車乗り換えの際に、ドライブレコーダー移設費用と本体購入費用、取り付け費用を比較しトータルで得になるようにしましょう

車乗り換えの際に、ドライブレコーダー移設費用と本体購入費用、取り付け費用を比較しトータルで得になるようにしましょう
ドライブレコーダー付きの車を乗り換える際に、移設かそのまま売却するかトータルでかかる費用を比較して考えた方が良いでしょう。移設の工賃は本体持ち込み、購入によっても数千円ほど違ってきます。

また、ドライブレコーダーの種類によっても査定額に差異が生じると言われています。2カメラ型やミラー一体型、セパレート型などは車内がスマートに見るので人気があります。

需要が高いと査定額が上がる可能性はあります。一方で、一体型は本体がリーズなブルなので場合によっては工賃が高くつきます。

どちらが得かを概算して決めましょう。そして、ドライブレコーダーを外す際は録画映像を消しましょう。

また、配線が複雑なタイプは無理に自分で移設せずに業者に任せましょう。

移設するかそのままつけて売却するか、得な方を選びましょう

移設することも可能

ドライブレコーダーは、あおり運転が問題視される中、証拠を残すために設置する人が増えています。そのため、ドライブレコーダー付きの車は中古車市場での需要が高まるので、査定額が上がる可能性があります。

ただ、乗り換えた車にもドライブレコーダー設置したい場合は移設するという方法もあります。つけたまま買取に出すと乗り換えた際にまた新しいものを購入、設置しなければなりません。

新しいドライブレコーダーを購入しなくても、取り外して付け替えれば工賃だけで済みます。また簡単なタイプなら自分でも設置できます。

機械が苦手な場合は、車を購入する販売店やカー用品店などに依頼しましょう。

移設費用とドライブレコーダー費用を比較しよう

ドライブレコーダーを付けたまま買取してもらうか、移設するかはかかる費用を比較して検討した方が良いでしょう。移設費用と新品のドライブレコーダー本体、取り付け工賃を比べて、安い方を選択すると損はないでしょう。

ドライブレコーダーの移設費用は、安く見積もっても1万円位はかかります。新品を購入したお店でそのまま取り付けまでを依頼すると、数千円と工賃が安くなる場合もあります。

また、新しく購入する車の販売店でサービスの一つとして、無料もしくはもっと安い工賃で移設してもらえる可能性もあります。そうなると、ネットや中古買取店などで格安のドライブレコーダーをゲットし、取り付けてもらえば安く済む可能性もあります。

車を購入するお店に問い合わせ、交渉してみる価値はあるでしょう。ただし、メーカーによってはドライブレコーダーの移設自体NGとしているところもあります。

せっかく移設で準備してもそれでは無駄になってしまうので、念のため事前に聞いておくと良いでしょう。

ドライブレコーダーは種類が色々あり、買取の査定額にも差が出ます

ドライブレコーダーは種類が色々あり、買取の査定額にも差が出ます
ドライブレコーダーを付けたまま買取に出す場合、種類によって査定額が違ってきます。どの機種が人気で価値が高いかを知っておくと良いでしょう。

2カメラタイプが人気

前方と後方の両方を撮影可能な2カメラ型は需要が高く、人気があります。フロントガラスとリアガラスにカメラを一つずつ設置するタイプです。

搭載された車は中古車市場でも売れ筋にあたるので査定額アップが期待できます。

セパレートタイプは見た目すっきり

カメラとレコーダーが分かれているセパレート型も人気があります。カメラはルームミラーの裏に設置し、レコーダーは助手席のコンソールボックスに入れてしまえば車内もすっきりとします。

まださほど普及していないので、中古車で設置してあれば需要は高く、査定額が上がる可能性があります。

ミラー一体型は査定額アップの可能性も

ルームミラーとレコーダーが一体になっているタイプです。レコーダーはルームミラーに取り付け、カメラは別になっているのでフロントガラスなどの設置します。

セパレートタイプと同様に見た目にもスタイリッシュで人気があり、査定額が上がりやすいと言われています。

一体型は新品でも安い

一番オーソドックスでカメラとレコーダーがつながっているのが一体型です。通常はフロントガラスの上部に設置するので、配線によっては視界を遮ってしまう場合もあります。

一体型は他のタイプより新品であってもリーズナブルなので、査定額アップはさほど望めないとされています。メーカー品でも1万円前後、安いものなら5,000円以下で購入できます。

様々な機能がついている

走行中の映像を録画するのみならず、駐車中の映像を残す機能やGPS機能など、ドライブレコーダーによって搭載されている機能にも違いがあります。他にも、本体から漏れる電磁波がラジオやカーナビの電波を阻害しますが、そのノイズを軽減する機能、夜間や暗所に対応する機能、速度取り締まりレーダー探知する機能など様々です。

需要が高く人気のある機能が搭載されていれば査定額が少しは上乗せとなる可能性があるでしょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる

ドライブレコーダーの移設費用は持ち込みか購入か、カメラの種類によっても異なります

ドライブレコーダー移設費用

ドライブレコーダーの移設費用は、依頼先やドライブレコーダーの種類によって異なります。取り外し工賃は、カメラ一つのもので約4000円、カメラ2つなら約1万4000円程度かかります。

取り付け工賃は、カー用品店でドライブレコーダー持ち込みだと1万円前後です。お店で購入した場合は、本体価格プラス、取り付け工賃が3000円~5000円程度だとされています。

ディーラーに依頼すると1万円以上かかるのが一般的です。

所要時間は1時間以上

ドライブレコーダーの移設は、カメラの数や種類によって差があります。取り外しは、30分~90分程度かかります。

取り付けは30分~2時間ほどかかるので、トータルでは1時間~3時間半ほど時間を要することになります。

3月や9月などの決算期、4月の就職、入学時期などは車を購入する人が増えます。また、ニュースなどであおり運転による事故や事件などが報道されると、急にドライブレコーダーの需要が高まります。

時期によってはお店が混んで更に待たされる可能性があるので、時間や日数に余裕をもって依頼しましょう。

一体型の場合は外さない方が良い場合も

ドライブレコーダーの中でも、カメラとレコーダーが一緒になった一体型は新品でもリーズナブルです。そのため、査定に出す前に取り外し、再度購入した車に設置するとなると購入費用よりも高くなる場合があります。

設置は簡単なので自分で移設できるという人なら問題ないでしょう。しかし、ディーラーやカー用品店に依頼する場合は工賃の方が高くなるので移設はおすすめできません。

査定前や移設時に気を付けたいことがあります

査定前や移設時に気を付けたいことがあります
査定前に映像の消去を忘れずに

ドライブレコーダーを付けたまま買取の査定に出す際、気を付けたいことがあります。まず、レコーダーには車内外の映像が録画されています。

プライベートな映像や会話などがレコーダーに残されているので、そのまま査定に出してしまうと個人情報流出のリスクが高まります。取り扱い説明書を見ながら事前に録画映像を消去しておくと安心です。

ただ、消去し忘れたまま車を引き渡してしまうこともあるかもしれません。買取業者の方で買い取った車をメンテナンスする際に、ドライブレコーダー内の録画内容も消去してくれるはずですが、念のため連絡しておきましょう。

配線が隠れている場合セルフでの移設は難しい

ドライブレコーダーを自分で取り外し、乗り換えた車に付け替えることも可能です。ただし、ドライブレコーダーの種類によってはセルフ移設が難しい場合もあります。

例えば電源をシガーソケットからとる場合、どうしても配線が出てしまいます。その配線がプロの手で上手く隠してあり、見た目にもスマートな設置になっていると、配線を外すと跡が残ってしまう可能性があります。

そうなると車内に傷が残り、査定額が下がってしまうでしょう。更に、シガーソケットではなく、ヒューズボックスや分岐により上手く隠すやり方もあります。

こうなるとなかなか素人では手が出ません。他にも大きなワンボックスカーの場合は、通常の配線では長さが足りないので配線を追加購入し、継ぎ足したケースもあります。

また、上手く外せないと移設できない場合もあるので注意が必要です。配線が隠してある、プロの手によって取り付けられているなら自分で無理に外すのはあきらめた方がいいでしょう。

プロに取り外してもらうか、工賃が高いならそのまま査定に出し、新しいものを購入して乗り換えた車に設置した方が安全です。

(まとめ)ドライブレコーダー付きの車は乗り換えで得になるの?

1.車乗り換えの際に、ドライブレコーダー移設費用と本体購入費用、取り付け費用を比較しトータルで得になるようにしましょう

ドライブレコーダーは種類によっては査定額が上乗せされることがあります。移設費用と新品購入、取り付け工賃を比較して損をしない方を選ぶことが大事です。

工賃も新品購入と持ち込みでは違ってくるので気を付けましょう。

2.移設するかそのままつけて売却するか、得な方を選びましょう

ドライブレコーダー付きで車を買取に出す場合、移設にかかる工賃とドライブレコーダーの購入費と取り付け費用を比較し、外すか買い替えるかを決めましょう。乗り換えた車への取り付けは、車販売店が交渉によっては格安でやってくれるケースもあります。

3.ドライブレコーダーは種類が色々あり、買取の査定額にも差が出ます

ドライブレコーダーは種類によって査定額が違います。人気の2カメラタイプや、カメラとレコーダーが別々のセパレートタイプ、ミラー一体型は高額査定となる可能性があります。

一般的に一体型は査定額はさほど上がりません。

4.ドライブレコーダーの移設費用は持ち込みか購入か、カメラの種類によっても異なります

ドライブレコーダーの移設費用はお店かディーラーかなどによって大きく違います。また基本的に購入すれば多少安いですが、持ち込みになると高くなることが多いです。

一体型の場合はリーズブルなので購入した方が得な場合もあります。

5.査定前や移設時に気を付けたいことがあります

ドライブレコーダーを付けたまま査定に出す場合、事前に録画映像を消去するのは忘れないようにしましょう。個人情報流失のリスクがあります。

また、取り付けを依頼した場合、セルフ移設は難しいのでプロの任せた方が無難です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車の買取額を調べてみる