新型カローラクロス 米国で初公開! カローラブランド初のクロスオーバーSUVの記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 新型車情報 > 車種別・最新情報 > 新型カローラクロス 米国で初公開! カローラブランド初のクロスオーバーSUV

車種別・最新情報 [2021.06.03 UP]

新型カローラクロス 米国で初公開! カローラブランド初のクロスオーバーSUV

トヨタ 新型カローラクロス

トヨタ 新型カローラクロス

 トヨタは現地時間の6月2日、新型クロスオーバーSUVの「カローラクロス」を米国で初公開した。
 米国で導入されるカローラクロスは、トランスミッションにCVT、高強度のTNGA-Cプラットフォームを採用。
 169馬力の2.0Lダイナミックフォースエンジンを搭載し、前輪駆動(FWD)と四輪駆動(AWD)の2種類が用意される。


【関連記事】 スクープ! トヨタの新型SUVカローラクロス 国内工場でも生産開始。 間もなく正式発表!?

トヨタ カローラツーリングの中古車一覧はこちら

トヨタ カローラツーリングの新車見積もりはこちら

充実した装備とパワフルな走り

 カローラクロスについてトヨタマーケティングのLisa Materazzo副社長は「カローラの品質、耐久性、信頼性は多くのユーザーに愛され、カローラを歴史上最も売れた名車にしました。新型カローラクロスでは、その基盤をさらに強化し、ユーザーの進化するライフスタイルに合わせて、より多機能で楽しいクルマを提供します」とコメントした。

 カローラクロスはL、LE、XLEの3つのグレードで構成。
 AWD仕様車に搭載されるダイナミック・トルク・コントロール・システムは、走行状況によって最大50%のパワーを後輪に配分、力強く安定した走りと優れた燃費性能を実現した。
 サスペンションは、四輪駆動車には完全独立型、前輪駆動車には新開発のトーションビーム式リアサスペンションを採用しており、全グレードで最大1500ポンドの牽引が可能としている。

 エクステリアは、特徴的なブラックグリルにLED照明を配し、ブラックのボディアクセントを加え、エントリーSUVとしての堂々としたたたずまいを表現。
 リヤには一体型のリヤスポイラーとLEDコンビランプを備え、ホイールは17インチスチール(L)から18インチアロイ(XLE)までが用意された。

 内装ではパワームーンルーフやソフテックス調のシート、シートヒーター、10ウェイパワーアジャスタブル運転席(ランバーサポート付)を用意。
 後部座席には、60:40分割可倒式リアシートを全グレードに標準装備し、後席の利便性を高めた。

 コネクティビティ機能については、Apple CarPlayやAndroid Autoに標準対応の装備を搭載。
 グレード別でワイヤレス充電や後席用USB充電ポートなども装備する。

 安全装備では、先進のアクティブセーフティシステム「Toyota Safety Sense」と「STAR Safety System」を全車に標準装備とした。

ギャラリー

トヨタ カローラツーリングの中古車一覧はこちら

トヨタ カローラツーリングの新車見積もりはこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る