トヨタ プリウスの新車値引き相場情報

写真

トヨタ プリウス

値引き情報

情報提供元:月刊自家用車(内外出版社)
※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。

平均値引き(装備付属品込)
  • 27.8万円
  • 値引き率 10.66
  • 車両本体価格:2,608,0003,557,000
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
2020年8月号 27万円
2020年7月号 27万円
2020年6月号 27万円
2020年5月号 27万円
2020年4月号 27万円
2020年3月号 26万円
2020年2月号 25万円
車両本体目標値引き額
(万円)
2020年度

価格交渉方法

写真:松本隆一

発売から4年半が経過。セールスマンからは「正直、大幅な値引きをしないと買ってもらえない」との声が上がっている。合格ラインは付属品の値引きを含めて30万円。大都市部では40万円の大台も。攻略のコツはトヨタ同士の競合。在庫があれば2週間程度で納車も。
(情報提供元:『 月刊自家用車 8月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

車両情報

新車価格 2,608,000円〜3,557,000

歴代より実現してきた優れた環境性能にさらなる磨きをかけた「プリウス」。98馬力を発生する1.8L 水冷直列4気筒DOHCエンジンに、72馬力のフロントモーター、7.2馬力のリヤモーター(E‐Four)を搭載。ラインアップは、より低燃費を追求した「E」、基本装備を充実した「S」、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」をはじめ先進装備を充実した「A」、「A」の装備に本革巻きのステアリングホイール・本革シートなど、上級装備を充実した「Aプレミアム」を設定。「S」、「A」、「Aプレミアム」には「ツーリングセレクション」を設定。エクステリアのグリルやバンパー、ランプ類などのデザインは、踏ん張り感のあるシルエットを実現。17インチアルミホイールは、樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用。15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用し、奥行き感のあるスタイリッシュなデザインとなった。インテリアは、インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとした。さらに、背もたれ面と座面からシート表皮の熱気や、エアコンの冷風を吸い込むことで冷涼感をもたらす吸い込み方式のシートベンチレーションを前席に採用。また、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、コネクティッドカーへと進化を遂げた。そして、安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。さらに、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、注意を促す「リヤクロストラフィックアラート」を設定し、安全・安心装備の拡充を図った。今回、一部改良を行った。Toyota Safety Senseの機能向上や、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備、さらに、運転に不安のあるドライバー向けにプラスサポート(急アクセル時加速抑制)をトヨタ初採用するなど、安全・安心機能を強化した。災害時などに役立つ、外部給電機能を全車標準装備。あわせて、「S」をベースの特別仕様車「S セーフティプラスII」を設定。特別装備として、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、バックカメラ搭載ナビレディセットなどを採用。さらなる安全・安心機能を充実させた。

もっと見る

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

ページトップ