ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

熊本県 マツダボンゴトラックの中古車を探す

1〜8台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

92万円

車両本体価格 (税込)

78万円

諸費用 (税込)

14万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・5000km)

  • 年式2014年
  • 走行距離8.8万km
  • 車検なし
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションコラムAT

カラーホワイト

ボディタイプトラック

お気に入り

支払総額 (税込)

110.3万円

車両本体価格 (税込)

98万円

諸費用 (税込)

12.3万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・3000km)

  • 年式2014年
  • 走行距離10.2万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションコラムAT

カラーホワイト

ボディタイプトラック

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

112.7万円

車両本体価格 (税込)

102万円

諸費用 (税込)

10.7万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・5000km)

  • 年式2016年
  • 走行距離6.8万km
  • 車検2024年6月
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションMT5速

カラーホワイト

ボディタイプトラック

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

85万円

車両本体価格 (税込)

75万円

諸費用 (税込)

10万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・2000km)

  • 年式2018年
  • 走行距離10.3万km
  • 車検2025年1月
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラーホワイト

ボディタイプトラック

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

118万円

車両本体価格 (税込)

110万円

諸費用 (税込)

8万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・1000km)

  • 年式2018年
  • 走行距離13.0万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションコラムAT

カラーホワイト

ボディタイプトラック

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

98.8万円

車両本体価格 (税込)

86.8万円

諸費用 (税込)

12万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2011年
  • 走行距離7.7万km
  • 車検なし
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションMT5速

カラーホワイト

ボディタイプトラック

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

257.5万円

車両本体価格 (税込)

229.9万円

諸費用 (税込)

27.6万円

法定整備:整備付

保証無

  • 年式2017年
  • 走行距離13.9万km
  • 車検2026年3月
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションAT4速

カラーホワイト

ボディタイプトラック

お気に入り

支払総額 (税込)

275万円

車両本体価格 (税込)

268万円

諸費用 (税込)

7万円

法定整備:整備無

保証無

  • 年式2011年
  • 走行距離7.9万km
  • 車検2025年8月
  • 排気量1800cc
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラーホワイト

ボディタイプトラック

購入パックあり

この条件でよく検索しますか?

マツダ ボンゴトラック | 熊本県

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

マツダ ボンゴトラック

グーネットに掲載されている熊本県の「マツダ ボンゴトラック」の掲載状況は?

グーネットでは熊本県の「マツダ ボンゴトラック」の中古車を8台掲載しています。
マツダ ボンゴトラック 熊本県のみの車両価格は75万円~268万円で総合評価は4.3レビュー件数は4になります。(2024.04.25)

車種の特徴

1966年にマツダからリリースされた「ボンゴトラック」は、同社「ボンゴ」に設定されている2ドアキャブオーバー型のトラックです。なお、この車両の2010年8月発売モデルでは、従来モデルより荷台のアオリを高くすることにより、積載性の向上に成功しています。また、室内には大型のセンターコンソールボックスが採用され、定員が従来までの3名から2名に変更となっています。そして、マイナーチェンジ後に登場した2016年2月発売モデルには、ビジネスユースに適した「DX」、充実装備の「GL」といったグレードが用意されています。このモデルには、シルバーカラーのフルホイールキャップが採用されており、バンパーはボディと同色に統一されています。そのほか、このクルマには、「仕事がテキパキこなせれば、もっと楽しくなる」をテーマに開発された特装車「テスマ」も存在しています。※記載の文章は、2018年8月時点の情報です。

ボンゴトラック(熊本県)の販売店レビュー

ボンゴトラック(熊本県)の販売店レビューをもっと見る

熊本県・ボンゴトラック口コミ件数の多い販売店を探す

熊本県・ボンゴトラック(マツダ)の販売店情報を簡単に検索できます。

矢印