全国TOP知らないと損する!?車検や修理の豆知識車のパーツ取付の豆知識あれこれタイヤとホイールの間からエア漏れが発生する原因と対策について

タイヤとホイールの間からエア漏れが発生する原因と対策について

車のパーツ取付の豆知識あれこれ 愛車のカスタマイズをする方必見! 失敗しない為のポイントをグーピットがお届けします。

タイヤがパンクをしているわけでもないのに、空気圧チェックをすると短期間でエアが減っているといったことはありませんか。それはバルブ周りやタイヤとホイールの密着性に問題が生じている可能性があります。ここではエア漏れの詳しい原因と対策方法について説明していきます。

タイヤとホイールの間からエア漏れする原因

タイヤとホイールの間からエア漏れする原因
エア漏れを起こす原因としては、以下の2つが考えられます。

1.バルブコアの劣化

タイヤの空気を入れる箇所(バルブ)には、通称ムシとも呼ばれる「バルブコア」が入っています。このバルブコア内のバネが錆びるなどの原因で伸びきらない場合や、バルブコアの周りに巻きつけてあるゴムが劣化して隙間ができるなどの影響で、エアが漏れることがあります。

2.タイヤとホイールの密着性の低下

バルブ周りに問題がないのにエア漏れが起こっている場合は、タイヤとホイールがしっかり密着されていない可能性があります。

タイヤは、タイヤとホイールを密着させて気密性を保っているのですが、そこに少しでも隙間ができてしまうと、当然エア漏れが起こります。気密性が保たれなくなる原因としては、交換時のリム部の清掃が不十分だったため、タイヤとホイールの接触部分に汚れが残り、凸凹が発生してしまったことによるものや、縁石などにホイールをぶつけて変形してしまい、隙間ができてしまうことなどが挙げられます。

エア漏れのチェック方法

エア漏れをチェックする方法としては、ホイールの付いたタイヤを水に浸け、泡が出るか確認する方法が挙げられますが、大きな水槽を用意しなければならないなど現実的ではありません。一番簡単なのは石けん水(または洗剤)をホイールとの境目に塗布し、気泡が出るかどうか様子をみるという方法です。しかし、走行時にタイヤやホイールが変形して空気が漏れることもあるので、その場合はこの方法ではわかりません。自分でチェックできない方や、チェックしてもエア漏れが起こる場合は、整備店など専門家に相談することをおすすめします。

エア漏れの対処方法

バルブコアが原因の場合は、まずは虫回しと呼ばれる専用ドライバーで締め直してみて、それでも直らない場合はバルブコアを交換します。バルブコアはねじ込んであるだけなので、工具を使って緩めて、そのまま新しい物に交換すれば終了です。その際空気が抜けますので、空気を入れる準備をしておきましょう。エア漏れの原因には、バルブコアの不具合やホイールの変形など、いくつかの要因がありますが、車のメンテナンスに不慣れな方は、原因の特定や、その対処が難しい方も多いと思います。タイヤは車の走行には欠かせないパーツです。タイヤのエア漏れは最悪の場合、パンクやバーストへと繋がる危険性もあります。エア漏れが疑われる時には、放置することなく、整備店などに相談をするようにしましょう。

整備工場レビューNEW

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

パーツ持込み取付の作業実績NEW

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識

車のパーツ持込み取付の
豆知識あれこれ

パーツ持込み取付に必要な基本的な知識や流れなど、パーツ持込み取付に関する事をご説明します。

全国TOP知らないと損する!?車検や修理の豆知識車のパーツ取付の豆知識あれこれタイヤとホイールの間からエア漏れが発生する原因と対策について

電話で整備工場を案内してもらう

  • 電話であなたにピッタリの取付店をご案内する
    グーピットならではのオペレータサービスです。
    コンシェルジュが、ご質問やご相談からご案内まで
    親切・丁寧に応対いたします。まずはお気軽にお電話下さい。
  • 0120-140-900 ※通話無料平日 10:00〜18:00
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.