クルマ グーネット

高知県の車買取・中古車無料査定サービスを行う車買取業者一覧

  1. 中古車
  2. 車買取・中古車査定・車売却
  3. 車買取店検索トップ
  4. 高知県の無料車買取査定店舗一覧

高知県の車査定・車買取店一覧

高知県の車査定・車買取店情報です。都道府県、市区町村、メーカー、車種名で店舗を検索できます。レビュー評価や成約実績で並び替えも可能!あなたにピッタリの車査定・車買取店がきっと見つかります。

都道府県都道府県
メーカー・車種メーカー・車種
地元・高知の地域密着店です!即日現金買取!輸入車・トラック等全車種OK!お気軽にご相談下さい。
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
9:30〜18:30
定休日
年中無休(年末年始を除く)
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:30〜18:30
無料電話0078-6060-01739
高知県の車高価買取はビッグモーター!!無料査定相談、大歓迎です!お気軽にお問い合わせください
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
9:00〜20:00
定休日
年中無休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:00〜20:00
無料電話0078-6060-01399
直営のオークション会場からリサイクル部門までの運営で無駄なコストを削減し、高価買取を実現します!
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
金曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-05264
【安心の東証プライム上場】愛車を高く売りたい方、ぜひご相談ください。出張査定(無料)もスピード対応♪
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00 ※火曜日のみ10:00〜17:30
定休日
定休日なし
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-04180

高知県近郊の車買取業者

シーボーイ屋島店より移転統合リニューアルオープン!無駄なコストを削減し、高価買取を実現します!
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
金曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-09568
楽天のクルマ専用オークションセンターです!オークションで愛車を高価買取!強化エリア拡大中!
総合評価
4.8
査定価格
5.0
車両引渡し
4.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
9:30-18:00
定休日
年中無休(年末年始、お盆休みを除く)
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:30~18:00
無料電話0078-6060-04602
当店は値段にバラつきのあるとされる「輸入車」も得意です☆熱血査定にご期待下さい!
総合評価
5.0
査定価格
5.0
車両引渡し
5.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
無休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-02245
高額査定だから選ばれています!!無料査定は、ガリバー高松中央通り店へ
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜20:00
定休日
木曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜20:00
無料電話0066-9686-93937

市区町村から車査定・車買取店を探す

高知県の特徴

47の都道府県がある日本。それぞれの地域で気温や気候、道路の広さなどが異なります。各都道府県の特徴について、人口や自然·産業などの側面から改めて確認しておくことで、車の買取を考える際の参考にすることができるかもしれません。今回は、高知県の自家用車普及率、駐車場事情やガソリン代、買取相場ランキングなどをご紹介します。

■人口、世帯数、平均所得
四国地方の南半分を占める高知県は、豊かな森林と青い海が特徴です。海の国というイメージが強い一方、土地のおよそ85%が緑に囲まれている山国でもあります。県土面積は約71万haで、47都道府県中18番目の広さとなっており、四国地方の4県では最も広い面積です。自治体のホームページで確認したところ、総人口は68万2,170人で、世帯数は31万4,156世帯(2022年1月1日時点)となっていました。

また、政府の統計ポータルサイトe-Statで確認したところ、一人あたりの県民所得は年額約257万円と四国地方の他県と同程度で、全国1位である東京都の約半分という結果になりました。共同住宅数は8万9,000戸以上なのに対し、一戸建住宅数は21万3,000戸以上と、一戸建住宅のほうが多い結果となりました。第一種運転免許普通免許取得者数は5万1,997人(2016年時点)で、47都道府県を対象にしたランキングでは45位と、かなり下位にランキングされています。自家用車での通勤通学は全国最下位となっており、他の項目と同様、人口の低さが大きく影響しているのかもしれません。

■地理的特性や気候
高知県の北部は四国山地をはさんで愛媛県や徳島県と接しており、南部には太平洋が広がっています。高知県を流れる主要河川はいずれも四国山地から南下して太平洋に流れており、吉野川や四万十川、仁淀川などがあります。高知県の気候は夏に雨が多く、冬に雨が少ない太平洋性気候に属しています。ほとんどの台風が高知県付近を通る可能性が高く、1934年の室戸台風や1961年の第2室戸台風などによって甚大な被害が発生したことは、全国的に知られています。また、年間の雪日数が3日と全国では30位(2019年データ)となっており、全国的にみても雪の日が少ない県となっているようです。

■道路事情
高知県内を通る高速道路は愛媛県に至る高知自動車道だけですが、他県との県境が山岳地のため、主要国道の一部がバイパス化されているのが特徴です。例として、国道55号線の高知東部自動車道や国道56号線の須崎道路、国道33号線の高知松山自動車道があります。その他、高速道路計画空白地域を補完する阿南安芸自動車道、四万十市と宿毛市をむすぶ中村宿毛道路なども高知県内を通っている道路です。道路の平均交通量は47都道府県中46位と、島根県に次ぐ少なさとなっていました。

■産業別就業者数
2015年の高知産業別就業数の割合は第1次産業3万6,923人、第2次産業5万3,755人、第3次産業22万2,070人となっています。他県と同様に第3次産業の就業者が多いものの、他県に比べて就業者数はどの産業も少なめです。

第3次産業の中でも、運輸·郵便業の1万1,000人以上や卸売·小売業の5万人以上など、自動車を利用する機会の多い業種が比較的高い割合を占めていました。

高知県の自家用車普及率

■100世帯あたり自動車保有台数ランキング
100世帯あたりの自動車保有台数は112.8台で、高知県は47都道府県中35番目と低い数字となっていました。全国平均の104.3台をわずかに上回るものの、それほど大きな差はありません。全国最下位となる東京都の42.4台と比較すると2.5倍以上の保有台数となるものの、四国地方の4県の中で比較してみると、最も少ない数字となっているようです。

出典)
一般社団法人日本自動車工業会 保有台数ランキング

■県全体の自動車保有台数
軽自動車や貨物車、二輪車なども全て合わせた高知県全体の自動車保有台数としては、2021年3月末時点で56万3,703台という数値が公表されています。これは四国地方の4県で最も少なく、全国全体の0.7%ほどしかありません。全国的に見ても少ない数字となっており、中国地方の鳥取県の46万台以上や島根県の55万台以上よりは多いものの、高知県は下から3番目の少なさとなっていました。

出典)
日本自動車整備振興会連合会 都道府県別·車種別自動車保有台数

■EV保有台数
高知県内でEVを取得した際に補助金を交付した台数としては、2009年度から2019年度までの10年間で合計626台となっていました。2009年ではわずか8台しか販売されなかったEVですが、2011年には一気に65台に増えています。その後は2013年の86台がピークで、2014年以降数年は60台前後を推移。2017年と2018年は70台を超えたものの、2019年には57台と下降気味となっています。日本は脱ガソリン車を目指しているので、EV保有台数は今後も増加していくと考えられますが、過去10年の状況を見ると他県よりは緩やかに伸びていく傾向にありそうです。

出典)
一般財団法人次世代自動車復興センター

高知県の駐車場事情とガソリン代

高知県における駐車場事情やガソリン代など、車を所有する上で気になるポイントを確認しておきましょう。

■駐車場
国土交通省公表の「都道府県別駐車場数」のデータによれば、高知県内に整備されている駐車場は264箇所、駐車可能台数は1万6,742台(2020年3月末時点)となります。また、コインパーキングに関しては、210箇所(2015年時点)を設置。車室数で見ると5,100車室となるようです。

出典)
一般社団法人日本パーキングビジネス協会 コイン式自動車駐車場市場に関する 『コイン式自動車駐車場市場に関する実態分析調査2015版 』

■ガソリン代(レギュラー、ハイオク、軽油)
高知県内における燃料代の平均ですが、経済産業省の石油製品価格調査によると1Lあたりの単価として以下の数値(2022年1月17日時点)が公表されています。

レギュラー:175.7円
ハイオク:185.7円
軽油:153.7円

ちなみに全国平均はそれぞれ、以下のとおりです。
レギュラー:168.4円
ハイオク:179.2円
軽油:148.2円

全国平均と比較してみると、高知県のガソリン代はすべて全国平均より5円以上高い結果となりました。

高知県の買取り相場検索ランキング

自動車の買取額をある程度把握するため、査定依頼前に相場をあらかじめ検索しておくユーザーも少なくありません。高知県内で買取相場の検索回数が多いモデルとしては、以下のデータがあります。

1 アルファード トヨタ 6.75%
2 タント ダイハツ 2.49%
3 エクストレイル 日産 1.76%
4 ヴォクシー トヨタ 1.70%
5 プリウス トヨタ 1.46%
6 N-BOXカスタム ホンダ 1.34%
7 セレナ 日産 1.34%
8 ノア トヨタ 1.28%
9 ヴェゼル ホンダ 1.28%
10 ワゴンRスティングレー スズキ 1.28%

このうち、1位から5位までのモデルの特徴や買取価格の相場を見ていきましょう。

1位 アルファード

■メーカー
トヨタ

■車種概要
アルファードはトヨタにラインアップされるミニバンの中でも、姉妹車のヴェルファイアとともに最上級ミニバンとして位置づけられている車種です。「豪華·勇壮」というデザインテーマのもと開発されたため、エクステリアやインテリアに高級感があります。また、車内は広々とした室内空間となっており、大人数で乗車しても十分なスペースが確保されています。

■装備
アルファードは豪華装備が充実しており、本革巻きステアリングや合成皮革を多用したドアトリムなどが採用されています。また、2列目シートに関してはグレードによる個性がみられ、アルファードの最上級グレードであるエグゼクティブラウンジシートには快適温熱機能やベンチレーション機能を搭載しているのが特徴です。

■買取価格相場
26万6,000円~630万7,000円(全国平均)

2位 タント

■メーカー
ダイハツ

■車種概要
スーパーハイトワゴンタイプの軽乗用車であるタントは、従来のハッチバックやハイトワゴンよりもルーフが高くなっているのが特徴です。スライドドアが採用されているため、乗降性が優れているほか、使い勝手も向上しています。軽乗用車とは思えないほどの室内空間が広がり、後部座席もゆったりと座ることが可能です。

■装備
タントには、ダイハツの予防安全機能としてスマートアシストが採用されています。この機能により、衝突事故を予防するとともに事故発生時の被害を最小限に食い止めることが可能です。現行モデルでは、車両とスマートフォンをつなぐダイハツコネクト機能をオプションで追加できます。これにより、事故対応のサポートや車両の位置情報提供など利便性の高さも向上しました。

■買取価格相場
3万2,000円~166万7,000円(全国)

3位 エクストレイル

■メーカー
日産

■車種概要
エクストレイルは、日産車の売れ筋モデルのひとつに数えられるクロスオーバーSUVです。アウトドアなどでの使用にも優れており、防水加工のされたラゲッジルームやセンサーに足をかざすだけでバックドアが開閉するリモコンオートバックドアなどの装備も搭載しています。躍動感あふれるスタイルや上質なインテリアといった外観だけにとどまらず、タフな路面状況に応える機能性も持ち合わせているのが特徴です。

■装備
エクストレイルの現行モデルには、運転支援機能としてプロパイロットを備えたグレードがあります。特に、360°セーフティアシストという機能は、全車に標準装備されている装備です。また、四輪駆動システムのインテリジェント4×4を搭載するなど機能面も充実しています。さらに上級グレードには、ルーフレールやダークグレーグリルなどのSUVらしさを強調するパーツも装着されました。

■買取価格相場
3万円~303万7,000円(全国平均)

4位 ヴォクシー

■メーカー
トヨタ

■車種概要
ヴォクシーはトヨタのミディアムクラスミニバンにあたる車種で、ノアとは姉妹車の関係にあります。ノアがファミリー向けの無難なデザインになっているのに対し、ヴォクシーは比較的若いパパをターゲットにして開発されました。そのため、スポーティーかつアグレッシブな一台に仕上がっているのが特徴です。

■装備
ヴォクシーには若々しさを強調するエアロパーツが標準で装着されており、ノアと異なるキャラクターが際立っています。トヨタの安全機能であるToyota Safety Senseも搭載されており、ドライバーの安全なドライブをサポート。さらに、リヤシートの居住性にもこだわっており、シートヒーターが座面を温めてくれるため、冬のような寒い時期でも車内で快適に過ごすことができます。

■買取価格相場
3万2,000円~297万7,000円(全国平均)

5位 プリウス

■メーカー
トヨタ

■車種概要
プリウスは、世界初の量産型ハイブリッドカーとして誕生しました。ハイブリッドシステムに加え、電気式4WDとしてE-Fourなどを搭載するなど、走行性能も保有。また、振動や騒音を抑える高剛性ボディも採用されているため、静寂性にも優れているのが特徴です。

■装備
プリウスの一部グレードに装備されているカラーヘッドアップディスプレイは、運転に必要な情報をフロントガラスに投影させる機能です。そのため、ドライバーはわざわざ視線を動かす必要がありません。また、現行モデルのプリウスでは、トヨタのコネクティッドサービスであるT-Connectにも対応しているため、24時間365日オペレーターサービスを利用することが可能です。

■買取価格相場
3万5,000円~263万9,000円(全国平均)

※本記事は、2022年1月時点の情報になります。現在の相場価格と異なる可能性がございます。
クルマ・バイク関連サービス
グループサイト
PROTO データを未来の知恵に