車種別・最新情報 [2022.01.21 UP]

どうして新型レンジローバーがSUVのなかでも特別扱いされるのか【九島辰也】

文●九島辰也 写真●ランドローバー

 レンジローバーがフルモデルチェンジしました。5世代目です。ランドローバーを代表するモデルですから注目は高いと思われます。個人的にも大好きなモデルで、これまでもたくさん取材してきました。歴代モデルの試乗はもちろん、本国の生産ラインやイースナーやソリハルにあるオフロードのテストコースにも足を運んでいます。英国式のオフローダーとはいったいどんなものか、昔は興味津々でしたから。

アメリカンSUVとは違うキャラクター性を持つイギリスのSUV

 “英国式”と表現したのは、“アメリカ式”はお手のものだったからです。アメリカで行われるジープのイベント、「ジープジャンボリー」や「ジープサファリ」などに参加していましたし、90年代は何台もジープを所有していました。聖地ルビコントレイルで行われるジープジャンボリーはすごいです。山岳コースはわずか16キロですが、およそ二日間かかりますから。コースといっても道はありませんし。ランチボックスはヘリコプターが運んできます。

 レンジローバーを有するランドローバーですが、そもそもこのブランドもジープの影響のもと生まれました。アメリカ軍がヨーロッパに残していったウィリスMBやフォードGPWが基本にあります。それまでヨーロッパにはこの手のクルマはありませんでしたから、無ければつくるしかありませんよね。で、そこに目をつけたのがローバー社の役員だったわけです。ランドローバーの歴代モデルを1948年型のシリーズ1〜3と乗りましたが、ジープに似たところはたくさんありました。

 レンジローバーは1970年に生まれました。それまでのオフローダーをもう少し乗りやすいものに仕上げるという目的です。初期モデルは3ドア。今思うとそれほど大きくはありませんし、ラグジュアリーといったイメージもそれほどありません。時として、「レンジローバーは初代からアルミボディで造られるほどラグジュアリーである」、みたいなことが語られますが、それは間違いです。当時の生産ラインは元航空機の工場だったため、鉄板ではなくアルミの加工機器が置かれていたのがその要因です。まぁ、そのくらいの都市伝説が生まれるほどレンジローバーは注目されているんですね。

「電動化」、「3列シート仕様」、「新プラットフォーム」など話題の多い新型レンジローバー

新型レンジローバー

 閑話休題。さて、新型ですが、トピックスはたくさんあります。エクステリアデザインもそうですし、電動化となるプラグインハイブリッドモデルの追加や、3列シートのロングホイールベースなどもそうです。まったく新しいアーキテクチャーを採用しているのもそう。MLA-Flexと呼ばれるのがそれで、ねじれ剛性は従来型よりなんと50%も向上しています。しかもあらゆるパワートレインに対応しているのがミソ。内燃機関、プラグインハイブリッド(PHEV)、さらには2024年にリリースされる完全な電気自動車(BEV)にも採用されます。まさに時代に見合った対応力ですね。

 また、ホイールベースも長くしたり短くしたりフレキシブルに対応しています。なので、このアーキテクチャーでもっとコンパクトなモデルがつくれます。これ以降各モデルがフルモデルチェンジするたびにMLA-Flexが使われるのは明白です。となると、BEVの広がりも早いかも。

 パワーソースは3リッター直6ディーゼルターボと同排気量のガソリンエンジンにモーターを組み合わせたプラグインイブリッド、4.4リッターV8ツインターボからスタートします。プラグインハイブリッドには2種類の出力があります。魅力的なのはやはりV8エンジンの存在です。これまでの5リッターからダウンサイジングされていますが、最高出力は530psと上がっています。電動化が叫ばれていますが、ガソリンエイジの我々にはたまりません。

新型レンジローバー

 といった概要ですが、やはり注目なのはこのエクステリアデザインですよね。同ブランドのチーフクリエイティブオフィサーであるデザイナーのジェリー・マクガバンの作品です。ウインドウとボディ接合部のこだわりはすごいです。ほぼフラットというか、シームレスです。それに全体的に彼らしさを強く感じさせます。二枚目ですよね。とてもクールです。モダンデザインが好きで自宅のファニチャーまでデザインしてしまう彼の個性が光ります。とにかく、シンプルながらかっこよさを追求すると言ったところでしょう。ちなみに、スーツはいつもビスポーク。サヴィルローのヘンリープールの顧客だとか。う〜ん、羨ましい〜。

 ということで、あとは試乗の機会を待つばかり。できれば本国に渡って英国式のオフロードコースをトライしたいですね。そんな日が来るのを楽しみにしています。

ランドローバー レンジローバーの中古車を探す
  • 本体価格:1429.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2021年
  • 走行距離 : 1.4万km
  • 車検: 検6.3
  • 本体価格:1148万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2020年
  • 走行距離 : 1.4万km
  • 車検: 検5.3
  • 本体価格:1400万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2020年
  • 走行距離 : 3.0万km
  • 車検: 検5.6
  • 本体価格:1499.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2020年
  • 走行距離 : 0.1万km
  • 車検: 検5.12
  • 本体価格:1658万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2019年
  • 走行距離 : 1.4万km
  • 車検: 検4.9
  • 本体価格:548万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2013年
  • 走行距離 : 5.5万km
  • 車検: 検4.7
  • 本体価格:788万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2015年
  • 走行距離 : 5.3万km
  • 車検: 検4.6
  • 本体価格:690万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2014年
  • 走行距離 : 5.1万km
  • 車検: 車検整備付
  • 本体価格:1800万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2021年
  • 走行距離 : 0.4万km
  • 車検: 検6.4
  • 本体価格:1450万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2021年
  • 走行距離 : 0.9万km
  • 車検: 検6.3
  • 本体価格:1699.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2021年
  • 走行距離 : 0.2万km
  • 車検: 検6.6
  • 本体価格:1799.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2021年
  • 走行距離 : 0.6万km
  • 車検: 検6.3
  • 本体価格:759.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2014年
  • 走行距離 : 2.5万km
  • 車検: 検5.2
  • 本体価格:578万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2013年
  • 走行距離 : 6.1万km
  • 車検: 車検整備付
  • 本体価格:1255万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2018年
  • 走行距離 : 4.9万km
  • 車検: 検5.11
  • 本体価格:1219.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2019年
  • 走行距離 : 2.7万km
  • 車検: 車検整備付
  • 本体価格:648万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2014年
  • 走行距離 : 5.4万km
  • 車検: なし
  • 本体価格:1545万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2019後
  • 走行距離 : 1.3万km
  • 車検: 検4.12
  • 本体価格:1185万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2020年
  • 走行距離 : 4.3万km
  • 車検: 検5.1
  • 本体価格:1239.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2020年
  • 走行距離 : 0.8万km
  • 車検: 検5.9
  • 本体価格:1110万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2018年
  • 走行距離 : 3.1万km
  • 車検: 車検整備付
  • 本体価格:758万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2016年
  • 走行距離 : 6.7万km
  • 車検: 車検整備付
  • 本体価格:678万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2015年
  • 走行距離 : 6.4万km
  • 車検: 検5.1
  • 本体価格:528万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2016年
  • 走行距離 : 14.5万km
  • 車検: 検5.9
  • 本体価格:1059.9万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2017年
  • 走行距離 : 2.9万km
  • 車検: 検4.11
  • 本体価格:1168万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2020後
  • 走行距離 : 3.4万km
  • 車検: 検5.11
  • 本体価格:1380万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2019年
  • 走行距離 : 1.7万km
  • 車検: 検5.6
  • 本体価格:669万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2014年
  • 走行距離 : 2.9万km
  • 車検: 検6.2
  • 本体価格:1398万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2021後
  • 走行距離 : 1.9万km
  • 車検: 検6.2
  • 本体価格:1230万円
  • 車種 : レンジローバー
  • 年式 : 2018年
  • 走行距離 : 2.0万km
  • 車検: 検5.12
九島辰也(くしま たつや)

ライタープロフィール

九島辰也(くしま たつや)

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX(世界文化社 刊)」副編集長、「アメリカンSUV(エイ出版社 刊)」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON(主婦と生活社 刊)」副編集長なども経験する。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。趣味はサーフィンとゴルフの”サーフ&ターフ”。 東京・自由が丘出身。

この人の記事を読む

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX(世界文化社 刊)」副編集長、「アメリカンSUV(エイ出版社 刊)」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON(主婦と生活社 刊)」副編集長なども経験する。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。趣味はサーフィンとゴルフの”サーフ&ターフ”。 東京・自由が丘出身。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ