(株)カーコンサルエコー

レビュー
作業実績
437件
  • タイヤ販売

2021年03月26日 12:22東京タイヤ:夏タイヤ価格 ミニバン用がさらに充実です。 タイヤ交換の際にはクリップボルトのネジカジリに注意ですね。

「東京タイヤ流通センター」夏用タイヤ価格をご紹介します。当店は「山形南店」として加盟登録となっています。今シーズンはメインラインナップの少変更と、ミニバン用の選べる幅が拡がっているので、ウレシイです。
プランは、輸入、有名、国内、と、ブランドで3プライス設定。
背高のミニバン用タイヤが存在する理由の一つは「疲れ具合に差が出る」ではないでしょうか?サイドウォールのIN・OUTで違いを出しての技術はスゴイと思います。
話はズレますが、
タイヤ交換シーズンの事例で、クリップボルト(ハブボルト)の通称「カジリ」。
タイヤを取付けているクリップナット(ハブナット)を緩める際、途中から固くなって回らなくなって、ナット自体も熱を持ってきて・・と。ネジ山が「カジッて」る現象です。
その場合は、ボルトをヘシ折る勢いでナットを外して、ボルト交換になります。(※ヘシ折る場合もケースバイケースです。ハブ側のボルト圧入部で空回りするとマズイので、力加減で決めてます)
下の画像は、スズキ:アルトの左前輪。ブレーキ関連を外してボルトをハブへ圧入(引っ張って)取付の完了図です。

なぜ「カジリ」が起きるのか?を考えてみると、今回の取り外し方が悪いのでは無く、前回の取付時の方がポイントは大きいと思います。(事故などでの過度な衝撃や、著しい腐食の場合は除きます)
あくまで私の個人的考えもありますが、前回の取付時に、
①タイヤ(ホイール)をボルトにガッと当てて、ネジ山にヒット跡が出来てた。
②ナット半掛けでホイールが斜めの状態。そこをインパクトで締める。するとネジ山が舐める様に損傷。⇒見えませんし、ナットは締まります。
③ナット先端(テーパ部)潰れでボルトへ食い込み。ナットの経年劣化や締め過ぎ。
④ボルトとナットで、互いにネジ山に伸び。手回しで既に固い感じをそのまま締める。
などなど。原因は多数あります。
①~④の、どの場合も「締まります!、が、もう緩みません!」を引き起こします。
今回、ハブボルト交換になった車両は、カジリ再発の事を考えて、残りのボルトを全数ネジ山修正(ダイスで)し、ナットは全数1台分を新品へ交換となりました。
次回のタイヤ交換(ホイール脱着)の事も考えた、ていねいな作業がトラブル防止に繋がります。

店舗情報

(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.91
作業実績
437
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約