スバル フォレスター 試乗レポート

新車試乗レポート [2016.02.12 UP]

スバル フォレスター 試乗レポート

  • スバル フォレスター 試乗レポート

    スバル フォレスター

    試乗
    【マイナーチェンジ】
    発表/2015年10月28日
    SUBARUコール
    0120-052215
    文●森野恭行 写真●編集部

  • スバル フォレスター

■定評ある安全装備はさらに進化 走りのフィーリングはワンランク上に

 押し出し感をグッと高めたフロントマスクが、新型フォレスターの第一のアピール点。でも、本当に注目すべきは中身の進化だ。たとえば安全。アイサイトをVer.2からVer.3へと進化させ、「アドバンスドセーフティパッケージ」を新たに設定した。また、自然吸気モデルについては燃費改善も行っている。とはいえ、ファンが気になるのは走りの進化のはず。さて、新型の印象は?

■ドライビング/ユーティリティ

  • Report 森野 恭行

    Report 森野 恭行

  •  全面的なサス設定の見直しと、ステアリングギヤ比の変更(15.5→14.0)などを行った新型フォレスター。まず気づくのは、乗り心地のカドがとれて快適度が高まったことだ。ドアガラスの板厚アップに代表される遮音対策も効果的で、乗り味をひとつ上のレベルに高めることに成功した。
     そしてハンドリング。つっぱり感を低減した足は、乗り心地の改善だけでなく、操縦安定性の向上にも効果を発揮している。操舵の応答性と挙動の正確性を高めたのが要点で、全体として走りはスポーティな印象になった。S字コーナーのクイックな切り返しにもついてくるのだから、SUVとしてはかなり運動神経が優秀だ。それでいてロールをこばむことはなく、素直さも持ち合わせる。残る課題はステアリングのフリクション感。これが解消されれば、走りはもっと心地よくなる。
     なら、XTの印象は?接地性を高めるとともに、アクティブ・トルク・ベクタリングを新採用して、ハンドリングの一体感と楽しさを向上させたのが見どころ。280馬力のターボパワーを活かす走りにも応えてくれるのだから、腕利きさえもうならせるはずだ。本格派のSUVにして、その気になればスポーツカーのような速さも楽しめてしまうのだから、まさに一粒で二度美味しい。

■インテリア/エクステリア写真[1]

  • スバル フォレスター 内装1

    インプレッサ系とインパネの基本を共用するのは、フォレスターの伝統だ。加飾パネルを変更し、ステアリングも新造形とすることで、新型は全体にプレミアム感を高めている。

  • スバル フォレスター 内装2

    SUVを実感するのは高めのアイポイント。大きなガラスエリアと相まって、良好な視界をもたらす。居住空間はCセグメントSUVの水準を満たすレベル。内装色はブラックだ。

■インテリア/エクステリア写真[2]

  • スバル フォレスター エンジン

    DIT(直噴ターボ)の心臓は280馬力/35.7kg m。8段ステップ変速対応の専用CVTを採用する。

  • スバル フォレスター ラゲッジスペース

    505Lという大容量を確保した荷室。レジャーユースの相棒としても頼りになる。イージー開閉のパワーリヤゲートの設定もある。

  • スバル フォレスター 外装

    フロントと比べてリヤの変更点は少ないが、リヤコンビランプが新造形になった。写真はXTで、225/55R18サイズのタイヤを標準で履く。大径ブレーキもターボ車ならではの装備と言える。

スバル フォレスター 2.0XTアイサイト(CVT)

全長×全幅×全高4595×1795×1715mm
ホイールベース2640mm
トレッド前/後1545/1555mm
車両重量1610kg
エンジン水平対向4DOHCターボ
総排気量1998cc
最高出力280ps/5700rpm
最大トルク35.7kg m/2000-5600rpm
JC08モード燃費13.2km/L
サスペンション前ストラット
サスペンション後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ前後Vディスク
タイヤ前後225/55R18
グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました