アウトドア・キャンプ・車中泊[2014.03.14 UP]

リアシートの格納の種類と特徴

アウトドア車の魅力のひとつとして充分な荷室のスペースが挙げられる。スポーツやキャンプなどで重宝される。それは、リアシートを格納する事でより広大なスペースを確保できる。

リアシート格納の方法は「前倒し格納」「左右跳ね上げシート」「床下格納」「チップアップ&スライド格納」などの方法があり、それらはクルマの構造上の都合やコンセプトにより、格納方法が異なる。どの格納の種類と特徴が自分にフィットしたものかを見比べながら、この機会にご検討していただきたい。

この記事の目次

前倒し格納
左右跳ね上げシート
床下収納
チップアップスライド格納

関連情報

ドライブ

前倒し格納

前倒し格納

リアシート格納のタイプで一番多いのがこの前倒し格納だ。レガシィツーリングワゴン、アウトバック、エクストレイルなどに採用されており、簡単な格納方法で効率的にスペースが設けられる。フルフラットにならないタイプのものもあるが、ダブルフォールディング式であればフルフラットになり、荷室が寝室にだってなりうる。

スバル レガシィツーリングワゴン
スバル レガシィツーリングワゴン

中古車を探す

スバル アウトバック
スバル アウトバック

中古車を探す

日産 エクストレイル
日産 エクストレイル

中古車を探す

左右跳ね上げシート

左右跳ね上げシート

このタイプはノアヴォクシーセレナなど大型タイプのファミリーカーに多く採用されている。これらの車種の中でも2列シートのモデルも存在するが、それらは前倒し格納。左右跳ね上げシートは3列シートのモデルで採用されており、比較的に簡単に格納できる。3列シートの弱点とも言える荷室の狭さはこれにより充分解消できるはずだ。

トヨタ ノア
トヨタ ノア

中古車を探す

トヨタ ヴォクシー
トヨタ ヴォクシー

中古車を探す

日産 セレナ
日産 セレナ

中古車を探す

床下収納

床下収納

左右跳ね上げシートを採用している車種同様に、床下格納を採用しているクルマもワゴンタイプのファミリーカーが多い。エスティマステップワゴンなどがそれにあたる。しばらく前までは格納の際の手間が不評だったが、現在では新車だけでなく中古車市場でも電動式床下格納が装備されたクルマが目立つ。

トヨタ エスティマ
トヨタ エスティマ

中古車を探す

ホンダ ステップワゴン
ホンダ ステップワゴン

中古車を探す

チップアップスライド格納

チップアップスライド格納

チップアップ&スライド式格納というのは簡単に説明するならば、横から見たときシートがVの字に曲げる事ができて、更に前方にスライドさせることでより広い荷室のスペースを設ける方法だ。乗車する人数によって、3列目シートだけか2列目・3列目をチップアップ&スライドさせるのか選択できるのが特徴だ。エリシオンやビアンテなどに採用されている。

ホンダ エリシオン
ホンダ エリシオン

中古車を探す

マツダ ビアンテ
マツダ ビアンテ

中古車を探す

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント