ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

京都府 トヨタハイエースワゴンの中古車を探す

1〜6台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

339.2万円

車両本体価格 (税込)

327万円

諸費用 (税込)

12.2万円

法定整備:整備無

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2021年
  • 走行距離6.9万km
  • 車検なし
  • 排気量2700cc
  • 修復歴なし

ミッションインパネAT

カラーホワイトパールクリスタルシャイン

ボディタイプミニバン・ワンボックス

お気に入り

支払総額 (税込)

299.8万円

車両本体価格 (税込)

289.8万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2011年
  • 走行距離8.1万km
  • 車検2024年6月
  • 排気量2700cc
  • 修復歴なし

ミッションインパネAT

カラーホワイト

ボディタイプミニバン・ワンボックス

購入パックあり グー保証は購入パックCパックでお選びいただけます。
id車両
グー鑑定車
内装4
外装4
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

269.8万円

車両本体価格 (税込)

260.2万円

諸費用 (税込)

9.6万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・走行無制限)

  • 年式2013年
  • 走行距離7.3万km
  • 車検2026年2月
  • 排気量2700cc
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラーブラックマイカ

ボディタイプミニバン・ワンボックス

お気に入り

支払総額 (税込)

99.5万円

車両本体価格 (税込)

74.8万円

諸費用 (税込)

24.7万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式1995年
  • 走行距離20.2万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量3000cc
  • 修復歴あり

ミッションAT4速

カラーライトブラウンM

ボディタイプミニバン・ワンボックス

お気に入り

支払総額 (税込)

278.3万円

車両本体価格 (税込)

269万円

諸費用 (税込)

9.3万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2011年
  • 走行距離5.1万km
  • 車検2024年7月
  • 排気量2700cc
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラーゴールドメタリック

ボディタイプミニバン・ワンボックス

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

310万円

車両本体価格 (税込)

301万円

諸費用 (税込)

9万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2019年
  • 走行距離2.6万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量2700cc
  • 修復歴なし

ミッションAT6速

カラーブラックマイカ

ボディタイプミニバン・ワンボックス

購入パックあり

この条件でよく検索しますか?

トヨタ ハイエースワゴン | 京都府

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

問い合わせが多いユーザー

男女比

女性
4.8%
男性
95.2%

※2022年1月~12月のグーネット中古車見積りデータより算出

年代

  • 30代40.3%
  • 40代26%
  • 50代14.7%
  • 20代14.5%
  • 60代3.6%

居住エリア

  • 関東地方26.5%
  • 東海地方15.7%
  • 東北地方13.7%
  • 関西地方12.4%
  • 九州地方8.4%

トヨタ ハイエースワゴン

グーネットに掲載されている京都府の「トヨタ ハイエースワゴン」の掲載状況は?

グーネットでは京都府の「トヨタ ハイエースワゴン」の中古車を6台掲載しています。
トヨタ ハイエースワゴン 京都府のみの車両価格は74.8万円~327万円で総合評価は3.9レビュー件数は154になります。(2024.04.21)

車種の特徴

トヨタの「ハイエースワゴン」は、「ハイエース」シリーズで展開される大型のワンボックスワゴン仕様車です。この車両は、1967年に初代モデルが登場し、日本以外にも世界各国で市場展開され、広い室内空間と使い勝手の良さによって高い評価を受けています。3代目モデルは、「バンはバンらしく、ワゴンはワゴンらしくより本物に」をコンセプトとしており、専用サスペンションを採用した他、4WD仕様車が追加で設定されました。なお、2002年には、同社「アルファード」の発売を機に、ガソリン仕様タイプが廃止されています。このクルマの2017年12月発売モデルには、ロングボディの「DX」や「GL」の他に、スーパーロングボディの「グランドキャビン」がラインナップされています。この車両には、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」が標準装備されており、ミリ波レーダー・単眼カメラの2つのセンサーを用いることで認識性能と信頼性を両立しています。ボディカラーについては、「ベージュメタリック」や「ラグジュアリーパールトーニング」などが用意されています。※記載の文章は、2018年10月時点の情報です。

車名の由来は?

トヨタ小型トラックの主力車であった「トヨエース」を由来としている。「TOYOTA」と英語の「Ace(第一人者、もっとも優れたもの、切り札)」の造語であるこの名前に、英語の「High(高級な、より優れた)」を付け加えた。ワゴンは荷室が乗員スペースを兼ねることで、多くのひとを乗せることができるモデルとなっている。

モデル概要、その魅力は?

100万km以上の走行に耐えられるタフさと、使い勝手のよさにより商用利用も多く、送迎バスや乗り合いタクシー、路線バスなどにも使用されている。初代は1967年にまで遡り、長い歴史のなかで繰り返し改良を重ねて信頼を獲得しているモデルで、さまざまなボディサイズが用意され、使用方法に合った1台を選べるのも特徴だ。

長所と短所

  • 室内長3000mmの広々とした室内空間
  • 用途に合わせて選べる全長やドア数や乗車定員
  • 多人数乗車でもストレスのない余裕ある動力性能
  • 後期型は安全運転支援機能が充実
  • 2004年登場のため設計の古さを感じることも
  • キャブオーバータイプのためNVHはミニバンに劣る
reviewed by グーネット編集部

ハイエースワゴン(京都府)の販売店レビュー

ハイエースワゴン(京都府)の販売店レビューをもっと見る

矢印