スバル シフォンの新車値引き相場情報

写真

スバル シフォン

値引き情報

情報提供元:月刊自家用車(内外出版社)
※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。

平均値引き(装備付属品込)
  • 14.9万円
  • 値引き率 11.19
  • 車両本体価格:1,331,0001,941,500
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
2020年3月号 -万円
2020年2月号 13万円
2020年1月号 12万円
2019年12月号 8万円
2019年11月号 8万円
2019年10月号 8万円
2019年9月号 8万円
車両本体目標値引き額
(万円)
2020年度

価格交渉方法

写真:松本隆一

11月は「絶対王者」といわれていたN-BOXを抑えて販売ランキングの首位についた。この躍進の背景には「値引きの拡大」も少なからず貢献している。とくにホンダとの競合を伝えると上乗せしてくる確率が高い。初売りでは付属品の値引きを含めて20万円の大台を狙いたい。
(情報提供元:『 月刊自家用車 2月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

車両情報

新車価格 1,331,000円〜1,941,500

スバル初のモアスペース系の軽自動車として、クラストップレベルの室内空間を実現した新型「シフォン」。660cc 直列3気筒DOHCと660cc 直列3気筒DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載。ラインアップは、充実装備のベーシックモデル「L スマートアシスト」、便利で快適に過ごせる上質モデル「G スマートアシスト」、多彩な上質装備を搭載したハイグレードモデル「カスタムR スマートアシスト」、ターボエンジン搭載のスポーティモデル「GS スマートアシスト」、「カスタムRS スマートアシスト」を設定。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用するとともに、先進安全システムとしての機能を大幅に向上させた新「スマートアシスト」を初めて採用し、全車標準装備とすることで、「安心と愉しさ」をさらに高めた。新「スマートアシスト」では自動でハイビームとロービームの切り替えを行い、対向車の有無によってハイビームの照射範囲を制御する「アダプティブドライビングビーム」を軽自動車で初めて採用したほか、ステレオカメラが区画線を認知し、ステアリング制御ではみ出しを防止する「車線逸脱抑制制御」などの機能を新たに装備。また、「スマートアシストプラス」として、先行車を認識してアクセルとブレーキを制御し、追従走行を行う「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や、時速約60km/h以上で車線の中央を維持して走行する「レーンキープコントロール」、駐車時のハンドル操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」といった軽自動車初の機能に加え、ハンドルや方向指示器の操作に合わせて左右方向を照らす補助灯を追加点灯させることで、夜間における右左折時の視界確保をサポートする「サイドビューランプ」などの機能を採用した。走行性能は、プラットフォームの刷新によって軽量化と高剛性を実現し、操縦安定性や乗り心地、衝突安全性能を大幅に高めた。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

もっと見る

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

ページトップ