【新車購入】読者の厳選レポート

新車値引き情報 [2021.02.26 UP]

【新車購入】読者の厳選レポート

オデッセイから31.2万円引き!

HONDA オデッセイ
アブソルートEX(7人)
トータル値引き 31.2万円
値引き率 7.3%
From新潟県

私達が新型第1号になりましょう!
じゃ、駆け引きなしでいきます!


 子供が生まれ、今のクルマも車検切れとなることからミニバンへの買い替えを検討。家族会議の結果「スライドドアで走りが良い≒背の高くないクルマが良い」ということで、オデッセイが本命に浮上しました。
 8月上旬、ホンダを訪問。すると「オデッセイは11月にマイナーチェンジをする。現行モデルはすでにオーダーストップ」とのことです。モデルチェンジ前のクルマを大幅な値引きで購入しようという目論見はあえなく外れてしまいました(笑)。
 担当セールスさんは物腰柔らかで親身に対応してくれます。子育てと車検切れ間近というこちらのニーズに沿った提案をいくつもしてくれました。新型に関しても一般解禁前の情報をこっそりと教えてくれました。
 こうした誠実で信頼のおける対応に私も妻も「この人から購入したいね!」という意見で一致。交渉セオリーでは他店・他車と競合させるところですが、このセールスさん一本に絞って交渉を進める方針としました。
 10月に入ると、セールスさんから「新型の先行予約が開始されます」との連絡をいただいたため、すぐさま商談を再開しました。ボディカラーやオプションなどひと通り決めたところで、
「もう新型オデッセイのオーダーは入っていますか?」
「系列店では1台入ったようですが、当店ではまだですね」
「では、良い条件をいただけたら、私達がお店の第1号になりましょう!」
「Xさんには夏からお待ちいただいているので駆け引きするつもりはありません。限界をご提示します」
 一発回答で、車両本体から20万8000円引き、付属品40万5350円から10万3830円引きの合計31万1830円! こちらから何もいわないのに納車費用もカットしてありました。最後にお約束のガソリン満タンをお願いすると、
「ガソリンは会社の方針でできないのですが、かわりにカタログギフト(3000円相当)とJAFの年会費1年分をサービスで付けます」
 新型の先行オーダーとしては、とても満足いく条件を出してもらえました。なお、これまで乗ってきたクルマは下取り査定額より高値を付けてくれた買い取り専門店に売却しました。

値引き採点 4
オデッセイは昨年末の“ビッグマイナー”を機に売れ行きが好転し、値引き条件を引き締めています。先行予約の段階でこれだけ取れれば文句なしの特上クラスでしょう。新潟県という地域性からすると、採点の4は、限りなく5に近いと考えてください。


RAV4から40.8万円引き!

TOYOTA RAV4
ハイブリッドG(4WD)
トータル値引き 40.8万円
値引き率 9.7%
From広島県

“締め日の夕方”は無理がきく!?
41万円+高取り+移設サービス!


 狙いはRAV4。トヨタ同士の競合にもち込む作戦です。
 初見のトヨタA店へ。値引きは20万円。8年落ちのプリウスαは走行距離が12万8000kmでボディにヘコミもあったため10万円とのこと。
 続いてトヨタB店へ。プリウスαを購入した店だけに下取り額はなんと35万円! 値引きも一発回答29万4000円。契約を迫られたが態度を保留。
 数日後、今回の本命、トヨタC店へ。セールスさん(若いが、やり手)とはイベントで知り合ってから、義母と義兄を紹介。その後、義母が2台、義兄が3台を購入しているため、大幅な値引きが期待できる。
 担当さんも私と同様に3人の子持ち。まずは子育て話で盛り上がる。同行した三男もポケモン話で盛り上がる(笑)。
 これまでの経過を伝えると、トヨタB店とC店は資本が同じグループ会社と判明。一瞬、ドキッとしたが、屋号が違うので競合は大丈夫とのこと。
「Xさんにはたいへんお世話になっているので頑張ります! 明日が今月の締め日なので、思い切った条件を出します」
 帰宅後、妻に買い替えを申し出るとすんなりゴーサイン。
 翌日、まずはトヨタB店へ。最終条件をお願いするが、C店の存在を気にして、はっきりした数字を提示してこない。結局、「縁があったらまた来ます」。
 夕方、トヨタC店へ。「ご希望の数字は?」と訊いてきたのでちょっと無理かな?と思いつつ、360万円をぶつける。すると、奥に引っ込んでなかなか戻ってこない。「揉めているのかな」と心配になる。
 待つこと30分。戻ってきたセールスさんの表情は暗い。
「360万円は無理でした。363万円でどうでしょうか?実は、B店の下取り35万円は信じられないくらい高いんです。でも、なんとか同じにします」
「では、下取り車に装着しているプレミアムホーンをRAV4にサービスで移設してください。それで決めます」
 OKとなったので決定。最終的な値引き条件は車両本体と付属品31万1300円から40万8010円となっていた。

値引き採点 5
トヨタ同士の競合を上手にあおっています。とくに「本命店を後回しにして、ズバリと攻めている」ところに注目してください。値引き額と値引き率で評価すると採点は4ですが、下取り額の35万円は破格です。“合わせ技”で5としました。


提供元:月刊自家用車

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ