スズキ Kei 【存在こそ派手ではないが軽自動車史に残る大傑作】のレビューをご紹介

スズキ Kei[不明]

投稿者評価

平均

存在こそ派手ではないが軽自動車史に残る大傑作 投稿日:2022年05月20日※レビューの内容は投稿時のデータです。

star star star star star 3.3

【このクルマの良い点】
Keiは、「Kei」だか「軽」だかよくわからないと言われる車です。よく、軽クロスオーバーSUVの先駆けなんて呼ばれていますが、デビュー当時はそんな概念すらなかったような気がします。それでもルーフレールがステーションワゴンっぽくて、なかなかかっこよかったです。

半年遅れで追加された5ドアモデルの中でも、最上級グレードにあたるSタイプ。当時NAVIという自動車雑誌で、試乗記事が掲載されていたこともあり、購入前から高い関心を持っていた一台でした。

エンジンは当時のスズキ車のスタンダードだった、K6A型にターボとの組み合わせ。現代ほど低速域のトルクは感じられませんが、ターボラグもほとんどなく快適に運転することができました。

サスペンション方式もこれといって目新しいものではありませんが、乗り心地や操作性に不満はありません。5速MTに4WDという駆動方式も使いやすさ抜群でしたので、結果的に購入してよかったなと思えた車でした。

【総合評価】
スズキのKeiは、乗用車としての優れた実用性はまさにクロスオーバーSUVの先駆けだと思っています。「乗員4人が快適に座れるシート」なんて、ありふれた表現では語れません! 厚みのあるシートクッションは、運転していても実に気持ちがいい。

それに「50:50の分割可倒式リヤシート」と書いたら一見普通ですが、単純に背もたれを倒すだけでフラットなラゲッジスペースができるというのはこれまた便利な装備です。整備工場で組み込んでもらった買い替えタイヤが、これまたきれいにラゲッジスペースに収まるので助かりましたね。

そして十分な最低地上高があるから、雪道でも安心して走行することができました。Keiには4年ほど乗っていたので、4回冬を迎えましたがその間一度も雪にハマったことはありません。

1990年代後期に発売された車なので仕方ないことだとは思いますが、衝突被害軽減ブレーキが付かなかったのは残念でした。安全装備以外は、概ね満足しています。

  • 外観3.0
  • 乗り心地3.0
  • 走行性能3.0
  • 燃費・経済性4.0
  • 価格4.0
  • 内装3.0
  • 装備3.0
利用シーン
通勤通学 ドライブ 買物
オススメ
ビギナー シニア ファミリー
特徴
小回り 視界 燃費 広い

このレビューが参考になった!

参考になった人0

クルマレビューを投稿する

※販売店レビューの投稿はこちら

Kei

総合評価

3.9
(159件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.0 4.0 3.6 4.2
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備
3.6 4.0 3.7

おすすめレビュー

古いのに錆びにくい

  • スズキ /Kei
  • 21世紀記念スペシャルEX
  • TA-HN12S

投稿日: 2020年08月11日

なんだかんだで愛車

  • スズキ /Kei
  • CBA-HN22S

投稿日: 2020年11月04日

スズキの人気車種のクルマレビューを探す

オプションからKeiの中古車を探す

Kei(スズキ)のクルマ情報(中古車両)をオプションから簡単に車両検索できます。

色からKeiの中古車を探す

Kei(スズキ)のクルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

Keiの新着物件を見る

モデル一覧

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜

矢印