フランスの水素自動車メーカー「Hopium(ホピウム)」プロトタイプ公開、初の予約注文開始の記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 新型車情報 > 車のニュース > フランスの水素自動車メーカー「Hopium(ホピウム)」プロトタイプ公開、初の予約注文開始

車のニュース [2021.06.18 UP]

フランスの水素自動車メーカー「Hopium(ホピウム)」プロトタイプ公開、初の予約注文開始

Hopium Alpha0

Hopium Alpha0

 6月17日、フランスのセダンタイプ水素自動車メーカー「Hopium(ホピウム)」が、パリで開催されたViva Technology週間で初の実動プロトタイプを発表した。

 2020年10月に発表され、リナ=モンレリのテストワークショップで記録的なタイムで生産されたこのAlpha 0(アルファ0)は、燃料電池システムの信頼性を保証するものだ。設計・建造段階の後、さまざまな部品を実装したプロトタイプは、ベンチテストおよび軌道試験を通じて評価され完成した。時速200km (124mph)の速度で、この試験バージョンは既に最終段階での Hopium Machinaで裏付けされた性能に近づいている。

 またAlpha 0は、特徴的な照明、水素の成層を思わせるHopiumのエンブレム、水面の波の動きを初めて導入した。

 この技術公開は、メーカーのロードマップの中で重要なステップであり、設定された目標を達成し、高い課題に対応する能力を確定させるもの。それに伴い、 Hopium Machinaの初回1000台の注文も開始された。予約価格は、水素のスペクトル線を参照して410ユーロとなっている。

 Hopium チームは、既に次のステップに向かっており、産業規模での Hopium Machinaの生産を目標として、2022年第一四半期には新たな発表が期待されている。

Hopium(ホピウム)について

 ル・マン24時間レースの最年少優勝者であるOlivier Lombardが設立したHopiumは、レースサーキットでの経験による業績となる、高級水素自動車のメーカー。

 生まれながらにして自動車文化を持つOlivier Lombardは、7年間水素自動車のレーシングカーを運転してきた、この分野で世界で最も経験豊かなレーサーだ。
 野外研究所であるこのレースによって、Olivier Lombardとチームは、今日の環境面での課題に対応できる新たなモビリティソリューションについて検討することができた。交通業界が温室効果ガスの20%の原因とされる一方で、同社は気候変動におけるプレイヤーとしての地位を固めつつある。

 Hopium は、水素燃料電池、テクノロジー、自動車工学の分野でのイノベーションの最前線に、専門家チームや一流パートナーを1つに団結させている。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る