防弾仕様のメルセデスGL 見た目ノーマルですべてが分厚い!

車のエンタメ [2018.03.01 UP]

防弾仕様のメルセデスGL 見た目ノーマルですべてが分厚い!

 日本ではほとんどなじみがありませんが、治安の悪い国では銃撃に耐えられる防弾車両というクルマの需要があります。そして、なかには軍用車両のように「いかにも!」な見た目の防弾車両もありますが、多くの防弾車両は見た目にはそれとわからないように作られます。理由は、防弾車両だと周囲に知られると「要人やお金持ちが乗っている」という目印になってしまうからです。そう、普通のクルマに紛れるように作るわけです。

 本日お届けするのは、メルセデス・ベンツGLの紹介映像です。防弾車両ってこうなっているんだ! とわかる映像になっています。

 見た目は普通のベンツ。それ以外にはなにも感じません。

 しかしドアを開けて窓枠を見ると……なんか厚い。見た目ではよくわかりませんが、ドア下部の内側も強化して弾を貫通させないようにできているわけですね。

 窓ガラスはびっくり! なんという厚さでしょう! 

 あ、リヤクォーターウインドウがひとまわり小さいですね。

 室内を見まわすと窓枠にボリュームがあること以外にノーマル車との違いはあまり感じないような……。

 そしてテールゲート周辺がなんだか普通ではありません! 窓も小さいですし。

 車両の後ろに回ってテールゲートを開けると、「ドアinドア」状態。 標準仕様にはない「ドア」が装甲になっているわけですね。

 ちなみにこういった防弾車両は防弾性能によっていくつかのレベルがあるのだそうですが、大掛かりなものは車両重量が重くなりすぎて動力性能が不足気味になるとか。極端な例ですが、「ビースト」と呼ばれるアメリカ大統領の専用車は軍用装甲車なみの防護性能を備えるために約8トンというとてつもない重量で、最高速度は100km/hほどしか出ないそうです。燃費も3km/Lを下回ると言われています。

参照元:Jorge Villalta(YouTube)

「メルセデス・ベンツ GLクラス」の中古車を探すならこちら!

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました