閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

新型車比較・ライバル車対決
掲載日:2022.11.26 / 更新日:2022.12.07

新型スバル クロストレック/国産ライバルSUVと先取り比較!

クロストレックの登場で注目のカテゴリーを総まとめ!

新型クロストレック

1.6ℓ車はドロップしたが、2WD車が設定されたことで、XVと同じくコスパ優等生になる可能性が高いクロストレック。コンパクトSUV選びでも注目を集めるのは間違いない。ここではクロストレックのライバルになりうる6台をピックアップ。クロストレックとの関係を先取り検証してみよう。

●文:川島茂夫/月刊自家用車編集部

どのライバルとも互角以上
クロストレックの強さを実感

 まず専用サスと走破機能で悪路対応力を高めたことで、雪路やダート路に抜群に強いという一面を切り取れば、ライバル車としてアウトランダーのショートバリエーションとも言えるエクリプスクロスが挙げられる。
 クロストレックほどではないが、SUVとしては全高は低めで、全長も4.5m強とコンパクトとミドルの中間的なサイズ設定。アウトランダー譲りの悪路性能も注目点。スペック面ではクロストレックの好ライバルになりそうなモデルだ。
 キャビン&荷室のゆとりや使い勝手を重視するならば、広々としたスペースを稼げるカローラクロスとヴェゼルは明らかに上の存在。コンパクトSUVとしては比較的大きめのボディサイズだが、狭い場所での取り回しも良好。SUVに幅広い用途で便利に使えるワゴン的な役割を求めるユーザーにとっては、乗用車パッケージのクロストレックよりも魅力的に映るだろう。
 CX-30は、スペース効率はほどほどで走りやスタイリングを重視するユーザーがターゲット。もともとはキャビン実用性を向上させたCX-3の上位モデルとして開発されているが、スタイルを優先させたマツダの設計思想もあって、キャビン容量も開放感もライバル勢に及ばない。ただマツダらしいオンロードでの走りの良さは長距離ツアラーとして優れており、ツーリング走行を重視する向きにとっては、クロストレックのいいライバルになるだろう。
 少し意外にも思えるだろうが、性能や装備、さらに価格面でかなり近い存在になりそうなのがキックスだ。上級装備が標準装着されることもあって価格には少し割高感もあるが、ノート系から移植されたe-POWERのAWDは低中速ではクラスを超えた力強さがあり、内燃機車では得られない小気味よいドライブフィールが楽しめる。後輪駆動容量も奢っているので、ある程度の悪路走破性も期待できる。
 コンパクトSUVとしては最小クラスになるがヤリスクロスもライバルになりうる。プラットフォーム基準の車格はクロストレックよりも下になるが、ガソリン車もハイブリッド車も設計が新しいダイナミックフォースエンジンを採用していることもあって、走りは互角以上。燃費に関しては圧倒的にヤリスクロスが上だ。シャシー性能も優れており、高速ツーリングは得意中の得意。悪路適性やキャビン&荷室のゆとりはクロストレックが格段に上だが、動力性能と燃費のバランスに秀でた走りは侮れない。
 いずれのライバルもクロストレックとガチンコのライバル関係にはならないが、クロストレックが上手にライバルたちの美点をしっかりとカバーしていることが分かる。全方位に隙がないクロストレックがコンパクトSUV選びの中心に来るのは当たり前だろう。

ライバル【1】TOYOTA ヤリスクロス

●価格:189万6000〜293万6000円

タウンユース主体ならライバル候補筆頭になりうる
 ヤリスをベースに開発したSUV。ヤリス譲りの良質な走りに加えて、一回り大きな車体とボクシーなキャビンデザインによりキャビン実用性を大幅アップしていることが強み。悪路対応力は低めだが、日常用途での使いやすさや経済性も長所になっている。

ライバル【2】TOYOTA カローラ クロス

●価格:199万9000〜319万9000円

“カローラ”らしいコスパに優れる実用SUV
 キャビン&荷室の使い勝手に優れた実用性の高さが魅力。ガソリン車は少し物足りないが、ハイブリッド車はクラストップ級の走りの実力。コンパクトSUVとしては大柄サイズだが、取り回しに優れることもあって狭い路面も苦にしない。こなれた価格設定も含めて“カローラ”らしさを実感できる1台だ。

ライバル【3】HONDA ヴェゼル

●価格:227万9200〜329万8900円

便利に使える万能SUV。レジャーワゴンとしても優秀
 悪路対応力はクラス平均を多少上回る程度だが、スペース効率に優れたパッケージにより、居住性や積載の多様性に優れる。レジャーワゴン的な使い方にも対応可能だ。ハイブリッド車は上級モデル譲りのe:HEVを採用するなど、動力性能も燃費もトップ級だ。

ライバル【4】NISSAN キックス

●価格:279万8400〜328万1300円

パワートレーンのアップデートでクラストップ級の走りを獲得
 キャビンユーティリティはヤリスクロスと同等レベル。今夏の改良時にノートのe-POWER・AWDを移植した4WD車を追加したことで、このクラスのSUVの中ではトップレベルの動力性能を手に入れている。電動ならではの力強い走りに興味があるなら有力候補になり得る。

ライバル【5】MAZDA CX-30

●価格:245万8500〜391万5980円

実用性はやや見劣りするが、走りの実力はトップレベル
 マツダ3をベースにCX-3の上級モデルとして開発。ボディサイズの割りにキャビン&荷室に余裕がないが、ディーゼルターボなどの上級パワートレーンや入念に煮詰めたシャシー、走りの質を高める機能装備により、オンロードの走りの良さを実現している。

ライバル【6】MITSUBISHI エクリプス クロス

●価格:254万2100〜465万800円

クロストレックにタイプが近い、オン/オフを問わない実力モデル
 アウトランダーのショートキャビン仕様とも言えるモデルで、オン&ラフロードで良質な走りが楽しめる万能タイプのSUV。キャビンサイズはクロストレックにかなり近い。標準仕様の1.5ℓターボ車のほか、電動4駆を採用しているPHEVも設定されている。

新型クロストレック最新購入情報

先行商談&予約、スタート!

納車は3月ころからが目安
何はともあれ、ディーラーへ急ぐべし
 最近の新型車は発売前に先行予約を含めたティザー(予告)キャンペーンを実施するケースが目立っている。クロストレックも正式な発売を前に11月11日から事前商談&受注を開始。値引きの基本は5万円程度という販売店が多い。車両本体値引きを抑える傾向が強いが、その分ディーラオプション(付属品)からの割引率をあげてカバーしてくるだろう。
 合格ラインは付属品の値引きを含めて15万円。納車は来年3月から。早めに先行予約をすればゴールデンウィーク前に入手できる可能性が高い。正式発売後の契約となると納車は夏になってしまいそうだ。なお、旧型となるXVは在庫車を販売中だが、残りは少なく、グレードやボディカラーが限定されてしまう。

車両本体目標値引き額:10万円
内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ