7台見つかりました

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

ページ
トップ

奈良県 トヨタマークXの中古車を探す

1〜7台

掲載時期 新着順 古い順 本体価格 安い順 高い順 支払総額 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

車両本体価格 (税込)

259.8万円

支払総額 (税込)

270.8万円

id車両
グー鑑定車
内装5
外装5
機関/正常
車両状態評価書
  • 年式2018年
  • 走行距離3.4万km
  • 車検2023年1月
  • 排気量2500cc
  • 修復歴なし
  • 保証3ヶ月・3000km

ミッションMTモード付きAT

カラーパール

ボディタイプセダン

法定整備整備込

グー保証付けられます

お気に入り

車両本体価格 (税込)

23.7万円

支払総額 (税込)

--万円

  • 年式2007年
  • 走行距離7.7万km
  • 車検2023年1月
  • 排気量2500cc
  • 修復歴なし
  • 保証保証無

ミッションAT6速

カラーブラック

ボディタイプセダン

法定整備整備無

お気に入り

車両本体価格 (税込)

74.8万円

支払総額 (税込)

89万円

  • 年式2011年
  • 走行距離4.0万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量2500cc
  • 修復歴なし
  • 保証12ヶ月・走行無制限

ミッションAT6速

カラーアイスチタニウムマイカメタリック

ボディタイプセダン

法定整備整備込

購入パックあり

お気に入り

車両本体価格 (税込)

355万円

支払総額 (税込)

365万円

  • 年式2018年
  • 走行距離1.8万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量3500cc
  • 修復歴なし
  • 保証1ヶ月・10000km

ミッションAT6速

カラーパールホワイト

ボディタイプセダン

法定整備整備込

この条件でよく検索しますか?

トヨタ マークX | 奈良県

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

トヨタ マークX

グーネットに掲載されている「トヨタ マークX」の掲載状況は?

グーネット中古車ではトヨタ マークXの中古車情報を1,498台掲載しています。
車両価格は9.8万円~679万円、最も掲載の多いボディーカラーはブラックで403台となっています。
トヨタ マークX 奈良県のみの車両価格は23.7万円~355万円になります。(2022.06.29)

車種の特徴

「マークX」は、2004年11月にリリースされたトヨタの高級セダンであり、1968年に登場した同社のベストセラーカー「マークII」の後継となる自動車です。FRセダンの本質を追求し直し、車名から性能にいたるまで一新されました。車名の「X」は未知数を表しており、まだ知られていない可能性に挑戦するという思いが込められています。なお、2007年には「マークXジオ」が登場していますが「マークX」とはプラットフォームやエンジンが異なっており、派生車種です。2017年9月発売モデルのグレードについては、「250S GRスポーツ」と「350RDS GRスポーツ」が用意されています。サスペンション形式には、フロントにダブルウィッシュボーン式コイルスプリング、リアにマルチリンク式コイルスプリングが採用されています。なお、車両重量は1530~1550kgであり、「トゥルーブルーマイカメタリック」をはじめ6色のボディカラーが用意されています。また、エクステリアに関しては、GRロゴ入りのホワイト塗装ブレーキキャリパーや専用のエンブレムが採用されています。そのほか、このクルマの特別仕様車については、2013年6月発売モデルにラインナップされている「250G Sパッケージ G’s カーボンルーフ バージョン」や、2014年9月発売モデルにラインナップされている「250G イエローレーベル」などがあります。また、2015年3月発売モデルには、「大人のスポーツFRセダン」をコンセプトに開発された特別限定車の「GRMN」がラインナップされています。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

「マークX(MARK X)」は、「目標」、「成功」、「名声」を意味する英語の「Mark」と、「次世代」や「未知なる可能性」の意味の「X(エックス)」による造語。トヨタでは「新しい時代の目標となるクルマに相応しいネーミング」と説明している。

モデル概要、その魅力は?

「マークII」の後継車として2004年に登場した「マークX」は、それまでの落ち着いたセダンから一転、力強く大胆なスタイリングで大幅なイメージチェンジが図られた。また「ゼロ・クラウン(12代目クラウン)」のプラットフォームを採用し、「マークII」よりも車高を低くして「走り」のクオリティの高さも前面に打ち出している。

マークX(奈良県)の販売店レビュー

マークX(奈良県)の販売店レビューをもっと見る

矢印