(株)カーコンサルエコー

レビュー
作業実績
311件
  • その他修理・整備

2018年02月10日 17:42ウォッシャー液補充 間違えてクーラントサブタンクに・・

お客様より『自分でウォッシャー液を補充したが出てこない』
とご来店です。

この時期は、ウォッシャー液自体が凍結する場合もあるのですが、
まずは、ボンネットを開き何処にウォッシャー液を補充したか尋ねると
『青色の液体が入っていたタンクです』との事。
実は補充した先が【クーラントのサブタンク】でした。
お車は日産セレナで、クーラントの色もウォッシャー液の色も
青色で間違いやすい印象が残ります。

その事を伝えると、
走行して入庫されたので、お客様は心配していましたが、
冷却水が温まって膨張した液体が逃げていくサブタンクなので、エンジン
が暖かいうちは、冷却系統に混じる事はほぼ無いと予想されます。
なので、心配には及ばない事を伝えました。
ただ、一度液体が冷えてしまえば体積が減り、サブタンクに逃げてた液が戻る
ので混ざり合う事になります。

急いで作業したので液体が少なくなってますが、クーラント用のサブタンクは
ご入庫時ほぼ満タンです。

行う処置は、
クーラント・サブタンク内のウォッシャー液混じり分を全て抜き取り
クーラントの補充と、ウォッシャー液の補充です。
ラジエターからサブタンク間のホース内部も水洗いしました。

そこまで神経質にならなくても良いかわかりませんが、
その理由は、
ウォッシャー液は洗剤で、少なからず泡立ます。
冷却水用のクーラントには消泡能力【キャビテーション防止】が
求められています。(泡立ちはNOです)
キャビテーションとは、液体が泡立ってしまい、その泡が弾ける
際に生じる気流で壊食がおきます。ウォーターポンプのインペラが
減ってしまったり、その他にはシステム内でエアーが溜まったり等
の不具合を防止する為の消泡能力になります。

実際には、冷却液の代わりにウォッシャー液を使用しての不具合事例
は当店では経験がありませんので、補足で付け加えます。

下の青い液体は、クーラントです。
ウォッシャー液も一般的に青く見間違え易いです。

作業終了後に、
付着したクーラントは水洗いしておきます。
そのままにすると自然に乾燥する事なく異臭の原因に繋がります。

日常点検やお車を普段使用する上で、補充する必要がある
ウォッシャー液ですが、簡単な割の落とし穴?です。
エンジンルーム内にはブレーキオイルやエンジンオイルなど
他にも様々な液体を入れるキャップがありますので気を付ける
べきポイントになっています。
このお車は当店からご購入頂いており、納車する際の説明では
最新機能ばかりに気をとられて基本を忘れている事が多々あります。

(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.88
作業実績
311
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー