スズキ ツイン 【乗車定員2名のコンパクトで画期的な都市型軽自動車】のレビューをご紹介

スズキ ツイン[2005年02月]

投稿者評価

平均

乗車定員2名のコンパクトで画期的な都市型軽自動車 投稿日:2022年06月16日※レビューの内容は投稿時のデータです。

star star star star star 3.9

【このクルマの良い点】
2003年から2005年という、短い期間しか販売されなかったものの、軽自動車の画期的な存在になったスズキのツイン。キュートな見た目が好きで、購入しました。

車名が示すとおり、乗車定員は2名。軽自動車規格は全長3400mmまで認められる中で、ツインの全長はわずか2735mmと、他車のホイールベースを少し上回る程度しかありません。いろいろな意味で、とにかく割り切ったモデルだったところが気に入りました。

小回りが利いて駐車もしやすいコンパクトなボディは、多くの人が「最適なシティコミューター(小型乗用車)」と評価したとおりの使いやすさです! ラゲッジスペースはミニマムですが、そもそも長距離走行を想定しないツインには、最低限のスペースがあれば十分でしょう。

パワートレインには、ガソリンエンジンを搭載。当時のスズキ車で標準採用されていたこのエンジンは、先代のF6A型よりも軽量化されたため、軽量なツインには最適なパワートレインです。3速ATと組み合わせれば、日常のアシ車として使うのに十分なパワーを発揮してくれます。

【総合評価】
車の雑誌などを読むとモータージャーナリストからの評価が軒並み高かったツインですが、自分のようなユーザー目線だと使用場所や用途により評価が変わってくるのかもしれません。

都市部の移動手段としては、小回りも駐車もしやすいサイズ感なので最適と言えるでしょう。しかし、田舎などの地方では荷物をあまり積むことができないため、どうしても使いづらいかった印象があります。

実際に地元に帰省した際に、都内へ戻るときに両親からいろんな荷物を持たされましたが、トランクルームの容量が小さくて。助手席にも荷物を置いて、なんとか積むことができたという感じです。

また、ガソリン車の場合、ATが3速というのも残念なポイント。ギヤ比の数値からも、郊外や高速道路の走行は想定していないことがわかります。このようにツインは都市部の人は移動手段としてメリットを活かせますが、地方の人には決して向いているモデルではないと思っています。

  • 外観5.0
  • 乗り心地4.0
  • 走行性能4.0
  • 燃費・経済性5.0
  • 価格2.0
  • 内装4.0
  • 装備3.0
利用シーン
通勤通学 買物
オススメ
女性向け
特徴
キュート 小回り 燃費

このレビューが参考になった!

参考になった人0

クルマレビューを投稿する

※販売店レビューの投稿はこちら

ツイン

総合評価

3.9
(22件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.3 3.9 3.9 3.8
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備
3.5 4.4 3.2

おすすめレビュー

雨風を凌げるバイクのように小回りのきく車

  • スズキ /ツイン
  • ガソリンV
  • CBA-EC22S

投稿日: 2022年07月20日

スズキの人気車種のクルマレビューを探す

オプションからツインの中古車を探す

ツイン(スズキ)のクルマ情報(中古車両)をオプションから簡単に車両検索できます。

色からツインの中古車を探す

ツイン(スズキ)のクルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

ツインの新着物件を見る

モデル一覧

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜

矢印