マツダ CX−30の新車値引き相場情報

写真

マツダ CX−30

値引き情報

情報提供元:月刊自家用車(内外出版社)
※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。

平均値引き(装備付属品込)
  • 15.9万円
  • 値引き率 6.65
  • 車両本体価格:2,392,5003,305,500
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
2020年2月号 15万円
2020年1月号 10万円
2019年12月号 8万円
2019年11月号 8万円
2019年10月号 -万円
2019年9月号 -万円
2019年8月号 -万円
車両本体目標値引き額
(万円)
2020年度

価格交渉方法

写真:松本隆一

発売直後は「値引きは5万円。これ以上は会社が許可してくれない」などと強気な売り方をしてきたが緩む傾向がみえてきた。C-HRとRAV4に強く反応する。経営の違うマツダがある地域は同士討ちを。車両本体と付属品の値引き合計が20万円前後になったら特上クラス。
(情報提供元:『 月刊自家用車 2月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

車両情報

新車価格 2,392,500円〜3,713,600

「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」をコンセプトに開発したクロスオーバーSUV「CX‐30(シーエックス サーティー)」。ラインアップは、ガソリンエンジン「SKYACTIV‐G 2.0」搭載の「20S」、「20S プロアクティブ」、「20S プロアクティブ ツーリングセレクション」、「20S Lパッケージ」、ディーゼルエンジン「SKYACTIV‐D 1.8」搭載の「XD プロアクティブ」、「XD プロアクティブ ツーリングセレクション」、「XD Lパッケージ」を設定。「SKYACTIV‐G 2.0」搭載車は、6速ATと6速MT、「SKYACTIV‐D 1.8」搭載車には6速ATを用意。安全装備には、わき見や居眠りを検知し警告する「ドライバー・モニタリング」(全車メーカーオプション設定)、追従走行機能とステアリングアシスト機能により安心・安全な運転をサポートする「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」(「20S Lパッケージ」、「20S プロアクティブ ツーリングセレクション」、「XD Lパッケージ」、「XD プロアクティブ ツーリングセレクション」に標準設定)など、最新の安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載。今回、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV‐X 2.0」を搭載した「X プロアクティブ」、「X プロアクティブ ツーリングセレクション」、「X Lパッケージ」(2WD/4WD)の追加を行った。それぞれ、6速ATと6速MTを用意。ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合し、人馬一体の気持ちよい走りと優れた環境性能を両立。また、マイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(エム ハイブリッド)」の採用により、滑らかで気持ちの良い走りと、効率的な燃料消費をサポートしている。

もっと見る

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

ページトップ