ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

富山県 日産スカイラインの中古車を探す

1〜7台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

280.2万円

車両本体価格 (税込)

260.2万円

諸費用 (税込)

20万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・走行無制限)

  • 年式2019年
  • 走行距離4.0万km
  • 車検なし
  • 排気量2000cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラースーパーブラック

ボディタイプセダン

お気に入り

支払総額 (税込)

164.8万円

車両本体価格 (税込)

158.1万円

諸費用 (税込)

6.7万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・走行無制限)

  • 年式2015年
  • 走行距離4.4万km
  • 車検2024年11月
  • 排気量2000cc
  • 修復歴なし

ミッションインパネAT

カラークリスタルホワイトパール

ボディタイプセダン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

93.7万円

車両本体価格 (税込)

78.8万円

諸費用 (税込)

14.9万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2014年
  • 走行距離14.6万km
  • 車検2025年4月
  • 排気量3500cc
  • 修復歴なし

ミッションAT7速

カラーガーネットブラックP

ボディタイプセダン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

445.6万円

車両本体価格 (税込)

435.8万円

諸費用 (税込)

9.8万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・走行無制限)

  • 年式2019年
  • 走行距離1.5万km
  • 車検2024年9月
  • 排気量3000cc
  • 修復歴なし

ミッションMTモード付きAT

カラーメテオフレークブラックパール

ボディタイプセダン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

69万円

車両本体価格 (税込)

54万円

諸費用 (税込)

15万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2003年
  • 走行距離16.4万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量3500cc
  • 修復歴なし

ミッションAT5速

カラーダイヤモンドシルバーM

ボディタイプクーペ・スポーツ

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

89万円

車両本体価格 (税込)

74万円

諸費用 (税込)

15万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2007年
  • 走行距離13.2万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量3700cc
  • 修復歴なし

ミッションAT5速

カラースーパーブラック

ボディタイプクーペ・スポーツ

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

958万円

車両本体価格 (税込)

935万円

諸費用 (税込)

23万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式1971年
  • 走行距離走不明
  • 車検なし
  • 排気量2800cc
  • 修復歴なし

ミッションMT

カラーシルバー

ボディタイプセダン

この条件でよく検索しますか?

日産 スカイライン | 富山県

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

問い合わせが多いユーザー

男女比

女性
4%
男性
96%

※2022年1月~12月のグーネット中古車見積りデータより算出

年代

  • 20代44.4%
  • 50代15.6%
  • 40代13.9%
  • 30代12.9%
  • 10代7.7%

居住エリア

  • 関東地方36.2%
  • 東海地方14.2%
  • 関西地方13.1%
  • 中国地方9.5%
  • 九州地方8.5%

日産 スカイライン

グーネットに掲載されている富山県の「日産 スカイライン」の掲載状況は?

グーネットでは富山県の「日産 スカイライン」の中古車を7台掲載しています。
日産 スカイライン 富山県のみの車両価格は54万円~935万円で総合評価は4.0レビュー件数は395になります。(2024.06.13)

車種の特徴

「スカイライン」は、富士精密工業から1957年にリリースされたクルマです。富士精密工業は1961年にプリンス自動車に社名を変更し、1966年に日産自動車と合併しますが、車名は変わることなく引き継がれ、現在に至るまで生産が続けられています。なお、2006年の12代目モデルは、「超魅惑・超洗練・超高性能」をコンセプトにフルモデルチェンジが行われ、FMパッケージのメリットを踏襲しながら、エンジンの搭載位置を下げることで、低重心化を実現した新しいプラットフォームが採用されました。この車両のボディバリエーションは、クーペやハッチバックなども存在していましたが、現在はスポーツセダンのみとなっています。2017年12月発売モデルのインテリアに関しては、ホーンパッドを小型化し、太くしたステアリンググリップで握り心地を向上させているほか、マットクロームによるスポークで、スポーティさを演出しています。また、上質感を演出するアンビエントライトシステムをメーカーオプションで設定しています。ボディカラーについては、標準色の「スーパーブラック」「ダークメタルグレー」やオプション色の「HAGANEブルー」などが用意されています。そのほか、このクルマの特別仕様車については、2016年11月発売モデルに設定されている「200GT-tタイプP クールエクスクルーシブ」「350GT ハイブリッドタイプP クールエクスクルーシブ」などがあります。※記載の文章は、2018年9月時点の情報です。

車名の由来は?

「スカイライン(SKYLINE)」は「山並みと青空を区切る稜線」の意味。長きにわたり開発責任者を務めた「ミスタースカイライン」こと桜井 眞一郎氏が名付け親で、この名前を思いついた群馬県草津の山小屋「芳ヶ平ヒュッテ」には、スカイライン生産50周年を記念して「スカイライン命名の地」のプレートが設置されている。

モデル概要、その魅力は?

日本を代表するスポーツモデルで、多くの自動車ファンを魅了し続ける名車。「ハコスカ(3代目)」、「ケンメリ(4代目)」、「ジャパン(5代目)」、「鉄仮面(6代目)」などの愛称も多くあり、「愛のスカイライン」などCMコピーも記憶に残るなど、抜群の認知度を誇っている。世界のスポーツモデルに与えた影響も大きく、とくにGT系は当代一流の走りを体現する。

長所と短所

  • セダンらしい端正な3ボックスフォルム
  • 大排気量ターボエンジンによる豪快な加速
  • 凝ったショックアブソーバーによる上質な乗り心地
  • 4個のゴルフバッグを詰める実用性の高い荷室
  • 2014年デビューのため設計年次が少々古い
  • 後輪駆動ベースのシャシーゆえキャビンがタイト
reviewed by グーネット編集部

スカイライン(富山県)の販売店レビュー

スカイライン(富山県)の販売店レビューをもっと見る

矢印