閉じる

グーネット中古車アプリ

PROTO CORPORATION

抽選でアマギフ1万円分当たる

新型車比較・ライバル車対決
掲載日:2022.10.09 / 更新日:2022.10.09

新型スバル クロストレック特集!ライバルSUV・ホンダ ヴェゼルと先取り比較

コンパクトSUV先取り対決

クロストレックの正式発売はまだ先になるが、コンパクトSUVを狙うユーザーにとっては見逃せないモデルになるのは間違いない。そうなると気になるのはライバルモデルとの関係。ここでは有力ライバルと目される3つのモデルとの違いとそれぞれの強みを比べてみよう。

ライバルはこの3モデル
TOYOTA カローラクロス
HONDA ヴェゼル
SUBARU フォレスター

●文:川島茂夫 ●写真:奥隅圭之/スバル

SUBARU 新型クロストレック

HONDA ヴェゼル

●価格:227万9200〜329万8900

悪路適性はほどほどだが
ハイブリッド車の性能は格上
 現行型からハイブリッドシステムをe:HEVに変更。先代モデルが採用していたパラレル式のi-DCDでは電動力をあまり感じられなかったが、高速走行時を除いてシリーズ式で稼働するe:HEVは、ドライバビリティのキレも加速性能も1クラス上の出来。エンジン排気量は2ℓエンジンがベースのクロストレックの方が上になるが、他のe-BOXER搭載車の性能を考えれば、動力性能と燃費のバランスの良さを重視する場合はヴェゼルに大きなアドバンテージがある。
 全長はクロストレックより150㎜短いが、フィット譲りの高スペース効率設計ともあってキャビンは一回り大きく、多彩な積載性を生み出す後席アレンジのよさと相まって、キャビン実用性はコンパクトSUVのトップレベル。内装や居心地の車格感ではクロストレックに及ばないが道具としての利便性は優秀だ。
 最低地上高はクロストレックには及ばないものの、コンパクトSUVとしてはトップレベル。リヤサスは4WD車もトーションビーム式を採用し悪路対応制御を採用しているが、4WDの後輪駆動容量はそれほど高くなく、ハードな悪路走行向けとは言い難い。生活四駆プラスαくらいに考えるのが無難。
 クロストレックほどの悪路適性を求めないユーザーならば、幅広い分野に秀でているヴェゼルの方に魅力を感じるケースも多いだろう。

広く取られたウインドウエリアや身体に近い部分に感触の良い柔らかな素材を用いるなど、馴染み良い親しみを感じるキャビン空間も大きな武器。
ハイブリッド車には上位モデル譲りのe:HEVを採用。電動主体の走りの余力感はクラス上のSUVとも戦えるほど。燃費も含めて高性能を実感することができる。
内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ