クルマ グーネット

徳島県の車買取・中古車無料査定サービスを行う車買取業者一覧

  1. 中古車
  2. 車買取・中古車査定・車売却
  3. 車買取店検索トップ
  4. 徳島県の無料車買取査定店舗一覧

徳島県の車査定・車買取店一覧

徳島県の車査定・車買取店情報です。都道府県、市区町村、メーカー、車種名で店舗を検索できます。レビュー評価や成約実績で並び替えも可能!あなたにピッタリの車査定・車買取店がきっと見つかります。

都道府県都道府県
メーカー・車種メーカー・車種
徳島県の車高価買取はビッグモーター!!無料査定相談、大歓迎です!お気軽にお問い合わせください
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
9:00〜20:00
定休日
年中無休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:00〜20:00
無料電話0078-6060-09671
高額査定だから選ばれています!!無料査定は、ガリバーへ
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜20:00
定休日
年末年始休日:12月25日〜12月31日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜20:00
無料電話0078-6060-01681

徳島県近郊の車買取業者

★SUVと言えばグッドスピード★ SUV・4WDを高価買取します!GOODプライスで高価買取!
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
定休日なし
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-04426
高価買取実施中!無料出張査定も行っております☆まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
総合評価
4.9
査定価格
4.9
車両引渡し
5.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
不定休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-02730
当店は値段にバラつきのあるとされる「輸入車」も得意です☆熱血査定にご期待下さい!
総合評価
5.0
査定価格
5.0
車両引渡し
5.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
無休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-02245
シーボーイ屋島店より移転統合リニューアルオープン!無駄なコストを削減し、高価買取を実現します!
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
金曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-09568
【選ばれるにはワケがある!】輸入車やSUVの圧倒的な買取実績!グーネット買取レビューアワード連続受賞
総合評価
5.0
査定価格
5.0
車両引渡し
5.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
9:30〜19:00
定休日
水曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:30〜19:00
無料電話0078-6060-03570

市区町村から車査定・車買取店を探す

徳島県の特徴

47の都道府県がある日本。それぞれの地域で気温や気候、道路の広さなどが異なります。各都道府県の特徴について、人口や自然·産業などの側面から改めて確認しておくことで、車の買取を考える際の参考にすることができるかもしれません。今回は、徳島県の自家用車普及率、駐車場事情やガソリン代、買取相場ランキングなどをご紹介します。

■人口、世帯数、平均所得
徳島県は四国地方に属しており、鳴門海峡の渦潮や400年の伝統を受け継いだ阿波踊りなどが有名です。徳島平野や那賀川平野を除いては、全体的に山地が多い地形となっています。県土面積は約41万haで、47都道府県中36番目の広さです。自治体のホームページで確認したところ、総人口は71万585人で、世帯数は30万8,461世帯(2021年12月1日時点)となっていました。

また、政府の統計ポータルサイトe-Statで確認したところ、一人あたりの県民所得は年額約297万円(2016年度)となっています。共同住宅数が8万戸以上あるのに対し、一戸建住宅数は21万5,000戸以上と約2.5倍多いことがわかりました。第一種運転免許普通免許取得者数は、6万2,924人(2016年時点)で、47都道府県を対象にしたランキングでは44位と下位niです。自家用車での通勤通学は全国45位となっており、こちらも日本全体では下位に位置しています。

■地理的特性や気候
徳島県は県内の約80%を山地が占めており、周囲は剣山、次郎、三嶺、一ノ森などの山地に囲まれているのが特徴です。また、山岳部から吉野川、勝浦川、那賀川などの水量が豊富な河川が流れており、豊かな水資源として水田地帯を支えています。そんな徳島県内の気候は、四国山地の北側と南側で大きく異なるのが特徴。北部は瀬戸内気候を有しており、一年を通して温暖な気温が続き全国的に見て少雨地域です。一方で、南部は太平洋気候を有しており、山岳地帯では日本でも有数の多雨地域となっています。台風や梅雨の季節には、記録的な降水量を記録した事例があるほどです。また、山間部では沿岸部と比較して気温の変動が大きく、冬季には大雪の被害が発生するなど、複雑な気象条件による以前災害が報告されています。また、年間の雪日数が6日と全国では24位(2019年データ)となっており、積雪量はそこまで多くありません。

■道路事情
徳島県内には四国縦貫·横断自動車道が整備されており、四国四県を結ぶ重要な役割を果たしています。また、神戸淡路鳴門自動車や本四道路が開通したことにより、本州と四国が陸路で結ばれたため、物流などのアクセス範囲が拡大しています。道路の平均交通量は47都道府県中38位と、比較的下位の部類に入っているようです。

■産業別就業者数
2015年の徳島産業別事業者数の割合は第1次産業2万8,086人、第2次産業8万79人、第3次産業22万3,895人となっており、第3次産業が圧倒的に多いようです。

第3次産業の中では、卸売業·小売業が5万人以上、運輸業·郵便業が1万3,000人以上と物流に携わる業種の割合が多くなっています。

徳島県の自家用車普及率

■100世帯あたり自動車保有台数ランキング
100世帯あたりの自動車保有台数は135.8台となっており、徳島県は47都道府県中22番目と比較的中間に位置しているようです。これは全国平均の104.3台よりも約1.3倍多く、全国最下位となる東京都の42.4台の約3倍の値となっています。一方、四国地方の4県で比較してみると、最も多い結果となりました。

出典)
一般社団法人日本自動車工業会 保有台数ランキング

■県全体の自動車保有台数
軽自動車や貨物車、二輪車なども全て合わせた徳島県全体の自動車保有台数としては、2021年3月末時点で62万227台という数値が公表されていました。これは、全国合計の約1%に達していません。また、四国地方の4県の中では高知県に次いで2番目に少ない台数となっています。同じ四国地方の中で最も多い愛媛県と比較すると、その差は40万台以上にも及んでいました。

出典)
日本自動車整備振興会連合会 都道府県別·車種別自動車保有台数

■EV保有台数
徳島県内でEVを取得した際に補助金を交付したEV車の台数としては、2009年度から2019年度までの10年間の合計は659台となっていました。2009年の徳島県ではわずか12台しかなかったEVですが、2012年には一気に90台に増えています。その後は年々増加しているものの、2013年の92台をピークに増減を繰り返している状態です。2017年には82台に増えましたが、その後は再び下降気味となっています。ただし、日本は脱ガソリン車とディーゼル車を目指している動きがあるので、徳島県でもEV保有台数は今後増加していくものだと予想されます。

出典)
一般財団法人次世代自動車復興センター

徳島県の駐車場事情とガソリン代

徳島県における駐車場事情やガソリン代など、車を所有する上で気になるポイントを確認しておきましょう。

■駐車場
国土交通省公表の「都道府県別駐車場数」のデータによれば、徳島県内に整備されている駐車場は230箇所、駐車可能台数は1万4,955台(2021年3月末時点)となります。また、コインパーキングに関しては190箇所(2015年時点)を設置。車室数で見ると、5,600車室となるようです。

出典)
一般社団法人日本パーキングビジネス協会 コイン式自動車駐車場市場に関する 『コイン式自動車駐車場市場に関する実態分析調査2015版 』

■ガソリン代(レギュラー、ハイオク、軽油)
徳島県内における燃料代の平均ですが、経済産業省の石油製品価格調査によると1Lあたりの単価として以下の数値(2022年1月13日時点)が公表されています。

レギュラー:167.8円
ハイオク:175.6円
軽油:143.1円

ちなみに全国平均はそれぞれ、以下のとおりです。
レギュラー:166.5円
ハイオク:177.3円
軽油:146.4円

全国平均と比較してみると、徳島県内のガソリン代はレギュラーは少し高いですが、ハイオクと軽油は安くなっているようです。

徳島県の買取り相場検索ランキング

自動車の買取額をある程度把握するため、査定依頼前に相場をあらかじめ検索しておくユーザーも少なくありません。徳島県内で買取相場の検索回数が多いモデルとしては、以下のデータがあります。

1 アルファード トヨタ 4.65%
2 ランドクルーザープラド トヨタ 2.52%
3 プリウス トヨタ 2.02%
4 タント ダイハツ 1.80%
5 N-BOX カスタム ホンダ 1.58%
6 S660 ホンダ 1.55%
7 ヴェルファイア トヨタ 1.55%
8 アルファードハイブリッド トヨタ 1.48%
9 ムーヴ ダイハツ 1.30%
10 ヴェゼル ホンダ 1.30%

このうち、1位から5位までのモデルの特徴や買取価格の相場を見ていきましょう。

1位 アルファード

■メーカー
トヨタ

■車種概要
トヨタのミニバンのフラッグシップモデルとして2002年に登場したアルファード。初代から「豪華·勇壮」をコンセプトに開発され、ミニバンとしては珍しい高級車として注目を集めました。メッキを散りばめたフロントグリルが特徴です。ファミリー層から絶大な支持を受けている車ですが、最近は知事などが使う公用車や社用車としても利用される機会も増えてきています。

■装備
現行モデルの3代目では、トヨタの予防安全機能のToyota Safety Senseを全車に標準装備にしているため、従来よりも格段に安全性能が向上しているのが特徴です。また、アルファードのサードシートには、左右両サイドに跳ね上げて格納することが可能なスペースアップ機能を採用しています。これにより、広い収納スペースを確保することが可能です。

■買取価格相場
26万6,000円~630万7,000円(全国平均)

2位 ランドクルーザープラド

■メーカー
トヨタ

■車種概要
ランドクルーザープラドは、トヨタの本格オフロードモデルです。オフロードの走破性は勿もちろん、オンロードでの快適性も兼ね備えているのが特徴。163馬力の2.7L直列4気筒DOHCエンジンを搭載するガソリンモデルと204馬力の2.8Lクリーンディーゼルエンジンを搭載するディーゼルモデルが設定されています。

■装備
現行モデルの4代目では、他のトヨタ車と同様Toyota Safety Senseの機能が向上し、より高い安全性を確保しています。また、上級グレードでは高級感をいっそう引き立てる本革シートや本革巻きステアリングが標準装備となりました。最上級グレードのTZ-GではリアにトルセンLSDが採用され、オフロード、オンロード共にトラクション性能の向上が期待できます。

■買取価格相場
45万7,000円~496万1,000円(全国平均)

3位 プリウス

■メーカー
トヨタ

■車種概要
プリウスは世界初の量産型ハイブリッドカーとして、トヨタから発売されました。現行モデルとなる4代目からはプリウスシリーズ初となるフルタイム4WDシステムのE-Fourが登場。これにより、悪路や滑りやすい雪道が想定されるシーンでも高い走破性を発揮します。

■装備
現行モデルのプリウスには、衝突回避支援機能であるToyota Safety Sense Pが装備されています。これはミディアムクラス以上の車に搭載される安全装備で、単眼カメラとミリ波レーダーなどが組み合わせられているのが特徴です。主な機能として、プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどが搭載されており、安全性を向上させています。

■買取価格相場
3万5,000円~263万9,000円(全国平均)

4位 タント

■メーカー
ダイハツ

■車種概要
ショートノーズと高い全高が特徴的な軽自動車であるタントは、ダイハツから2003年に登場しました。初代から現行モデルの4代目まで採用され続けているスライドドアと助手席側のピラーを取り除いたレイアウトとなっています。優れた乗降性に加え、広々とした居住空間がファミリー層に人気の一台です。

■装備
タントに搭載されている便利な装備のひとつに、一部グレードを除き標準またはオプション装備されるパワースライドドアがあります。これにより、ドアに触れることなく開閉させることが可能です。さらに、ダイハツの予防安全機能であるスマートアシストも採用されています。衝突回避支援や認識支援、運転負荷軽減、駐車支援の4つの支援の中から、最大で17種類の安全機能を搭載することが可能です。

■買取価格相場
3万2,000円~166万7,000円(全国平均)

5位 N-BOX カスタム

■メーカー
ホンダ

■車種概要
N-BOX カスタムは、Nシリーズ第一弾のN-BOXにエアロパーツを装備した軽乗用車として、2011年に販売が開始されました。2017年にフルモデルチェンジが実施され、現在は2代目となっています。最大の魅力は、快適な車内空間です。シートアレンジの自由度が高いので、ファミリー層から絶大な人気を集めています。

■装備
N-BOX カスタムでは、現行モデルの2代目からホンダの安全運転支援システムであるHonda SENSINGが全車で標準装備されるようになりました。これにより、安全性能が先代よりも大きく向上しています。同時に全グレードでLEDヘッドライトも標準装備されたので、オートハイビーム機能により夜間も安心して運転できるようになっています。

■買取価格相場
30万円~179万2,000円(全国平均)

※本記事は、2022年1月時点の情報になります。現在の相場価格と異なる可能性がございます。
クルマ・バイク関連サービス
グループサイト
PROTO データを未来の知恵に