(株)カーコンサルエコー

レビュー
作業実績
375件
  • サスペンション・足回り修理・整備

2020年03月13日 14:31ブレーキが深い フロントブレーキ・キャリパースライドピン 錆付き ダイハツ:ミラココア

車検でご入庫のダイハツ:ミラココア。当店の「ていねい車検」コー
スをご用命頂いております。
点検の中で、整備士さんが実際の道路を走行させていただく(ロード
テスト)内容も含まれており、車両からの違和感を感じ取れる場合も
多くあります。(ハブの異音など)
このココアはブレーキに違和感があります。ブレーキペダルを踏み込
んで行くと、効き(制動力)始めが遅く、一瞬ドキッとします。
通称で、「ブレーキが深い」事の理由は様々。
今回の場合は、前側ブレーキのキャリパースライドピンが錆によって
固着した事が原因です。(右前輪の下側)
車両のフロントブレーキは片押し方式の浮動型タイプで、キャリパー
を支えるピンは動く事が大切です。ここが固着する事で、パッド摩擦
材が減った分、キャリパーが追従する事が出来きなくなるので、ブレ
ーキペダルを踏んだ時のピストンの移動量が多く必要になり、「ブレ
ーキが深く」なる現象となります。
まずはスライドピンを抜き取ります。固着が酷いと最悪はピンが中で
折損した場合にはアッセンブリー(そっくり)交換を招きます。
無事に何とか外れました。

ピンが錆付いた原因をチェックします。修理しても即再発にならない
様に、湿気の侵入理由は取除きたいです。
(金属の腐食を完全に止める事は不可能ですが)
スライドピン用ブーツに損傷はありません。しかし、ブーツが取付く
ガイド溝部に錆が進行しており、これではブーツとの密着が悪くなる
ので、湿気が侵入してしまうでしょう。
スコッチライトベルトと手がけワイヤーブラシで一周グルリと清掃。

次は、スライドピンとキャリパーサポート側の錆取りです。
卓上グラインダーにセットしているワイヤーブラシでピンを清掃。
スライドピンもピンブーツの接触する溝はしっかりと行います。
キャリパーサポート側の穴は、スライドピンクリーナーをドリルに
セットしてグリグリと内部を錆取りします。

ピンがスムーズに入る事が確認できたら、シリコングリースを塗布
して内部にグリスを行きわたらせます。
ピンブーツの嵌まり込む溝へもグリースを塗布。密着と防錆です。
残りは、折り返しで組付けです。
ブレーキが深い感じは無くなり、良好なブレーキタッチとなりました。
余談ですが、
徐々に悪くなっていくと、普段使いの中で気が付けない場合があります。
車検でお預かりした場合でも、道路を試運転しないと気が付けない不具
合も、正直いって多々あります。

店舗情報

(株)カーコンサルエコー
〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
  • 無料電話お気軽にお電話下さい!
    0066-9746-1987
  • お気に入りに追加
  • 無料でお問合せ・お見積り

(株)カーコンサルエコー

指定工場:第7266号

山形市付近でクルマのメンテナンスのことなら相談できる「くるまやさん」カーコンサルエコーです!

レビュー
  • 4.90
作業実績
375
営業時間
月水木金土 10:00~19:00
10:00~18:00
定休日 
:火曜日 定休日:火曜日・祝日・第二土曜日
住所
:〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4
アクセス
:国道13号線沿いヤマザワ成沢店様の交差点を曲がり東へ、つきあたりを右へ、当社があります
無料電話
0066-9746-1987

この店舗の新着作業実績

この店舗の作業実績を検索

車種

メニュー

この店舗の新着レビュー

スケジュールにあわせてかんたんネット予約