BMW i7(i7)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

BMW i7 (G70) 2022(令和4)年8月 発売モデル

ラグジュアリー・セダン初となる電気自動車BMW「i7」。卓越したドライビング・エクスペリエンスとインテリアの快適性を最大限に追求し、一貫したサスティナビリティとの両立を実現した。ラインアップは、最高出力258馬力(190kW)を発揮する1つの電気モーターが前輪に、最高出力313馬力(230kW)を発揮する1つの電気モーターが後輪にある、4WDモデル「xDrive60 エクセレンス」、「xDrive60 Mスポーツ」を設定。最新の充電テクノロジーが採用されており、普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。また、全車に「オートマチック・セルフレベリング・コントロール付きアダプティブ2アクスル・エア・サスペンション」と「電子制御ダンパー付きアダプティブ・サスペンション」を標準装備。エクステリアは、ラグジュアリーかつ圧倒的な存在感を放つBMW伝統の大型キドニー・グリルと、BMWデザインの1つである環状のシグネチャーを2回繰り返す「ツイン・サーキュラー」を進化させたスワロフスキー製のクリスタル・ヘッドライトが印象的で、夜間においては、キドニー・グリルの縁を点灯させることにより、BMWのラグジュアリー・セダンであることを主張。インテリアにおいては、12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロール・ディスプレイを一体化させ、ドライバーに向けて湾曲させる事で視認性を高めたカーブド・ディスプレイが、圧倒的な存在感を放ち、ラグジュアリーを再定義している。コクピット周りにおいては、最低限のスイッチ類のみとし、クリスタルを多用する事で、すっきりとさせ高級感を印象付けている。また、安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」、完全自動駐車が可能となる「パーキング・サポート・プロフェショナル」を標準装備とした。今回、一部改良を行った。右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
xDrive 60 エクセレンス ---- ----cc 4 CVT フルタイム4WD 5名 ----km/l 16,700,000
xDrive 60 Mスポーツ ---- ----cc 4 CVT フルタイム4WD 5名 ----km/l 16,700,000

BMW i7 (G70) 2022(令和4)年7月 発売モデル

BMW i7 G70

ラグジュアリー・セダン初となる電気自動車BMW「i7」。卓越したドライビング・エクスペリエンスとインテリアの快適性を最大限に追求し、一貫したサスティナビリティとの両立を実現した。ラインアップは、新型車の初期生産モデルとして、「xDrive60 エクセレンス」ベースの限定車「xDrive60 エクセレンス ザ・ファースト・エディション」を設定(限定50台)。今回、最高出力258馬力(190kW)を発揮する1つの電気モーターが前輪に、最高出力313馬力(230kW)を発揮する1つの電気モーターが後輪にある、4WDモデル「xDrive60 エクセレンス」、「xDrive60 Mスポーツ」を設定。最新の充電テクノロジーが採用されており、普通充電と急速充電(CHAdeMO)に対応。普通充電においては、自宅で6.4kWのBMWウォール・ボックス(200V/32A)の利用により、約17時間で、充電開始時0%の状態から100%まで充電することが可能である。また、全車に「オートマチック・セルフレベリング・コントロール付きアダプティブ2アクスル・エア・サスペンション」と「電子制御ダンパー付きアダプティブ・サスペンション」を標準装備。サスペンションへのエアの供給はホィールごとに個別に調整されるため、不均衡な積載状態を補正することが可能であり、あらゆる速度域で常に最適な車高を提供できるため、快適で安全なハンドリングを実現した。フロント・デザインにおいては、ラグジュアリーかつ圧倒的な存在感を放つBMW伝統の大型キドニー・グリルと、BMWデザインの1つである環状のシグネチャーを2回繰り返す「ツイン・サーキュラー」を進化させたスワロフスキー製のクリスタル・ヘッドライトが印象的で、夜間においては、キドニー・グリルの縁を点灯させることにより、BMWのラグジュアリー・セダンであることを主張。インテリアにおいては、12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロール・ディスプレイを一体化させ、ドライバーに向けて湾曲させる事で視認性を高めたカーブド・ディスプレイが、圧倒的な存在感を放ち、ラグジュアリーを再定義している。コクピット周りにおいては、最低限のスイッチ類のみとし、クリスタルを多用する事で、すっきりとさせ高級感を印象付けている。また、安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」、完全自動駐車が可能となる「パーキング・サポート・プロフェショナル」を標準装備とした。右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
xDrive 60 エクセレンス ---- ----cc 4 CVT フルタイム4WD 5名 ----km/l 16,700,000
xDrive 60 Mスポーツ ---- ----cc 4 CVT フルタイム4WD 5名 ----km/l 16,700,000

BMW i7 (G70) 2022(令和4)年4月 発売モデル

BMW i7 G70

ラグジュアリー・セダン初となる電気自動車BMW「i7」。卓越したドライビング・エクスペリエンスとインテリアの快適性を最大限に追求し、一貫したサスティナビリティとの両立を実現した。ラインアップは、新型車の初期生産モデルとして、「xDrive60 エクセレンス」ベースの限定車「xDrive60 エクセレンス ザ・ファースト・エディション」を設定(限定50台)。量産車世界初となる31.3インチの8Kパノラマ・ディスプレイを含むリヤ・シート・エンターテイメント・エクスペリエンスに加え、アンプ出力1,965W、40スピーカー、32チャンネルのハイスペックを誇るBowers&Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システムを特別に装備。ボディカラーおよびインテリア・カラーは、顧客より要望の多い「ミネラル・ホワイト」および「ブラック・サファイア」に、高品質なブラックのメリノ・レザー・シートとの組み合わせを中心としながらも、新型モデルより採用されるコーチ・ラインを施したタンザナイト・ブルーとオキサイド・グレーとの鮮やかな2トーン塗装に、タルトゥーフォとナイト・ブルーのバイ・カラー仕様のメリノ・レザー・シートを採用した仕様を、それぞれ5台ずつ設定している。また、特別装備として3Dポリッシュ加工を施した専用ホィールを装着し、初期生産モデルとしての特別感を強化した。右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
xDrive 60 エクセレンス ザ・ファースト・エディション ---- ----cc 4 CVT フルタイム4WD 5名 ----km/l 19,000,000

BMW i7の車種カタログ情報ならグーネット中古車

グーネット中古車お役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜

矢印