ホイール・タイヤ交換[2018.08.29 UP]

ディーラーに車のパンク修理を依頼した際の料金と時間の目安とは

車のタイヤがパンクした場合、パンクの状態によっては修理ではなくタイヤを交換することになります。単純なトレッド面の穴であれば個人での修理も可能ですが、複雑な傷などの場合はカーショップやタイヤ専門店などへ依頼する方が良いでしょう。パンクは注意していても突然訪れるので、いざその時になると、どこへ修理を依頼するのがよいか迷うかもしれません。そういう時は、タイヤ専門店や自動車整備工などに依頼する方も多いと思いますが、いつも車を持ち込むディーラーに依頼する方も多いかと思います。当然のことながら、ディーラーは車の販売だけでなく、車の点検整備も行ってくれます。今回は、ディーラーにパンク修理を依頼する場合の料金や時間について紹介します。

タイヤがパンクした時の対応

タイヤがパンクした時の対応

まず、タイヤがパンクした(異物が刺さっていることに気付いた)時の対応ですが、車に付属している応急処理キットを使用します。まず空気を補充し、タイヤの内部や骨格への損傷を防ぎます。それから慎重に運転して、ディーラーまで車を持ち込みます。また、空気の漏れがひどい場合は、レッカー移動が必要となるでしょう。まずはディーラーに連絡を取り状況を説明するなどして、相談をしましょう。深夜などで連絡ができない場合は、ロードサービスを活用してレッカー移動してもらい、後日ディーラーに連絡をして相談するようにしましょう。

パンク修理にかかる料金は

パンク修理にも、応急処置的な修理から、タイヤの内側から修理を施す内面修理など、いくつかの種類が存在します。その為、どの修理を依頼するのかによっても料金が異なってきますし、また、タイヤのサイズなどによっても料金が異なってきます。応急処置的なパンク修理であれば、おおよそ2,000円前後が相場のようです。また、本格的な内面修理となると、例えば16インチまでのタイヤ修理(脱着・バランス込)であれば、おおよそ5,000円ほどが相場のようです。尚、上記の料金はあくまで目安となりますので、実際に持ち込む場合はお店に確認してからの方が良いでしょう。

パンク修理にかかる時間は

パンク修理にかかる時間は、応急処置的な場合でタイヤ1本30分程度を見込んでおくとよいでしょう。ただし、タイヤの状態によっては、より時間がかかる場合も考えられます。ディーラーでの修理なら、ゆったりとした待合室があるため、お茶など飲みながら待つことができます。タイヤは車にとって非常に大事なパーツです。少しの狂いで大きな事故につながりかねません。自分の力でなんとかしようとしたり、とにかく安く修理を済ませようとせず、安全第一に信頼できるところへ修理を依頼するようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.