今乗り換える?もう少し待ってみる?シミュレーションして賢く乗り換えよう!

マツダ アンフィニRX−7(EFINI_RX7)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

マツダ アンフィニRX−7 1997(平成9)年1月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

ロータリーエンジンを搭載したスポーツカー、マツダ「アンフィニRX-7」。255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを装着。サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン形式とし、バネ下重量を低減するアルミ製を採用する。グレードは、「ツーリングX」、「タイプRZ」、「タイプRS」、「タイプRB」、「タイプRBバサースト」。今回、全車に運転席SRSエアバッグ付きmomo製本革ステアリングホイールを標準装備とし、同時にタイプRBバサーストベースの「タイプRBバサーストX」を限定発売(700台)した。ベース車両に前後スポイラー、フォグランプ、リアワイパー、専用ステッカーを装着、内装は赤革シートとなる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプRBバサーストX E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.3km/l 3,370,000

マツダ アンフィニRX−7 1996(平成8)年1月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

「アンフィニRX-7」は、ロータリーエンジン搭載の本格スポーツカー。マツダのアンフィニ(EFINI)ブランドとして、今回3度目のマイナーチェンジを実施。マニュアルトランスミッション車は、最高出力を10馬力高めることなどにより、走行性能を一段と向上させた。255馬力/265馬力を発生する13B型654cc×2ローターエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを搭載。エアインテークパイプの内径を大きくして吸気抵抗を低減した他、シーケンシャルツインターボシステムの過給圧を上げている。「タイプR-S」は「タイプRS」へ機種名を変更。エンジン出力向上や、最終減速比の変更、大型ディスクブレーキの採用などを行なっている。ベーシックな「タイプRB」と、充実した装備「タイプRBバサースト」を設定。運転席SRSエアバッグシステムを全車に装着可能とするなど、安全性能を高めた。エクステリアでは、丸型3連デザインのリアコンビネーションランプ、2本ステイタイプの大型リアスポイラーを、タイプRBを除く全車に標準装備。全車のインパネの照明色を、アンバー(オレンジ色)からグリーンに変更した。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプRB E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 8.1km/l 3,200,000
タイプRBバサースト E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 8.1km/l 3,400,000
タイプRS E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.2km/l 3,665,000
ツーリングX E-FD3S 1308cc 3 4AT FR 4名 7.7km/l 3,815,000
タイプRZ E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 2名 7.5km/l 3,975,000

マツダ アンフィニRX−7 1995(平成7)年7月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

「アンフィニRX-7」は、ロータリーエンジンの特徴を最大限に活かしながら開発した本格スポーツカーである。255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用。サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン形式とし、バネ下重量を低減するアルミ製。グレードは、「ツーリングX」、「タイプRZ」、「タイプR-S」、「タイプRバサースト」。ツーリングXは4速ATを組み合わせる。限定台数777台とする限定車「タイプRバサーストX」は、タイプRバサーストをベースとし、特別装備として、本革シートやガンメタリック色アルミホイール、グレーペンガラスなどを装備する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプRバサーストX E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.3km/l 3,350,000

マツダ アンフィニRX−7 1995(平成7)年3月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

「アンフィニRX-7」は、ロータリーエンジンの特徴を最大限に活かしながら開発した本格スポーツカーである。255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用。サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン形式とし、バネ下重量を低減するアルミ製。グレードは、「ツーリングX」、「タイプRZ」、「タイプR-S」、「タイプRバサースト」。ツーリングXは4速ATを組み合わせる。タイプRZは、2シーターのスパルタンな走りのグレード。タイプR-Sは、17インチサイズの超偏平タイヤ+アルミホイール、新デザインリアスポイラー、MOMO製本革ステアリングホイールを採用する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプRバサースト E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.3km/l 3,285,000
ツーリングX E-FD3S 1308cc 3 4AT FR 4名 7.0km/l 3,285,000
タイプR−S E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.3km/l 3,890,000
タイプRZ E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 2名 7.0km/l 3,960,000

マツダ アンフィニRX−7 1994(平成6)年8月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

ロータリーエンジンを搭載した本格スポーツカー「アンフィニRX-7」。255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用。サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン形式とし、バネ下重量を低減するアルミ化。今回マイナーチェンジにより、操縦性・直進安定性の両立のため、サスペンションをさらに改良。リア・クロスメンバーにトレーリングメンバーを追加し、また前後のストラットタワーバーをリジッド化するなど、ボディ剛性の向上とダンパーサイズの大型化などにより、走り強化と乗り心地を両立した。グレードは、「ツーリングX」、「ツーリングS」、「タイプR」、2シーター「タイプRII」。ツーリング系は4速ATを組み合わせる。今回、オーストラリアで開催された「バサースト12時間レース」で、RX-7が3年連続優勝したことを記念して、タイプRIIベースの「タイプRII バサースト」を350台限定発売。Bピラーに優勝記念ロゴステッカー、ブルーペンガラスの採用等変更をしている。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプRIIバサースト E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 2名 7.3km/l 2,998,000

マツダ アンフィニRX−7 1993(平成5)年8月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

「アンフィニRX-7」は、ロータリーエンジンの特徴を最大限に活かしながら開発した本格スポーツカーである。255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用。サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン形式とし、バネ下重量を低減するアルミ化。今回マイナーチェンジにより、操縦性・直進安定性の両立のため、サスペンションをさらに改良。リア・クロスメンバーにトレーリングメンバーを追加し、また前後のストラットタワーバーをリジッド化するなど、ボディ剛性の向上とダンパーサイズの大型化などにより、走り強化と乗り心地を両立した。またフォグランプを白色化し、光度アップを図った。グレードは、「ツーリングX」、「ツーリングS」、「タイプR」、2シーター「タイプRII」。ツーリング系は4速ATを組み合わせる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプRII E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 2名 7.3km/l 3,380,000
ツーリングS E-FD3S 1308cc 3 4AT FR 4名 7.0km/l 3,740,000
タイプR E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.3km/l 3,910,000
ツーリングX E-FD3S 1308cc 3 4AT FR 4名 7.0km/l 4,230,000

マツダ アンフィニRX−7 1992(平成4)年10月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

3代目RX-7となる「アンフィニRX-7」は、ロータリーエンジンの特徴を最大限に活かしながら開発した本格スポーツカーである。255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用する。グレードは、「タイプX」、「タイプR」、「タイプS」。最もスポーティなタイプRは5速マニュアルのみ、その他は4速ATも選べる。 今回、先代のFC型「アンフィニ」に相当するスペシャルバージョン「タイプRZ」を限定発売(300台)。タイプRベースで、大容量ダンパーの装着等サスペンション強化、最終減速比4.100から4.300へ変更、エンジンマウント、デフマウントなどの強化、ピレリP-ZEROタイヤ装着、内装ではレカロ製カーボンフルバケットシート、リアシート廃止などによって約30kgの軽量化等の変更が行われている。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプRZ E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 2名 ----km/l 4,050,000

マツダ アンフィニRX−7 1991(平成3)年12月 発売モデル

マツダ アンフィニRX−7

3代目のモデルとなる「アンフィニRX-7」は、ロータリーエンジンの特徴を最大限に活かしながら開発した本格スポーツカーである。2代目サバンナRX-7から一新し、全幅1760mmのワイド&ローボディ、255馬力を発生する13B型2ローター・ロータリーエンジン+シーケンシャルツインターボシステムを採用。サスペンションは、前後ダブルウィッシュボーン形式とし、同時に全てのアーム及びリンク類をアルミ化してバネ下重量を大幅に低減した。伝統のフロントミッドシップを基本とする前後重量配分50:50、アルミボンネットをはじめ徹底した軽量化でパワーウェイトレシオを最大で4.90kg/psを達成する。グレードは、「タイプX」、「タイプR」、「タイプS」。最もスポーティなタイプRは5速マニュアルのみ、その他は4速ATも選べる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
タイプS E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.7km/l 3,600,000
タイプS E-FD3S 1308cc 3 4AT FR 4名 7.0km/l 3,700,000
タイプR E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.3km/l 3,850,000
タイプX E-FD3S 1308cc 3 5MT FR 4名 7.3km/l 4,340,000
タイプX E-FD3S 1308cc 3 4AT FR 4名 7.0km/l 4,440,000

マツダ アンフィニRX−7の車種カタログ情報ならグーネット中古車

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜