5台見つかりました

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

ページ
トップ

Aクラス ブラウン系(メルセデス・ベンツ)の中古車を探す

1〜5台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

56.9万円

支払総額 (税込)

69.9万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装5
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2011後
  • 走行距離4.3万km
  • 車検2022年11月
  • 排気量1700cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・走行無制限

ミッションCVT

カラー【オプション色】ステップブラウン

ボディタイプミニバン・ワンボックス

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

278万円

支払総額 (税込)

298.1万円

id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2017後
  • 走行距離2.1万km
  • 車検2022年9月
  • 排気量1600cc
  • 修復歴なし
  • 保証24ヶ月・走行無制限

ミッションコラムAT

カラーオリエントブラウン

ボディタイプハッチバック

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

89.9万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2013年
  • 走行距離7.0万km
  • 車検2022年8月
  • 排気量1600cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・走行無制限

ミッションAT

カラー

ボディタイプハッチバック

法定整備整備無

お気に入り

車両本体価格 (税込)

108万円

支払総額 (税込)

129万円

  • 年式2015年
  • 走行距離4.8万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1600cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・1000km

ミッションAT7速

カラーブラウンM

ボディタイプハッチバック

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

119万円

支払総額 (税込)

--万円

id車両
グー鑑定車
内装5
外装5
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2013年
  • 走行距離2.2万km
  • 車検なし
  • 排気量1600cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・3000km

ミッションコラムAT

カラーモノリスグレー

ボディタイプハッチバック

法定整備整備別 別途110,000円

この条件でよく検索しますか?

メルセデス・ベンツ Aクラス | ブラウン系

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

メルセデス・ベンツ Aクラス

グーネットに掲載されている「メルセデス・ベンツ Aクラス」の掲載状況は?

グーネット中古車ではメルセデス・ベンツ Aクラスの中古車情報を757台掲載しています。
車両価格は12.2万円~555万円、最も掲載の多いボディーカラーはカルサイトホワイトで118台となっています。(2022.05.25)

車種の特徴

1997年に販売が開始された「Aクラス」は、メルセデス・ベンツで初めて導入されたコンパクトクラスのクルマです。この車両のボディタイプは、ハッチバックがメインであり、元々は電気自動車用に設計・開発されたため、蓄電池や燃料電池の搭載が可能な「サンドイッチコンセプト」と呼ばれる2階建てのフロア構造となっています。3代目モデルは、「より若々しくスポーティに」というコンセプトが掲げられてフルモデルチェンジされ、2013年に日本国内での販売が開始されています。2018年1月発売モデルには、「A180 AMG スタイル」「A250 シュポルト 4マチック」といったグレードがラインナップされています。また、このモデルのサスペンション形式に関しては、フロントにマクファーソン・ストラット式、リアにマルチリンク式もしくはスフェリカル パラボリックスプリング アクスルが採用されています。※記載の文章は、2018年10月時点の情報です。

車名の由来は?

メルセデス・ベンツのエントリーモデルとして、1997年に誕生した小型のハッチバックモデル「Aクラス」。1990年代までの「最善か、無か(Das Beste oder nichts.)」の時代からは考えられない低価格によって、若い世代へのアピールした。Bセグメントのモデルであったが、3代目(2012年)からはCセグメントになっている。

モデル概要、その魅力は?

当初はEV(電気自動車)や燃料電池車を見据えて設計、開発されたため「サンドイッチコンセプト」という二階建て構造のフロアを持つ背高なフォルムで登場した。3代目(2012年)では全長を400mm拡大し、反対に全高を160mm低くすることで、エレガントなフォルムに大きく変わっている。また、4代目(2018年)ではさらに全長が伸び居住性が改善されている。

色からAクラスの中古車を探す

クルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

Aクラス口コミ件数の多い販売店を探す

販売店情報を簡単に検索できます

矢印