クルマ グーネット

多走行・過走行の車は買取・下取りしてくれるのか

車の売却・査定時の豆知識

多走行・過走行の車は買取・下取りしてくれるのか

「そろそろ車を買い替えたい」「欲しい車がある」など、車を売却する機会は多いものです。
ですが、所有している車が相当使い込んでいる場合は、本当に買い取ってもらえるか不安ですよね。
見た目には問題がなくても、走行距離が長いと、“査定にマイナスなのでは?”と思ってしまいます。

今回は、多走行・過走行の車であっても、買取はしてもらえるのか、また、買取と下取りの違いやおすすめなどを紹介していきます。

多走行・過走行の車とはどんな車なのか

多走行・過走行の車とはどんな車なのか「多走行車」「過走行車」の明確な定義はありません。
しかし、一般に認知されている目安のようなものがあり、車の走行距離は、平均して1年で1万kmが目安であると言われています。
この、年間1万kmを超える走行だと多走行車であると、一般的には言われています。

また年式に関わらず、車両の走行距離が5万kmを超えた車は「多走行車」、10万kmを超えた車は「過走行車」として扱われることが多いようです。

多走行車・過走行車はそれだけ部品は消耗しているわけですから、査定ではマイナスになる場合が多いのは事実です。
しかし、多走行・過走行であっても、車の使い方やメンテナンスの有無などによっても査定は変わるので、コンディションの良し悪しは一概には言えません。

多走行・過走行の車は、買取や下取りは可能なのか

多走行車や過走行車であっても、買取や下取りはしてもらえます。

そもそも、日本車のメーカーが想定している車の寿命というのは、走行距離にすると15万kmをかるく超えています。
たしかに、10万kmの走行距離を超えれば、サスペンションやブレーキローターを始め、タイミングベルトやドライブシャフトなどの部品が消耗してくるので交換が必要になります。
それらの部品を交換することで、その先も問題なく走行できるのです。

また、車をどのように使用していたかによっても、エンジンのコンディションに違いが出ます。
例えば、街中を長時間長距離走行していた車は、エンジンの回転速度も上がらずアクセルとブレーキを繰り返すので、エンジンの状態も良いとは言えません。
対して、同じ走行距離でも、週末に高速道路を中心にロングドライブするような使い方の方が、エンジンの状態は良い場合が多いのです。

かえって、あまりにも動かさない車の方が、エンジンにオイルが行きわたらず内部にサビが発生したり、ゴムが劣化したりしてコンディションが悪い場合もあるのです。
駐車場や保管場所も、塗装やゴムやプラスティックパーツを始め、コンディションに大きく差がでます。

10万kmを超えた過走行車ならば、消耗部品を交換していると、査定でもプラスポイントになります。
また、「マメにエンジンオイルを交換している」「法定点検をきちんとしている」など、メンテナンスをしっかり行っていれば、エンジンの状態も良く査定にプラスになる場合があります。

買取と下取りでは、どちらが有利なのか

買取店は、買い取った車を売却することによって利益を得ています。
そのため、売却益が確実に得られる車種を中心に買取します。
利益の出やすい、需要の見込まれる車種と不人気者では大きく査定額も変わります。
また、再販しにくい需要のない車種や状態の悪い車は査定額に大きな差が生じます。

対して、下取りの場合は状況が異なります。
下取り査定の場合は、売却益は考慮せず、一定の年式と走行距離、状態で査定額が決まるため、ばらつきはあまりありません。
逆に不人気車でも低年式以外は査定額が付きやすいのが特徴です。
車の状態や車種によって、一概には言えないですが、通常は下取り先に査定額を聞いた上で、買取店に査定額を出してもらうのが一般的です。

ぜひ、多走行車や過走行車を売却したい場合は、有利な査定額を引き出せるように、ディーラーだけでなく買取店に相談するようにしましょう。


車の売却について気になることがあればお店に相談しましょう!
お店選びはこちらから>>>https://www.goo-net.com/kaitori/shop/result/

バナーボタン

関連記事

車のシート汚れは査定に影響するのか

車のシート汚れは査定に影響するのか

車のシートが汚れていると査定金額に影響するかどうか…

車の買取(査定)で年式の影響について

車の買取(査定)で年式の影響について

車を買い取ってもらう際の査定でまず聞かれるのが車種と…

車の買取における持ち込み査定と出張査定…

車の買取における持ち込み査定と出張査定…

車を買取店に買い取ってもらいたい時は、まず自分の…

動かない車(不動車)でも買取出来るのか

動かない車(不動車)でも買取出来るのか

いくら気に入っている車でも、年月が経てば古くなって…

故障車は買取ってもらえるのか

故障車は買取ってもらえるのか

通常の車を処分するのとは違い、故障車を処分する…

車買取で色(カラー)によって査定は変わるのか

車買取で色(カラー)によって査定は変わるのか

車の車種や年式・エンジンの状態など、査定ポイント…

車の査定金額の有効期間ってどれくらい?

車の査定金額の有効期間ってどれくらい?

車を売却する場合、いくつかの買取店に査定価格を提示…

車査定の天気が雨の日だと査定額が変わったりする?

車査定の天気が雨の日だと査定額が変わったりする?

車を売却したい場合、どんな車でも売却できる…

買取できない車とは?

買取できない車とは?

車を売却したい場合、どんな車でも売却…

社用車や商用車など法人名義の車を買取…

社用車や商用車など法人名義の車を買取…

車の登録と言っても、一般的な個人が所有する個人名…

板金塗装暦のある車は査定額に影響ある…

板金塗装暦のある車は査定額に影響ある…

板金塗装をした車を売却する時、査定額に何か影響はあるの…

バッテリーが切れている車でも売却は可能なのか

バッテリーが切れている車でも売却は可能なのか

車のバッテリー切れは、自家用車を所有している方なら1度…

未成年でも車の売却はできるのか

未成年でも車の売却はできるのか

未成年の権利については「法律上禁じられている」場合…

相続した車の売却(買取)方法について

相続した車の売却(買取)方法について

被相続人が乗っていた車があるものの、相続しても使わな…

車の買取においてクーリングオフは適用されるの

車の買取においてクーリングオフは適用されるの

中古車を買取してもらうため手続きを進めてい…

車の買取査定の時は掃除や清掃をやった方がいい?

車の買取査定の時は掃除や清掃をやった方がいい?

ボディをピッカピカにしてワックスを塗っても…

年末年始に車の査定・買取を行うと高く評価…

年末年始に車の査定・買取を行うと高く評価…

年末年始の企業活動は通常とは異なる場合が多く…

スタッドレスタイヤ装着車の買取可能なのか…

スタッドレスタイヤ装着車の買取可能なのか…

冬になると雪山や凍った道で重宝するスタッドレスタイヤ…

車の売却・査定時の豆知識の記事一覧を見る >>

PROTO データを未来の知恵に