横浜ゴム「ジオランダー」装着車が米国の過酷なオフロードレースでワンツーフィニッシュの記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 車のエンタメ > 車のエンタメ > 横浜ゴム「ジオランダー」装着車が米国の過酷なオフロードレースでワンツーフィニッシュ

車のエンタメ [2021.04.20 UP]

横浜ゴム「ジオランダー」装着車が米国の過酷なオフロードレースでワンツーフィニッシュ

4800クラスで優勝したCody Young選手の参戦車両

4800クラスで優勝したCody Young選手の参戦車両


 横浜ゴム(株)のSUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」装着車が、4月3日〜4日に米国・ユタ州で行われた「2021 King Shocks Area BFE Beatdown」の4800クラスでワンツーフィニッシュを飾った。同レースはオフロードレースの中でも過酷な「ULTRA4 Racing」のウエストシリーズの開幕戦で、4800クラスには20台以上の車両が参戦した。

 「ULTRA4 Racing」はウルトラ4ビークルズと呼ばれるオープンバキーによるレースで、デザートコースからロッククローリングまで様々なコースが用意され、悪路でのスピードとテクニック、持久力などがハイレベルで要求される。「King Shocks Area BFE Beatdown」は岩場が多く高低差のある1周6マイル(約10km)のコースで、4800クラスはこのコースを5周する計30マイル(約48km)で競われた。「GEOLANDAR M/T G003」は優れた耐久力と走破性で、Cody Young選手(1位)とDavid Hartman選手(2位)の勝利を足元から支えた。

 「GEOLANDAR M/T G003」はあらゆるオフロード路面で高い走行性能を発揮するとともに、優れたロングライフ性能を追求。また、オフロード感を強調した逞しくアグレッシブなデザインを実現している。「GEOLANDAR」シリーズの高いオフロード性能は様々なレースで実証されており、近年は2018年にグアムの「APL SMOKIN’ WHEELS 2018」で優勝、2019年にオーストラリア最大級のオフロードレース「Tatts Finke Desert Race」でクラス優勝、2020年に北米最大級のオフロードレース「Best In The Desert 2020」の最終レース「BlueWater Desert Challenge」で総合優勝している。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る