フィアット パンダ 【イタリア車マニアなら一度は必ず乗っておきたいベーシックカー】のレビューをご紹介

フィアット パンダ[1993年04月]

投稿者評価

平均

イタリア車マニアなら一度は必ず乗っておきたいベーシックカー 投稿日:2022年02月17日※レビューの内容は投稿時のデータです。

star star star star star 3.9

【このクルマの良い点】
自動車史上に残る名車のひとつといえる、初代パンダ。デザインを手がけたジウジアーロ自らが「自身の最高傑作のひとつ」と言うくらい実用的かつスマートなエクステリアからは、初代マーチに共通する潔さを感じます。特にイタリア語でレーシングレッドを意味する「ロッソコルサ」のカラーはいかにもイタリア車らしく、今風に言えばインスタ映えすること間違いなしの一台です。

1980年に生産が開始されたパンダは当時のイタリア車らしく、エンジンを目いっぱい回して全力の走りを楽しむというつくり。1986年のマイナーチェンジで多少イメージが変わりましたが、愛らしい外観はそのままに時代の流れに乗ってスマートな印象になった気がします。

乗り心地もこの時代にしては意外と良くて、長距離運転をしても疲れなかったのが高評価をつけたいところですね。今現在販売されているパンダも、初代の特徴を受け継いでいてもちろんいいんですが、やはり初代ならではの良さはこの時代のパンダしか味わえないと思います。

【総合評価】
初代パンダの平面を多用した個性的なエクステリアはコスト面が理由ともいわれていましたが、フロントガラスでさえ平面というのはパンダだけの特徴。それが結果として唯一無二の個性となり、独自の世界観がある一台になっているんだと思います。

しかも1986年のマイナーチェンジ後、FF車のリヤサスペンションに採用されたリジッドアームのΩ型という型式は他車には見られないものです。当時の自動車雑誌では「4WS的な挙動をする」という評価もありましたが、個人的にはFRっぽいリヤの滑り方が印象的で、使い古された言葉ながら「クルマを操る楽しさ」を地で行く車でした。

唯一マイナスポイントを挙げるとすれば、燃費があまり良くなかったことかもしれません。長距離運転をしても疲れない乗り心地がある一方で、長距離ドライブする際はこまめな給油が必要だったので。でも、燃費以外の不満は特にありませんので、結果的に満足できるクルマでした。

  • 外観5.0
  • 乗り心地3.0
  • 走行性能3.0
  • 燃費・経済性5.0
  • 価格4.0
  • 内装4.0
  • 装備3.0
利用シーン
ドライブ 趣味
オススメ
若者
特徴
カッコいい 小回り 燃費

このレビューが参考になった!

参考になった人0

クルマレビューを投稿する

※販売店レビューの投稿はこちら

パンダ

総合評価

3.6
(13件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.5 3.3 3.5 3.2
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備
3.8 3.8 3.2

おすすめレビュー

居住性と走行性がちょうどいいバランスのコンパクトカー

  • フィアット /パンダ

投稿日: 2022年01月30日

フィアットの人気車種のクルマレビューを探す

オプションからパンダの中古車を探す

パンダ(フィアット)のクルマ情報(中古車両)をオプションから簡単に車両検索できます。

色からパンダの中古車を探す

パンダ(フィアット)のクルマ情報(中古車両)を色から簡単に車両検索できます。

パンダの新着物件を見る

モデル一覧

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜

矢印