車種別・最新情報 [2022.04.26 UP]

新車購入必勝ガイド×10【6】スイフトスポーツ

いまや国産モデルに明確なハズレはないが、
できればお得なクルマを狙いたい。
そんな想いに応えるべく、新車購入のプロが選出した
「今、お買い得な10モデル」をピックアップ。
新車選びの参考にしてください。

●解説:渡辺陽一郎

SUZUKI スイフトスポーツ

●価格帯:201万7400〜208万8900円

圧倒的なコスパの良さが光る
スポーツ系なら最有力候補に

 スポーツモデルといえばGR86やロードスターを連想するが、これらの売れ筋価格帯は280〜350万円に達する。買い得な印象はない。
 そこでスイフトスポーツに注目したい。専用に開発された直列4気筒1.4ℓターボエンジンを搭載して、サスペンションにはモンロー製のパーツを使う。外観はエアロパーツを装着して全幅は1735㎜に拡大され、3ナンバー車になった。17インチアルミホイールなども装着する。内装では、シートなどをスイフトスポーツ専用に仕上げた。衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、サイド&カーテンエアバッグも標準装着され、装備も充実させている。
 これだけの内容を備えて、価格は200万円少々だから買い得だ。1.2ℓのノーマルエンジンを搭載するベーシックなスイフトも、スポーティなRSを用意するが、スイフトスポーツとの価格差は24万円弱に収まる。スイフトRSと比べても、スイフトスポーツの割安感が良く分かる。
 しかもスイフトスポーツは実用性も高く、後席は少々狭いが、大人4名の乗車は可能だ。最小回転半径は5.1mに収まり、混雑した街中でも運転しやすい。手ごろな価格と実用性の高さもあって多くのユーザーの共感を呼んでいる。

【モデルプロフィール】

スイフトをベースに開発されたスポーツモデルで、エンジンは直列4気筒1.4ℓターボを搭載する。6速MTの設定があることも魅力だ。6速MTの価格は201万7400円と割安で、スイフトの販売総数の内、約50%をスポーツが占めている。

【試乗インプレ】

1.4ℓターボは実用回転域の駆動力が高く、6速MTはギヤ比も適度だ。ターボエンジンなどを搭載しながら、車両重量は1トン以下に収まり、仮に挙動が乱れても運転の難しい状態には陥りにくい。初心者からベテランドライバーまで、軽快な運転感覚を味わえる。

主要諸元(標準仕様 2WD)
●全長×全幅×全高(㎜):3890×1735×1500 ●ホイールベース(㎜) :2450 ●車両重量(㎏):970 ●パワーユニット:1371㏄直4DOHCターボ(140PS/23.4㎏・m) ●WLTCモード燃料消費率 (総合モード):17.6㎞/ℓ ●ブレーキ:ベンチレーテッドディスク(F)ディスク(R) ●サスペンション:マクファーソン式(F)トーションビーム式(R) ●タイヤ:195/45R17

【オススメグレード】標準仕様(MT)

スイフトをベースにしたスポーツモデルであり、グレードは1種類だ。駆動方式も前輪駆動の2WDに限られる。トランスミッションは6速のMTとATを設定した。6速の有段式ATも、無段変速のCVTとは違うダイレクト感の伴う走りを味わえる。オプションの全方位モニター用カメラパッケージは、5万2800円で装着できる。

内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ