中古車購入チェックポイント
掲載日:2022.05.02 / 更新日:2022.05.02

中古車の取り寄せは遠方からでも可能?安心して取り寄せするためのポイントを解説

現在、インターネットの普及により、通信販売で購入できる物も増えてきています。しかし、中古車を購入する場合は、近くの販売店に出向いて購入するのが一般的です。

実際のところ、中古車についてもインターネットで購入することが可能なのでしょうか?

この記事では、中古車の取り寄せが遠方でも可能なのか、また安心して取り寄せる方法について詳しく解説していきます。

中古車は遠方からでも取り寄せ可能

中古車購入は近隣の販売店で購入するだけではなく、取り寄せて購入することも可能です。

遠方の販売店で欲しい車が見つかった時に取り寄せる方法は、まずすぐに販売店に連絡をして在庫があるかどうか確認します。そして、遠方でも取り寄せることができるか確認しましょう。

取り寄せが可能であれば、販売店で整備や点検等を行います。その後は、陸送と名義変更を代行する業者に引き渡され、名義変更が完了した段階で、購入者に納車されることになります。

近隣の販売店で購入するよりも手間と時間はかかってしまいますが、もし欲しい車があれば、このような方法もできることを知っておくと良いでしょう。

中古車を取り寄せる3つのメリット

中古車を取り寄せるメリットはどんなところなのでしょう?

欲しい車があれば、近隣ではなくても取り寄せたくなる気持ちも理解できます。しかし、中古車購入を検討している方には、わざわざ遠方で購入する理由が浮かばない方もいるかもしれません。

そういった方は、遠方から車を取り寄せるメリットを知ることで、自分の条件に当てはまれば選択肢の一つになる可能性もあります。

ここからは、中古車を取り寄せるメリットを3つ詳しく解説していきます。

メリット①条件に合った車を全国から探せる

近隣の販売店であれば、好みの車の在庫がないケースもあり、種類や数などにも限界があります。

しかし、取り寄せる場合は全国から好みの車を探せるので選択肢も多くなり希望に沿った1台を見つけられる可能性が高いという点はメリットです。

全国各地にチェーン店を持っている大型販売店であれば、独自の流通ルートを確保していることが多く、ほとんどの場合取り寄せることが可能です。また、ディーラーは同系列のディーラーからの取り寄せに対応しています。

取り寄せ購入が可能かどうかは事前に問い合わせて確認しましょう。

メリット②希少価値の高い車を選択できる

発売した時に不人気車で生産台数が少なかった車は、年数が経った後にレアな車として希少価値が高まる場合もあります。中古車市場でも在庫が少ない状態なので、希望条件に合う車が少なくなります。

特に20年以上経った車種で走行距離も少ない状態、内装や外装の程度も良好であれば、希少価値も高いです。もしそのような車があれば、すぐに在庫を確認するのが望ましいでしょう。

希少価値が高い車は、全国的に探すことで見つかるケースもあります。どうしても欲しい車であれば、取り寄せすることも必要になります。

メリット③流通量が少ないカラーやオプションを選べる

比較的流通量が多い車であれば、近隣で見つかることも多いでしょう。

しかし、年式が新しい車であっても流通量が少ないボディカラーやオプションを装備している車を見つけるのは、なかなか困難です。そのため、探す際には全国各地で検索する必要があります。

ボディカラーで需要が多い4色は「ブラック」「ホワイト」「パールホワイト」「シルバー」です。落ち着きがあり好印象を与え、誰でも乗りやすいカラーは、中古車市場でも回転率が高いので流通量も多いと言えます。

しかし、車のスタイルによって定番色でない限定カラー、マニュアル車やサンルーフ付きなどは、新車購入時に受注生産されていなければ、中古車市場に出回りません。そのため、広く販売店を見ていくことで取り寄せることができるかもしれません。

中古車を取り寄せる5つのデメリット

希少価値の高い中古車は全国各地で探す必要がありますが、その際に取り寄せるときのデメリットもあります。それを知っておくことで、事前に準備できることもあるでしょう。

ここからは、中古車を取り寄せる際のデメリットを5つ詳しく解説していきます。

デメリット①輸送する際に費用がかかる

デメリットの1つ目は、取り寄せる車を輸送するのには費用がかかるということです。

自分の住んでいる地域から遠くなればなるほど、車を運搬する際の費用負担が大きくなります。

中古車サイトで検索を行い、安く購入できたとしても、輸送費も踏まえておく必要があります。

輸送費が高額になることで、近隣で購入できる金額とあまり変わらない状態であれば、近くで中古車を購入したほうがいいかもしれません。

例えば、東京を拠点とした時、車の陸送費の目安は以下の通りになります。(車の大きさや車種によっても変動はありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。)

・東京〜横浜  約20,000円
・東京〜名古屋 約35,000円
・東京〜大阪  約40,000円
・東京〜福岡  約57,000円
・東京〜北海道 約83,000円
・東京〜沖縄  約95,000円

さらに陸路を使う場合と船舶を利用する場合でも、価格は大きく変動します。

基本的に陸送する業者は販売店に委託されて行う場合が多いため、直接陸送業者に依頼するよりも費用は割高になります。

デメリット②納車に日数がかかる

デメリットの2つ目は、納車に日数がかかることです。

通常、中古車の引取りから納車までは、1週間~2週間程度かかるのが一般的です。

しかし、遠方で中古車を購入した場合、車を取り寄せなければなりません。東京都を起点とした場合、大阪府からだと約4日、福岡県からだと約5〜6日、北海道や沖縄県だと約6日〜7日の陸送日数が通常よりも追加で必要です。

そして、陸送の繁忙期は2月〜4月と12月です。その際は、車を引取るために1週間程度かかることもあります。

また、中古車を購入した際、納車にはナンバープレートの交付が必要です。ナンバープレートを交付するためには、管轄の運輸支局で名義変更手続きを行うことになります。その手続きのため、最短でもさらに2~3日程度日数を要してしまいます。

時期にもよりますが、早めの納車を希望する方にとっては不都合かもしれません。

デメリット③納車前にキャンセルがしにくい

デメリットの3つ目は、納車前にキャンセルがしにくい点が挙げられます。

遠方から取り寄せる場合、納車までの段取りとして陸送を行わなければなりません。そのため、県外から中古車を購入する際は陸送費や運搬費がかかります。

陸送前であれば無料でキャンセルできるかもしれません。しかし、運搬後にキャンセルをすることになれば、往復の陸送費用とキャンセル料を支払わなければいけない恐れがあります。

期間としていつまでなら無料でキャンセルできるのか、事前に販売店に確認しておくのも一つの手です。

もし、キャンセルしなければならない状況になった時には、早急に連絡をすることが望ましいでしょう。

デメリット④現物を見て状況判断がしにくい

デメリットの4つ目は、中古車の現物を見て判断できない点です。

中古車は車の程度が一つ一つ異なるので、購入する前に自分の目でどのような状態か判断することが大切です。

しかし、取り寄せる際はネット上に掲載されている車両画像だけでは完全に確認することは困難だと言えます。そのため、販売店とのメールなどのやり取りと写真確認程度になってしまい、リスクが伴います。

さらに、納車された時にイメージと異なっていた際は、トラブルに発展する可能性もあります。

販売店とのやり取りは慎重に行い、傷やへこみの箇所やエンジン内の状況などの詳細を細かく聞き取り、画像共有で事実確認を怠らないことが必要です。

デメリット⑤購入後のアフターを受けるところを探す必要性

デメリットの5つ目は、購入後のメンテナンスが行えるところを自分で探す必要があるということです。

遠方の販売店でアフターサービスを受けることは、距離の問題から難しいでしょう。そのため、定期的な点検や整備をするためには、自分の住む地域で選ぶ必要があります。

実際、契約上にある無料サービスも活用できないケースがあります。そのため、購入後の保証やメンテナンスを手厚く実施してほしいと考えているのなら、遠方からの取り寄せるのはデメリットが大きいと言えるでしょう。

ただし、ディーラー系販売店はメーカーが同系列であればアフターサービスを手厚く受けることが可能です。

また、全国展開をしている大型販売店であれば、メンテナンスも充実しているケースもあるので、中古車購入後のアフターサービスについても販売店に相談しておくことをおすすめします。

中古車を取り寄せる方法

先ほどまで中古車を取り寄せるメリットとデメリットについて解説してきました。

一長一短がある取り寄せですが、実際どのような方法で行えば良いのでしょう?お気に入りの1台を見つけた時の取り寄せる順序を知っておくと、今後の購入時に役立ちます。

ここからは、中古車を取り寄せする方法についてその流れを詳しく解説していきます。

1.条件に合う中古車を探す

まず、購入したい車の条件を明確にしておくことが大切です。具体的に購入した後どのように使用するかを明確にしておくと、希望条件の車を見つけやすくなるでしょう。

そして、車種、走行距離、予算を事前に考えておき、選択する中古車の基準を決めておきます。

それから、中古車サイト等で検索をしていくと、数ある在庫の中から絞り込むことが可能になります。

遠方で販売されている中古車の中には、近くの販売店よりお得な車があるかもしれません。同程度の価格で、車の状態が良かったり、グレードの高い車を探せたりすることも十分あります。

そのため、地域を問わず複数の車を比較検討することで、条件に合う中古車を選べる可能性も高くなるでしょう。

2.取り扱い店舗に問い合わせる

欲しい車が見つかった場合は、すぐに販売店に問い合わせることをおすすめします。他の中古車販売店を見てから連絡するのは避けましょう。

なぜなら、取り寄せのケースでは販売店も取り置きをしてくれないことが多いからです。もし似たような条件で中古車を探している方がいれば、交渉を先にされてしまう可能性が高くなります。

欲しい車が見つかれば、すぐに問い合わせて在庫があるかどうか確認することが得策です。

また、遠方からの購入であることをしっかり伝えておくと、その後の手続きを円滑に進めることができるでしょう。

3.見積もりを依頼

問い合わせした際に、見積もりを依頼します。その際に注意しておきたいのは、取り寄せを行うために輸送費がどれだけかかるか確認しておくことです。

基本的に販売店から取り寄せる場合、販売店は陸送する業者に委託することになります。そのため、市場価格よりも高くなるケースが一般的ですので、しっかり確認しておきましょう。

また、車の状況がどのようになっているか、細部を確認することも重要です。特に取り寄せの際は実物を見ることができないことが多いため、車の外観や内装・不具合箇所を細かく画像やメール、電話等で確認しておいてください。

4.必要書類の準備を行い契約手続き

見積もりを確認した上で購入したいとなれば、商談を行い売買契約手続きをします。

売買契約に関する書類は、一般的に郵送で送られてきて記入することになります。必要書類の準備を事前に行い、売買契約書などの書類を返送します。

それ以外のやり取りは基本メールと電話になるでしょう。そのため、手続き前に名義変更の手順を聞いておくことをおすすめします。業者によって、名義変更を自分で行うケースと販売店が代行して行うパターンがあるからです。

手続き終了後は料金を支払います。支払方法については、一括かローンを選択できるケースが一般的です。現金購入も可能な場合が多いですので、販売店に確認しておきましょう。

5.納車日の調整と納車時のチェック

手続きが終了すると、最後は納車です。納車場所は業者によっても異なりますので、事前に確認をしておくことをおすすめします。

販売店から指定された場所に取りに行くか、自宅まで納車されるかは、売買契約書に記載されているので事前に見ておきましょう。

引取場所で納車されたら実物の車を見て、イメージ通りであるか細部まで確認することがポイントです。

中古車の取り寄せ購入が向いている方

中古車の取り寄せについて解説してきましたが、取り寄せ購入に向いているのはどのような方なのでしょう?

取り寄せに向いている方の条件は主に3つあります。

①車の知識に長けている方

中古車購入をする時に性能や状況を把握するには、経験も必要です。様々な車を見ている目の肥えた方は、車の良し悪しをすぐに判断することができます。

そのため、販売店とのやり取りの中で車の状態も把握しやすくなるでしょう。

②登録済み未使用車を探している方

登録済み未使用車とは、ディーラーで展示用等として、新規登録された車です。別の言い方では新古車とも呼ばれます。

全く走行していない状態で、傷も少ないことから、新車を購入するよりも安い値段で購入することが可能です。

ほぼ新車として取り扱える状態ですので、性能差も少なくハズレがない点では、取り寄せでもメリットは活かされます。

③希少価値のある車を探している方

年式の古い希少価値のある車を探していると、在庫自体が少ないこともあり、なかなか見つけることが難しい場合が多いです。そのため、コレクションとして集めている方は全国各地から探していく必要があります。

そのような目的が明確であれば、中古車の取り寄せ購入が向いていると言えるでしょう。

取り寄せ購入後のトラブルに注意

実際に車を取り寄せて購入した後、トラブルになるケースがあります。それは、すぐに故障してしまったり、外装が思ったより傷ついていた場合などが挙げられます。

トラブルにならないためにも、販売店とのやり取りは直接契約する場合よりも綿密に行いましょう。

車の傷やへこみなどがある場合は、箇所を事前に確認することはもちろんのこと、画像でも詳細を確認させてもらえるよう依頼することが大切です。

また、トラブルを回避するためには信頼できる販売店であるか、評判なども確認しながら進めていくようにしましょう。

販売担当者が細かく車の状況を説明してくれたり、取り寄せの実績がある販売店であったりすれば、購入時のリスクを最小限に抑えることに繋がる可能性が高いと言えます。

まとめ

①車は遠方からでも取り寄せは可能で、インターネットなどで条件を検索すると探すことができる

②中古車を取り寄せするメリットは「希少価値の高い車を探せる」「流通量が少ないカラーやオプションを選べる」といった点がある

③中古車を取り寄せするデメリットは「輸送費がかかる」「納期日数がかかる」「現物判断がしにくい」「納品前のキャンセルがしにくい」「メンテナンス工場等の確保が必要」などがある

④中古車を取り寄せる際には販売店との連絡を密に取りあってトラブルの回避をすることが重要

⑤車の知識に長けている方、登録済み未使用車を探している方、希少価値のある車を探している方にとっては、取り寄せることのメリットは高い

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ