自動車保険には、基本補償を軸として補償内容を充実させたり、保険料をお得にできたりする特約があります。

この記事では、自動車保険の特約について、メリットなども含めて詳しく解説していきます。

車を運転するには自動車保険の加入が必要!

車を運転するには自動車保険の加入が必要!
自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法により全ての自動車に対して加入が義務付けられています。そのため、自賠責保険に加入していないと法律により処罰の対象となるので注意してください。

自賠責保険の補償内容は、被害者救済が目的であるため、被害者が死傷した場合の「対人」のみが補償されます。また、補償額には上限があり、それ以上の損害賠償請求の不足分は自費で賄う必要があります。

任意保険は、自賠責保険で上限額を越えた補償や対物補償、そして自分や搭乗者への補償など、事故全般の補償ができる保険です。

任意保険の補償内容やオプションは、自由に選択することできます。安心して車を運転するためにも必ず加入しましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の買取価格は売値の何割が基本なの?

任意保険の基本補償と特約の違いとは?

任意保険の基本補償と特約の違いとは?
任意保険の特約は、基本補償に付けるオプションのようなものです。そのため、特約だけを契約することはできません。

ベースとなる基本補償は、被害者に対しての対人対物補償(公共破損物も含む)と自分の怪我などを補償する人身傷害や搭乗者の補償となります。損害賠償額は、事故による死傷や後遺症などにより高額になるケースもあるので、基本補償の設定は慎重に検討することが必要です。

また、任意保険の特約は対人対物補償に付帯するものです。様々な種類があるので内容を十分に確認し、自分に必要なものを選択しましょう。

任意保険の基本補償とは?
任意保険の基本補償は、相手への補償である「賠償責任保険」と自分への補償である「傷害保険」があります。

任意保険の基本補償はしっかりとした内容にすることが大切

任意保険の基本補償はしっかりとした内容にすることが大切
任意保険の保険料は、基本補償の内容を下げれば安くすることができますが、いざ保険を使う時に補償額が足りないと、自費負担になる可能性もあります。

そのため、基本補償である対人補償と対物補償の設定額は、「無制限」にするのが一般的です。無制限にすると保険料が数千円ほど高くなるかもしれませんが、それであっても選択しておくと安心です。

人身傷害保険は、自分が死傷や怪我をした時に入院や通院にかかる費用を補償してもらえる保険です。補償額の設定は、自分の年齢や収入・家族構成を目安にして決めることをおすすめします。

また、事故により加害者や被害者となった場合に、これから生活をしていく上で「どのくらいの費用が必要なのか?」「動けなくなった時には、最低限何が必要なのか?」といったことを一度、自分自身で見つめなおしたり、家族も含めてシュミレーションしておくことが大切です。

基本補償で最も重要な「賠償責任保険」は被害者を補償するもの

任意保険の基本補償である賠償責任保険には、「対人補償」と「対物損害補償」があります。

対人補償は、自賠責保険の補償上限額を越えた分の補償を行います。自賠責保険の補償額は、被害者1人あたりの上限金額が以下のように決められています。

  • 死亡した場合は3,000万円
  • 重度の後遺症傷害の場合は4,000万円
  • 怪我をした場合は120万円

過去の判例では、死亡事故の場合に億単位の賠償請求をされたこともあるため、自賠責保険の上限金額以上は自費で支払わなければなりません。そのようなことにならないためにも、対人補償は「無制限」に設定しておけば、被害者への補償について心配は無くなります。

対物損害補償は、被害者側の物や公共物、お店などに被害を及ぼして営業が行えない場合の休業補償などを補うものです。事故による損害状況は様々なので、対物損害補償に関しても「無制限」の設定をおすすめします。

基本補償の「傷害保険」は自分を含めた同乗者を補償するもの

任意保険の基本補償である傷害保険には、「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」などがあります。

人身傷害保険は、過失が自分にある事故でも、自分と搭乗者が死傷した場合に補償を受けられる保険です。

事故により入院や怪我・後遺症による通院が長引く場合には、不自由な生活を強いられるばかりでなく、医療費もかさみ生活が圧迫される可能性があります。このような時に、必要となった医療費が全て支払われるのが人身傷害保険の補償です。

搭乗者傷害保険は、事故が発生した際に契約時に設定した額が支払われます。人身傷害保険での補償額へ上乗せ分として考えておくと良いでしょう。

無保険車傷害保険は、事故の相手が任意保険に加入していない場合や補償額の設定が低く損害賠償請求に対して全額支払いを受けられない場合に、自分の加入している保険から補償を受けられます。

基本補償ではないが「車両保険」は自分の車を補償するもの

任意保険の基本補償からは外れますが、車両保険は事故や当て逃げなどで自分の車が損傷した際に使える保険です。

しかし、車両保険を使用すると等級がダウンし保険料が上がりますので注意してください。等級がダウンすると、次の更新時から保険料の割引率が低くなり保険料が上がります。

そのため、自費で車を修理したほうが良いのか、保険を使ったほうが良いのか、車が完全に直るまでの費用を比較する必要があります。

また、車両保険は修理費用に対して全額補償されない可能性があることも覚えておきましょう。

自分の車の価値が低く(年式・走行距離などによる)、修理費用に対して全額補償されない場合があり、その差額は自費で賄わなくてはなりません。修理費用の比較は保険会社に行ってもらえますので、保険を使うのか使わないのかの最終判断は自分ですることになります。

また、車両保険をつけると保険料も上がりますので、現在乗られている車に保険が必要であるか否かの判断も必要です。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら

任意保険は事故リスクが高い人ほど保険料が上がる?

任意保険は事故リスクが高い人ほど保険料が上がる?
任意保険は保険料を支払うことで損害賠償に対する不安は無くなりますが、使わなければ全て掛け捨ての保険となります。

任意保険の保険料は一律ではなく、事故を起こす可能性が高い人と低い人では保険料に違いがあります。その区分けとして採用されているのが「ノンフリート等級」という制度です。

等級は、1~20等級で区分けされ、数字が大きいほど事故を起こさずに安全運転に徹している人となります。

等級が高い人ほど保険料の割引率が高くされ保険料が優遇されます。しかし、事故を頻繁に起こす人に対しては1事故につき3等級下がるペナルティが課されます。そして、下がった等級の割引率や割増率によって保険料が高くなる仕組みです。

事故率の高い車を選ぶと保険料は上がる

任意保険は補償内容を充実させると保険料が上がっていきます。保険を使用しなければ次の保険更新時には等級が1等級上がり保険料の割引率も大きくなるため、お得になっていきます。

しかし、前年と同条件で保険の更新を行っても、保険料が上がる可能性があります。それは、自分の乗っている車の型式ごとの事故実績によって保険料が異なるからです。

任意保険の対人・対物・傷害・車両保険の4つの補償に対して、型式ごとに保険会社が保険金を支払った額により、保険料が変わってきます。これを「型式別料率クラス」と呼びます。

自家用乗用車(小型・普通)の場合は、1~17までの数字で割り当てられ、自家用軽四輪乗用車は1~3までの数字で割り当てられます。数字が大きいほど保険金支払いの実績が多く、数字が小さいほど保険金の支払い実績は少ないということになります。

ちなみに盗難が多い車や修理費用が高額となる高級車、スポーツカーは車両保険の料率クラスが高くなる傾向があります。

特約をつけるとどうなるの?また費用はどうなるの?
任意保険の基本補償に特約をつければ、補償内容を厚くしたり保険料を割り引いたりすることができますが、特約ごとに費用が発生するため保険料は上がります。そのため、特約は自分に合った項目を選択することが必要です。

任意保険の特約を上手く活用しよう

任意保険の特約を上手く活用しよう
任意保険の特約は、基本補償を手厚くし保険料をお得にするオプションです。

基本補償の対物補償が「無制限」の設定であっても、時価額しか補償されない可能性があります。そういった場合、特約をつけることで時価額からの不足分を補えます。

また、使用する運転者の範囲や年齢を限定することによって事故を起こす可能性が抑えられるので、保険料が割り引かれます。

このように任意保険の特約を上手く活用し、保険料を抑えながらも補償内容を手厚く契約するようにしましょう。

合わせて読みたい!おすすめ記事
車の買取価格は売値の何割が基本なの?

任意保険には運転者の範囲を限定する事で保険料を抑えられる特約がある

任意保険には運転者の範囲を限定する事で保険料を抑えられる特約がある
任意保険の運転者の範囲を限定すれば、事故を起こすリスクが下がるとみなされ保険料が割り引かれます。逆に運転者を制限しない場合には事故が起きるリスクが上がるとみなされるので、保険料は高く設定されます。

運転者の範囲を限定する特約には、「運転者本人限定特約」「運転者家族限定特約」「運転者夫婦限定特約」があります。

それぞれ運転者の範囲が異なりますので、上手く活用して保険料をお得にしましょう。しかし、範囲を限定することによって保険を使える人が限定される点には注意しましょう。

運転者本人限定特約

運転者の範囲で割引率が1番大きい特約が、運転者本人のみに限定することです。

本人限定にすると、保険料の7~8%程の割引率を受けられます。

家族構成は様々ですが、お子様が進学などで家から離れて一人暮らしする場合やお仕事により単身赴任に行かれる場合など、生活環境が変わる時には保険内容を見直し、本人限定へ変更しておきましょう。

運転者家族限定特約

運転者の範囲で割引率が1番小さい特約が、運転者を家族限定にすることです。

本人限定に比べて人数が複数になることや家族の中で年齢が1番若い人に合わせて契約するため、保険料としては高くなります。

家族で使用する車は家族全員が補償条件を満たさないと保険が使用できませんので、契約時の条件に漏れが無いか必ず確認しておきましょう。

運転者夫婦限定特約

運転者の範囲を夫婦に限定すると、6%ほど保険料が割り引かれます。戸籍上の夫婦でない事実婚状態のご夫婦であっても、保険会社が必要とする書類が用意できれば夫婦限定特約が適用されます。

夫婦のどちらが記名被保険者(主に車を使用する人)として契約しますが、使用頻度の多い人を被保険者としてください。

お互いの保険料を比べて安い人を契約者としたが、実際は保険料の高い人が頻繁に利用しているなら、保険会社への虚位の告知となります。そうなると保険が使えない可能性がありますので、契約時には偽りなく告知することが大切です。

運転者の年齢条件

任意保険は加入時の年齢によっても保険料が大きく変わります。

運転免許証を取得したのが未成年の場合には、最も保険料が高くなります。運転経験が少ないことや運転技術や判断の未熟さにより事故を起こす可能性が高いからです。

そのため、任意保険で年齢条件を設定すると割引きを受けられます。「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「年齢問わず」の4つがあります。

条件を満たす年齢になった時には、保険会社へ連絡して手続きを行えば、翌月より保険料の割引が適用されます。年払いで保険料を支払っている場合には保険料の差額分は返金されますが、月払いでは返金されないので注意しましょう。

運転者の範囲を限定する時の注意点

運転者の範囲を限定する時の注意点
任意保険は、運転者の範囲を限定してしまうと限定した人以外は保険を使用できないため、注意しなくてはなりません。

運転者の範囲の人が運転している分には問題はありませんが、運転者の範囲から外れている人が事故を起こした場合には、補償を受けられず自費での負担を強いられます。

契約時の基本補償や特約について、加入時には覚えていても時が経つと忘れてしまいがちです。いつも乗らない人が車を運転することになった場合には、保険内容を見直して補償内容及び条件を確認しておくことが大切です。

運転者の限定と年齢条件の特約を見直すタイミングはいつですか?
運転者の限定や年齢条件を見直すタイミングは、自分をとりまく環境が変わった場合がおすすめです。具体的には、一人暮らしを始めた時や家族が増えた時などになります。年齢条件としては、年齢が特約条件を満たした場合に変更を行いましょう。

他に役立つ特約はある?

他に役立つ特約はある?
任意保険には条件を満たせば割引を受けられる特約の他に、事故の際に役立つ特約や日常の事故や怪我を補償する特約があります。

事故が起これば、加害者となっても被害者となってもお互い喜ばしいことではありません。事故の状況により、過失割合がお互いの保険会社で話し合われ賠償額などが決まってきます。

その際、お互いに解決できない場合や異議申し立てを行うための相談する相手として、弁護士の力を借りる場面も出てくるかもしれません。そのような時に弁護士への費用を支払ってくれる特約もあります。

また、日常生活で起こりうる事故にも対応できるといった様々な出来事に対して役立つ特約もあります。

弁護士費用特約

事故により被害者や加害者となった場合には、保険会社と連絡を取りあって処理を進めていきます。しかし、死傷による様々な損害に対して請求を行ったり、受けたりした場合など、弁護士に依頼をして法に基づき解決していくこともあるでしょう。

しかし、弁護士への相談事や賠償請求などの処理を行ってもらうにも費用が発生します。そこで、任意保険の弁護士費用特約をつけておけば、事故に関わる弁護士へかかる費用を全て保険会社が支払ってくれます。(支払われる費用には上限がある場合もあるので注意しましょう)

事故により自分が被害を受け、長期の入院や通院によって費用がかさんでくると、加害者側の保険会社からの連絡が多くなることも予想されます。その際にも弁護士を通して話を進めてもらえれば、身体と心労を軽減できるでしょう。

他車運転特約(他車運転危険補償特約)

他社運転特約をつければ、友人知人の車を借りて運転した際に事故を起こしてしまった時に、自分の加入している保険から補償を行えます。

基本的には慣れない他人の車を運転しないほうが良いですが、運転する可能性はゼロではありません。

「他人の車は運転しない!」と、決めていればこの特約は必要ありませんが、運転者の範囲を限定された車に乗る場合には、この特約をつけていれば補償を受けられます。

個人賠償責任特約

日々の生活の中で、車以外にも事故や損害が発生する場合があります。例えば、自転車に乗っていて歩行者と接触し怪我を負わしてしまった場合や、お店の商品を誤って落として破損させてしまった場合などです。

そんな時のために、自分と家族が日常生活で起こった損害に対して補償を行ってくれるのが個人賠償責任特約です。

この特約は、火災保険や傷害保険など別途加入している保険でも付帯している可能性があるため、自分と家族が契約している保険があれば重複していないか1度見直す必要があります。

個人賠償保険は、損害賠償を負った金額までしか支払われない(重複できない)ため、1社と契約していれば問題ありません。

また、任意保険に個人賠償責任特約を付帯していた場合、車に乗らなくなって保険の解約を行った時点で個人賠償責任特約も解約されてしまいますので、注意しましょう。

対物差額修理費用補助特約(対物超過特約)

任意保険の基本補償である対物補償で支払われる金額が「無制限」の設定であっても、時価額以上支払われない可能性があります。

通常、車は新車で登録された時点より時が経つにつれ、時価価値が下がっていきます。しかし、高級車などやスポーツカーなどの生産台数の少ない車種や絶版車での価値が高騰した車に関しては、時価額的には価値が全く無くても希少性により高額な値段がつく場合があります。そのため、そういった車と事故に遭った場合、全く修理費用が足りない状況に陥るかもしれません。

このようなケースの場合に活用できるのが、時価額不足分を補う対物差額修理費用補助特約です。

相手の車は多種多様であり、時価額以上の価値は予測できないため、万が一に備えて加入しておくと安心です。

任意保険を有効に活用しよう

任意保険を有効に活用しよう
任意保険を契約してから時が経てば、身の回りの状況に多少なりとも変化が訪れます。少なくとも歳は取りますので、年齢条件なども変わってくるでしょう。

任意保険の契約時から1年後には保険更新がありますので、家族構成・車の使用頻度など、現状に見合った補償内容を見直し更新すれば、保険料も節約できるかもしれません。

また、保険の契約内容については随時変更や追加ができますので、その都度、保険会社に連絡を取って相談した上で、自分のライフスタイルに合った内容で更新することをおすすめします。

まとめ

①自動車を運転するには、自賠責保険を補う任意保険の加入が必要
②任意保険は、被害者や加害者への基本補償に加えて特約もある
③任意保険の基本補償は、高額な賠償請求に備えて無制限にするのが一般的
④基本補償には、被害者側を補償する賠償責任保険に加え、加害者側の補償をする傷害保険がある
⑤事故を多く起こす人ほど、保険会社は多くの補償額を支払っており、保険料は高くなる
⑥任意保険の特約には、保険内容を充実させる他にも、日常生活で使えるものもある
⑦運転者の範囲を限定すれば、保険料の割引を受けられる
⑧自分のライフスタイルが変われば、保険の契約内容についても見直す必要がある

※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら