クルマ グーネット

アウトランダーPHEV買取相場・アウトランダーPHEV査定価格

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

三菱 アウトランダーPHEVの査定相場を調べる

三菱 アウトランダーPHEV

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

三菱 アウトランダーPHEV 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥848,000~¥2,998,000

平均使用年数3年

平均走行距離46350km

平均レビュー満足度

※2019年11月更新

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

アウトランダーPHEVの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

三菱 アウトランダーPHEVの査定価格の変動について

2017年5月は下落傾向でした。1年落ち以内の高年式車や人気の高い黒色の流通が減少し、相場を大きく引き下げました。流通量が少なく、不安定な相場が続くものと思われます。

2017年4月は上昇傾向でした。1年落ち以内の高年式車の流通が増加し、相場を大きく引き上げましたが、流通量が少なく、不安定な相場が続くものと思われます。

2017年2月は横ばい傾向でした。車両ごとに状態の差が大きく、落札価格も二極化が見られます。その中で特に車両状態の良い高価格帯の車両で強い引き合いが見られます。

2016年12月は上昇傾向でした。11月と比較して流通量が大きく減少し、相場とAA成約率が上昇しました。特に1年落ち以内の車両を中心に特に引き合いが強くなっています。

2016年11月は下落傾向でした。高年式車両の流通が減少したことにより相場が下落しましたが、1年落ち以内の車両は変わらず高い相場で取引されています。

2016年9月は横ばい傾向でした。一時的に下落した価格に反発する形で、6月以降は上昇傾向にありましたが、その傾向も落ち着き、価格が安定したと思われます。

2016年6月は上昇傾向でした。安定した引き合いがあるモデルのため、価格と成約率共に6月は上昇しています。要因としては、夏季繁忙期の仕入れ需要のためと思われます。

2016年4月は上昇傾向でした。今月も上昇していますが、小売&AAでの成約率が低いため、今後は下落に転じると思われます。今後もこの下落は暫く続くと考えられます。

2015年12月は下落傾向でした。現行型MC前のモデルが大量に市場に出品されており、需要と供給のバランスが崩れ、大きな下落となっています。今後もこの推移は続くと思われます。

人気車種から派生した三菱アウトランダーPHEV

■人気シリーズのハイブリッドモデル

三菱自動車では、ミドルサイズのSUV車として2005年からアウトランダーを販売しています。
かつて三菱で販売していたエアトレックの後継車種です。
しかしエアトレックと比較すると、一回り大きい車体となっています。
もともとはエアトレックの国外名称でしたが、初代モデルが完成したのに合わせて、名称をアウトランダーに統一しました。

アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッド仕様のEVシステムを搭載したモデルのことを指します。
2012年12月に発表され、2013年1月に販売開始されました。
トヨタのプリウスPHVに次いで日本では2代目の量産型プラグインハイブリッド車になります。


■電気で走ってくれる範囲が比較的広い

ハイブリッドモデルということもあり、電気モーターとガソリンエンジンの両方を組み合わせています。
その中でも電気モーターで走行できる範囲が広いです。
バッテリーをフル充電しておけば、50km程度は余裕で走れるというレビューもネット上では紹介されています。
また、消費電力のコストは100円程度なので非常に経済的です。
この電気モーターの使用は、高い燃費性能と共にコストパフォーマンスを誇ります。

SUV車と聞くと、車体の取り回しに苦労する人もいるでしょう。
しかしアウトランダーPHEVの車体は、同クラスの車種と比べて、それほどサイズが大きくありません。
街中で運転する場合でも、苦労することが少ない実用的な大きさです。
また、定期的なマイナーチェンジを続けていることもこの車の特徴です。
毎回改良されるこの車種は三菱の意欲作といっても過言ではありません。

アウトランダーPHEVのようなミドルサイズのSUVを販売しているメーカーは多くあります。
しかし、多くの場合高級クラスになってしまうので、新車で購入すると1000万円程度かかってしまうことが多いです。
一方アウトランダーPHEVの場合、国産車ということもあって海外メーカーの半分程度の価格で購入できることも強みといえます。

災害時のために需要の高い三菱アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーPHEVはSUV車としては、世界でも初めてのプラグインハイブリッド車として発売当初に注目を集めました。
この車には一般家庭の10日分の電力を一度に蓄積できるだけの容量を有しています。
このため、災害が発生した場合、非常用の電源としても活用可能です。
日本は台風や集中豪雨、震災といった自然災害が起こる可能性があります。
車としての利用だけでなく、いざという時の電源として、三菱アウトランダーPHEVを購入したいと考える人もいるようです。

三菱アウトランダーPHEVは、使い勝手のいい自動車といえます。
なぜなら燃費が良いからです。
JC08モードでは、EV走行と併用することで1リッター当たり60km台を記録。
ガソリン代を少しでも節約したいと思っている家庭の間でも人気です。
経済的で収納力が高いので、ファミリーカーとしても活用されています。

高年式の車であれば、250万円を超える買取価格がつく可能性が十分にあります。
もし三菱アウトランダーPHEVを売却したいと考えているのであれば、あらかじめ洗車をしておくと安心です。
洗車だけでなく、車内の掃除や消臭対策をすると査定士の印象も良くなります。
マイナス査定の要素をなくすことで、希望の買取価格に近付く可能性が出てきます。

三菱 アウトランダーPHEVのグレード別買取相場ランキング

グレード 買取相場 カタログ・スペック情報
新車価格 年式 排気量 型式
1位 Gプラスパッケージ 299.8万円~299.8万円 447.9万円~
458.2万円
平成30(2018)年8月~
2400cc
  • 5LA-GG3W
2位 Sエディション 274.6万円~288.0万円 478.9万円~
529.4万円
平成29(2017)年2月~
2000cc~
2400cc
  • 5LA-GG3W
  • DLA-GG2W
3位 108.4万円~277.8万円 356.9万円~
430.9万円
平成25(2013)年1月~
2000cc~
2400cc
  • 5LA-GG3W
  • DLA-GG2W
4位 Gプレミアムパッケージ 124.2万円~269.5万円 429.7万円~
499.1万円
平成25(2013)年1月~
2000cc~
2400cc
  • 5LA-GG3W
  • DLA-GG2W
5位 Gリミテッドエディション 224.7万円~259.4万円 382.6万円~
393.9万円
平成30(2018)年8月~
2000cc~
2400cc
  • 5LA-GG3W
  • DLA-GG2W
6位 Gナビパッケージ 116.4万円~257.8万円 397.8万円~
432.4万円
平成25(2013)年1月~
平成30(2018)年
2000cc
  • DLA-GG2W
7位 Gセーフティパッケージ 115.1万円~252.8万円 366.4万円~
397.3万円
平成25(2013)年1月~
平成30(2018)年
2000cc
  • DLA-GG2W
8位 143.1万円~199.9万円 359.6万円~
365.9万円
平成27(2015)年7月~
平成30(2018)年
2000cc
  • DLA-GG2W
9位 スポーツスタイルエディション 128.5万円~169.5万円 412.3万円 平成26(2014)年10月~
平成27(2015)年
2000cc
  • DLA-GG2W
10位 84.8万円~124.1万円 332.4万円~
349.4万円
平成25(2013)年1月~
平成27(2015)年
2000cc
  • DLA-GG2W
ボタン

三菱 アウトランダーPHEV
(令和元(2019)年10月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ SUV・クロスカントリー・ライトクロカン
ドア数 5ドア
乗員定員 5名
型式 5LA-GG3W
全長×全幅×全高 4695x1800x1710mm
ホイールベース 2670mm
トレッド前/後 1540/1540mm
室内長×室内幅×室内高 1900x1495x1235mm
車両重量 1860kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

三菱 アウトランダーPHEV の他グレード詳細を見てみる

英数
サ行

レビュー評価が
高いお店

車買取・車査定は【グーネット買取】

PROTO 情報を未来の知恵に