(株)カーコンサルエコー

レビュー
作業実績
334件
  • エンジン関連修理・整備
  • トヨタ ハイエースバン

2019年06月21日 20:26燃料(フューエル)フィルター交換 予防整備 トヨタ ハイエースバン 200系

継続車検整備でご入庫頂いた200系のハイエースです。
走行は10万㌔を超えた所でエンジンの調子は至って快調。
不具合の予防に、燃料(フューエル)フィルターを取替です。
以前、
別のお客様のハイエース(燃料噴射は同じコモンレール)で、アイドリング
が不安定になり、エンジンの振れが大きくなった不具合があります。
その際は、燃料フィルターの交換とアイドリング学習値の初期化で改善し、
予想するには、フィルター目詰まりが起因し、ECUが変に学習してしまった
可能性が大きかったといえます。
ただ、全てが同様な原因では無く、アイドリングでのブレ感は、燃料インジェクター
不具合の場合も多いのは事実です。
今回の内容は、不純物での摩耗予防と考え、フィルターは取替するに越した事は無い
として実施になります。
取替作業は、
助手席・下側のバッテリーの前に燃料フィルターが設置されてるので、助手席側の
サービスカバーを上げます。(助手席ごと上にカバッとします)

最初に、燃料給油用のタンクキャップを外しておきます。
燃料タンク内の圧力(揮発分など)をプシュっとしておかないと、
燃料ホースを外した際に燃料がタンク内圧で出てきます。
(ガソリンタンクの夏場などは特に注意が必要です)
フィルターケースに繋がる4本のホースと、内部に水が溜まった事を
感知するセンサーのコネクタなどを取り外し。
ケースは車体にネジ止めでは無く、溝にカチっと嵌まるタイプなので、
グイグイと上に引き上げます。
以前は金属のカートリッジタイプで、取付部分(プライミングポンプ部分)も
金属でしたが、現在の主流であるプラスチック製なので、ソフトにグイグイで。

場所を作業台に移して、
ケースの締め付け具合を確認するマーキングをします。
本体にもあらかじめマークはありますが念の為に。
万力に挟んでいますが、かなりソフトにキュっ位。
ケース・ネジ用のサービスガイド?を利用して、マイナスドライバーで
クイクイして緩めます。

ケースが上下に分解できました。
フィルターは、上側にOリングで嵌まっている感じです。
非常に酷い状態ではありませんが、しっかりと濾紙の役割を担って
いたと感じます。

フィルターケースの内部を掃除して新品濾紙を取付けます。
Oリングに薄くグリスを塗ると噛み込み防止になります。
締付は、サービスガイド?でクイっとしますが、プラスチックなので
ソフトにしっかりを心がけて。

後は、
車両に組戻し、上部のプライミングポンプを何度か押してエア抜き。
燃料の漏れ点検で完了です。
何度も言ってますが、プラスチックケースなので入念に点検です。

対象車両情報

メーカー・ブランドトヨタ車種ハイエースバン
(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.88
作業実績
334
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー