買取・下取りしてくれるのか

多走行・過走行の車は買取・下取りしてくれるのか

「そろそろ車を買い替えたい」「欲しい車がある」など、車…

社用車や商用車など法人名義の車を買取…

社用車や商用車など法人名義の車を買取…

車の登録と言っても、一般的な個人が所有する個人名…

板金塗装暦のある車は査定額に影響ある…

板金塗装暦のある車は査定額に影響ある…

板金塗装をした車を売却する時、査定額に何か影響はあるの…

未成年でも車の売却はできるのか

未成年でも車の売却はできるのか

未成年の権利については「法律上禁じられている」場合…

相続した車の売却(買取)方法について

相続した車の売却(買取)方法について

被相続人が乗っていた車があるものの、相続しても使わな…

車の買取においてクーリングオフは適用されるの

車の買取においてクーリングオフは適用されるの

中古車を買取してもらうため手続きを進めてい…

車の買取査定の時は掃除や清掃をやった方がいい?

車の買取査定の時は掃除や清掃をやった方がいい?

ボディをピッカピカにしてワックスを塗っても…

年末年始に車の査定・買取を行うと高く評価…

年末年始に車の査定・買取を行うと高く評価…

年末年始の企業活動は通常とは異なる場合が多く…

スタッドレスタイヤ装着車の買取可能なのか…

スタッドレスタイヤ装着車の買取可能なのか…

冬になると雪山や凍った道で重宝するスタッドレスタイヤ…

車の売却・査定時の豆知識の記事一覧を見る >>

PROTO データを未来の知恵に