ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

奈良県 レクサスLSの中古車を探す

1〜6台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

90万円

車両本体価格 (税込)

80万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式2007年
  • 走行距離5.1万km
  • 車検2024年12月
  • 排気量4600cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーブラック

ボディタイプセダン

お気に入り

支払総額 (税込)

90万円

車両本体価格 (税込)

80万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式2010年
  • 走行距離13.7万km
  • 車検2025年6月
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラーホワイトパールクリスタルシャイン

ボディタイプセダン

お気に入り

支払総額 (税込)

85万円

車両本体価格 (税込)

75万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式2007年
  • 走行距離9.4万km
  • 車検2024年7月
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラープレミアムシルバー

ボディタイプセダン

お気に入り

支払総額 (税込)

95万円

車両本体価格 (税込)

85万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2006年
  • 走行距離4.6万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量4600cc
  • 修復歴なし

ミッションAT8速

カラーホワイトパールクリスタルシャイン

ボディタイプセダン

お気に入り

支払総額 (税込)

109万円

車両本体価格 (税込)

99万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式2007年
  • 走行距離13.0万km
  • 車検2024年9月
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラーパールホワイト

ボディタイプセダン

id車両
グー鑑定車
内装4
外装3
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

119.8万円

車両本体価格 (税込)

98万円

諸費用 (税込)

21.8万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・走行無制限)

  • 年式2011年
  • 走行距離11.3万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量5000cc
  • 修復歴なし

ミッションCVT

カラーゴールドM

ボディタイプセダン

購入パックあり
id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

この条件でよく検索しますか?

グーネットからのお知らせ

問い合わせが多いユーザー

男女比

女性
3%
男性
97%

※2022年1月~12月のグーネット中古車見積りデータより算出

年代

  • 40代29.2%
  • 20代23%
  • 50代16.2%
  • 30代15.6%
  • 10代7.5%

居住エリア

  • 関東地方35.2%
  • 関西地方14.1%
  • 東海地方12.7%
  • 九州地方9.3%
  • 北海道地方9%

レクサス LS

グーネットに掲載されている奈良県の「レクサス LS」の掲載状況は?

グーネットでは奈良県の「レクサス LS」の中古車を6台掲載しています。
レクサス LS 奈良県のみの車両価格は75万円~99万円で総合評価は4.5レビュー件数は149になります。(2024.02.24)

車種の特徴

「LS」は、レクサスの最上級車として1989年よりアメリカを中心に販売されていたセダンタイプの自動車で、日本国内では初代~3代目まで「セルシオ」の名で販売されていました。2005年10月に東京モーターショーで出品されたコンセプトモデルが、翌2006年9月から日本国内で販売開始となり、これが4代目に該当します。5代目となる2017年10月発売モデルで実施されたフルモデルチェンジでは、「革新的なデザイン、エモーショナルな走り、先進技術を携えたLEXUSの象徴」をコンセプトに開発がなされ、「GA-L」プラットフォームが新たに採用されました。このモデルでは、セダンの居住性は確保しながら、クーペのようなフォルムを備え、数々の先進技術を導入することにより、走行性能やスタイリングに変革をもたらしています。また、大径タイヤを採用することにより、力強い存在感を生み出すことに成功しています。2018年8月発売モデルのグレードとしては、「LS500」や「LS500 Fスポーツ」、「LS500 h」などが用意されています。この車両のブレーキ形式に関しては、前後ともにベンチレーテッドディスクが採用されており、車両重量については、2150kg~2390kgとなっています。そのほか、このクルマの特別仕様車については、2015年1月発売モデルにラインナップされている「LS460 特別仕様車 FスポーツXライン」「LS600h 特別仕様車 FスポーツXライン」などがあります。※記載の文章は、2018年10月時点の情報です。

車名の由来は?

日本の「高級車」が世界に通用するか、という大いなる挑戦となったレクサス(LEXUS)。そしてアメリカ市場をメインターゲットにしたブランドのフラッグシップが「LS」だ。その車名は、英語の「Luxury Sedan」の頭文字をとった略とされている。

モデル概要、その魅力は?

アメリカ市場のマーケティングを数年間に渡って行い、徹底した意識改革と品質基準を大幅にレベルアップしたトヨタ。そして生まれた新たな「高級車」が1989年デビューの「LS400(日本名セルシオ)」だった。圧倒的な静粛性をはじめとするクオリティの高さが絶賛され、ドイツのプレミアムブランドにも大きな危機感を与えた。4代目(2006年)からは、日本国内でも「LS」としてリリースされる。

長所と短所

  • スピンドルグリルをはじめとするアグレッシブなルックス
  • 日本の伝統的な美意識を意識したデザインのインテリア
  • 3.5LV6ツインターボ仕様のパワフルな加速性能
  • 優れた省燃費性能を両立するマルチステージハイブリッド車
  • 全長が従来モデルのロングボディより長くなったこと
  • 進化したドイツのラージセダンに比べて古さを感じる点
reviewed by グーネット編集部

LS(奈良県)の販売店レビュー

LS(奈良県)の販売店レビューをもっと見る

矢印