ホンダ Google と車載向けコネクテッドサービスで協力

車の最新技術 [2021.09.24 UP]

ホンダ Google と車載向けコネクテッドサービスで協力

Hondaロゴ

 ホンダは9月24日、Google LLC(以下、Google)と車載向けコネクテッドサービスで協力することを発表した。
 2022年後半に北米で発売する新型車にコネクテッドサービスを搭載し、その後、順次グローバルに展開していく予定としている。

> ホンダの中古車一覧はこちら

> ホンダの新車見積もりはこちら

ホンダとGoogleのコラボレーションでユーザーに寄り添う車載ソリューション提供

 ホンダとGoogleは、2015年から自動車業界全体でAndroidプラットフォームの自動車への導入に向けて協力を続けてきた。
 その成果として、2016年発売のアコードより「Android Auto」の搭載を開始し、スマートフォン機能をドライバー向けに最適化させることで、安全かつ快適に利用できるUX(ユーザーエクスペリエンス)を提供してきた。
 今回、Google との新たな協業を開始することで、UXのさらなる進化を図り、ホンダのコネクテッド技術とGoogleの先進技術のコラボレーションにより、「移動」と「暮らし」をシームレスに繋ぐことで、ユーザーに寄り添う車載ソリューションを提供していくという。

 今回の協業に際し、ホンダの執行職 モビリティサービス事業本部長を務める高見聡氏は「ホンダの強みである先進的な四輪開発技術とGoogleの強みである革新的なIT技術の融合により、世界中のお客様に移動と暮らしの新たな価値を提供できることを大変うれしく思います。今後も、従来の自動車業界の常識に囚われず、モビリティの変革に対してスピーディに取り組み、新たな価値創造にチャレンジしていきます」とコメントしている。

「移動」と「暮らし」をシームレスに繋ぐ新機能

 今回の協力体制によって、車載向けコネクテッドサービスとして以下の機能が提供される。

音声アシスタント

 車内のディスプレイオーディオに搭載された「Google アシスタント」により、ドライバーは道路から目を離さず、且つハンドルを持ったままで、音声による操作で簡単に用事を済ませることが可能に。
 メッセージの送信や経路案内、メディアや車両機能、対応するスマートホームデバイスの操作が行える。

ナビゲーション

 「Google マップ」を統合することで、スマートフォン等で日頃使い慣れた、パーソナライズされたGoogleマップが車載ディスプレイオーディオでも使用可能となる。
 さらに、Googleに話しかけることで、運転をしながら自宅までのナビゲーションや到着予定時刻の共有、最寄りのガソリンスタンドやEV充電スタンドの検索、店舗の営業時間の確認などがスムーズかつ安全に操作できるようになる。

車載用アプリケーション

 「Google Play」では、お気に入りのアプリを簡単に楽しんだり、ダウンロードしたりすることが可能に。
 また、スマートフォンを使わずに車内から直接、音楽やポッドキャスト、オーディオブックを聴くこともできるようになる。
 豊富な車載用アプリケーションによって、ユーザーへより快適な移動の時間を提供する。

> ホンダの中古車一覧はこちら

> ホンダの新車見積もりはこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部
この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました