クルマ グーネット

鳥取県の車買取・中古車無料査定サービスを行う車買取業者一覧

  1. 中古車
  2. 車買取・中古車査定・車売却
  3. 車買取店検索トップ
  4. 鳥取県の無料車買取査定店舗一覧

鳥取県の車査定・車買取店一覧

鳥取県の車査定・車買取店情報です。都道府県、市区町村、メーカー、車種名で店舗を検索できます。レビュー評価や成約実績で並び替えも可能!あなたにピッタリの車査定・車買取店がきっと見つかります。

都道府県都道府県
メーカー・車種メーカー・車種
高額査定だから選ばれています!!無料査定は、ガリバーへ
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜20:00
定休日
年中無休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜20:00
無料電話0078-6060-03246
ローンご返済中でも買取可能!即日現金払いも出来ます!お気軽にお問い合わせください!
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日曜日・祝日・年末年始・GW・お盆
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:00〜18:00
無料電話0078-6060-05112
【安心の東証プライム上場】愛車を高く売りたい方、ぜひご相談ください。出張査定(無料)もスピード対応♪
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00(火曜日のみ10:00〜17:30)
定休日
定休日なし
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-00755

鳥取県近郊の車買取業者

高価買取実施中!無料出張査定も行っております☆まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
総合評価
4.9
査定価格
4.9
車両引渡し
5.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
不定休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-02730
【即日買取 近畿圏出張無料査定】グー買取兵庫県口コミ数No1オートパークコミュニティ大阪支店オープン
総合評価
4.9
査定価格
5.0
車両引渡し
4.8
連絡・対応
5.0
おすすめ度
4.8
営業時間
10:00〜20:00
定休日
不定休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜20:00
無料電話0078-6060-04820
■西宮市山口町、国道176号線沿いのオレンジ色の建物が目印!出張査定もおこなっております!■
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
火曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-08101
【安心の東証プライム上場】愛車を高く売りたい方、ぜひご相談ください。出張査定(無料)もスピード対応♪
総合評価
4.8
査定価格
5.0
車両引渡し
4.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜19:00 ※火曜日のみ10:00〜17:30
定休日
定休日なし
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-07240
シーボーイ屋島店より移転統合リニューアルオープン!無駄なコストを削減し、高価買取を実現します!
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
金曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-09568

市区町村から車査定・車買取店を探す

鳥取県の特徴

47の都道府県がある日本。それぞれの地域で気温や気候、道路の広さなどが異なります。各都道府県の特徴について、人口や自然·産業などの側面から改めて確認しておくことで、車の買取を考える際の参考にすることができるかもしれません。今回は、鳥取県の自家用車普及率、駐車場事情やガソリン代、買取相場ランキングなどをご紹介します。

■人口、世帯数、平均所得
鳥取県は中国地方の日本海側に位置し、山陰地方の東側を占めています。鳥取県は47都道府県の中で最も人口の少ない県で、その数は全国のどの政令指定都市とくらべても少なく、県内の市の数も4市と47都道府県中最少です。県土面積は約35万haで、47都道府県中41番目となっており、全国でも7番目に小さい県となっています。自治体のホームページで確認したところ、総人口は54万7,850人、総世帯数は22万440世帯(2021年12月1日時点)となっていました。

また、政府の統計ポータルサイトe-Statで確認したところ、一人当たり県民所得は年額約240万円(2016年時点)となっています。共同住宅数が5万4,000戸以上であるのに対し、一戸建住宅数は15万2,000戸以上と、一戸建住宅のほうが3倍ほど多いようです。第一種運転免許普通免許取得者数は、4万7,251人(2016年時点)で、47都道府県を対象にしたランキングでは47位の最下位となっています。自家用車での通勤通学は全国46位となっており、こちらも全国最下位の高知県に次いで下から2番目のランクとなりました。

■地理的特性や気候
鳥取県は県境に中国山地があり、標高1,200m級の急峻な山々が連なっています。その山々を水源として東から千代川、天神川、日野川の三大主要流域を形成しており、これらは鳥取県の重要な水源地帯です。さらにその下流には、鳥取、倉吉、米子という平野が広がっています。鳥取県は県内のほぼ全域が日本海側気候に属し、さらに県内のほぼ全域が豪雪地帯に指定されている県です。そのため、冬は曇りの日や雨、雪の日が多くなります。ただ、春と秋は好天の日が多く、夏は南風によるフェーン現象で猛暑日になることもありますが、熱帯夜になる日はあまりありません。また、年間の雪日数は38日で全国12位(2019年データ)となっており、中国地方では最も多い日数となっています。

■道路事情
県内を走る高速道路は鳥取自動車道や米子自動車道、山陰自動車道、山陰近畿自動車道など比較的多く、国道は9号や29号をはじめとした道路が複数走っています。普段はそれほど混雑しませんが、観光シーズンのときには鳥取砂丘周辺の道路で渋滞が発生することがあるようです。道路平均交通量は47都道府県中41位と、こちらのランキングもかなり下位となりました。

■産業別就業者数
2015年の鳥取産業別事業者数の割合は第1次産業2万4,671人、第2次産業5万9,764人、第3次産業18万7,826人となっており、第3次産業の就業者が圧倒的に多くなっています。

第3次産業の中でも、運輸·郵便業の1万1,300人以上や卸売·小売業の4万1,200人以上など、自動車を利用する業種の割合が高いようです。

鳥取県の自家用車普及率

■100世帯あたり自動車保有台数ランキング
100世帯あたりの自動車保有台数は145.4台で、鳥取県は47都道府県中14番目とわりと上位の数字となっていました。この数字は全国平均の104.3台の約1.4倍で、全国最下位となる東京都の42.4台の3倍以上の保有台数となっています。中国地方の5県で比較すると、最も多い保有台数を誇っているようです。

出典)
一般社団法人日本自動車工業会 保有台数ランキング

■県全体の自動車保有台数
軽自動車や貨物車、二輪車なども全て合わせた鳥取県全体の自動車保有台数としては、2021年3月末時点で46万7,730台という数値が公表されています。この数字は47都道府県中最も少ない数値です。中国地方の5県で最多となる広島県との差は、145万台以上にも及びます。しかし、鳥取県が全国で最も人口の少ない県であることを考えると、この数値は当然といえるかもしれません。

出典)
日本自動車整備振興会連合会 都道府県別·車種別自動車保有台数

■EV保有台数
鳥取県内でEVを取得した際に補助金を交付した台数は、2009年度から2019年度までの10年間で合計493台。2009年の補助金の交付台数は6台でしたが、2010年以降から徐々に台数を伸ばしはじめます。しかし、2012年の86台をピークにしてその後は増減を繰返し、近年は50台前後で推移しています。全国的に見ても過去10年間の交付台数は、鳥取県が最も低い台数となっているようです。とはいえ、世界では脱ガソリン車を目指しているので、鳥取県でもEV車の保有台数は徐々に増えていくと予想されます。

出典)
一般財団法人次世代自動車復興センター

鳥取県の駐車場事情とガソリン代

鳥取県における駐車場事情やガソリン代など、車を所有する上で気になるポイントを確認しておきましょう。

■駐車場
国土交通省公表の「都道府県別駐車場数」のデータによれば、鳥取県内に整備されている駐車場は40箇所、駐車可能台数は9,303台(2020年3月末時点)となります。また、コインパーキングに関しては100箇所(2015年時点)を設置。車室数で見ると、5,900車室となるようです。

出典)
一般社団法人日本パーキングビジネス協会 コイン式自動車駐車場市場に関する 『コイン式自動車駐車場市場に関する実態分析調査2015版 』

■ガソリン代(レギュラー、ハイオク、軽油)
鳥取県内における燃料代の平均ですが、経済産業省の石油製品価格調査によると1Lあたりの単価として以下の数値(2022年1月4日時点)が公表されています。

レギュラー:161.9円
ハイオク:173.1円
軽油:148.2円

ちなみに全国平均はそれぞれ、以下のとおりです。
レギュラー:170.0円
ハイオク:175.4円
軽油:144.6円

全国平均と比較してみると、鳥取県の場合、レギュラーとハイオクは安くなっていますが、軽油は高くなっているようです。

鳥取県の買取り相場検索ランキング

自動車の買取額をある程度把握するため、査定依頼前に相場をあらかじめ検索しておくユーザーも少なくありません。鳥取県内で買取相場の検索回数が多いモデルとしては、以下のデータがあります。

1 プリウス トヨタ 2.95%
2 ハリアー トヨタ 2.43%
3 ランドクルーザープラド トヨタ 2.29%
4 アルファード トヨタ 2.25%
5 ノート 日産 2.03%
6 タント ダイハツ 1.98%
7 フィット ホンダ 1.72%
8 エスクァイア トヨタ 1.63%
9 アルトラパン スズキ 1.59%
10 セレナ 日産 1.59%

このうち、1位から5位までのモデルの特徴や買取価格の相場を見ていきましょう。

1位 プリウス

■メーカー
トヨタ

■車種概要
トヨタが世界に先駆けて実用化し、1997年に発売したのがハイブリッドカーであるプリウスです。初代は、5ナンバーサイズの4ドアセダンとして誕生しました。その後、2003年の2代目へのフルモデルチェンジを機に4ドアセダンから5ドアハッチバックへと変更。日本市場では、3ナンバーとして登録されています。現在は4代目を迎え、2017年には誕生20周年を記念した特別仕様車も販売されました。

■装備
プリウスにはさまざまなグレードが設定されており、グレードによって搭載される装備が異なっているのが特徴です。現行モデルでは、低燃費を追求したモデルで必要最低限の装備しか搭載していない標準グレードのE、基本装備が充実したグレードのS、エアコンからナノイーを発生させる装備を標準装備したAなどが設定されています。

■買取価格相場
3万2,000円~262万1,000円(全国平均)

2位 ハリアー

■メーカー
トヨタ

■車種概要
ハリアーは、高級クロスオーバーSUVという新たな市場を開拓した先駆者的なモデルです。1997年に誕生し、高級セダンの快適な乗り心地とSUVの機動性や機能性を兼ね備えています。2003年から10年ほど設定された2代目では、ハイブリッドモデルのハリアーハイブリッドという派生モデルも設定されていました。直近では2020年にフルモデルチェンジが行われ、現行モデルが4代目を迎えています。

■装備
ハリアーには、電気式4WDシステムのE-Fourが採用されました。これはモーターで車輪を駆動するシステムで、加速したときや滑りやすい道路などでスムーズに4WDに切り替えることが可能。また、安全装備としては、トヨタ独自の安全機能であるToyota Safety Senseを全車に標準装備しました。

■買取価格相場
3万円~434万9,000円(全国平均)

3位 ランドクルーザープラド

■メーカー
トヨタ

■車種概要
ランドクルーザープラドは、トヨタの大型SUVとして1990年に誕生しました。オフロードの走破性だけでなく、オンロードでの快適な走行性能を追求した本格的なSUVであり、高い人気を誇ります。力強い動力性能を発揮しつつ、優れた燃費性能を両立している一台です。

■装備
ランドクルーザープラドの特徴は、先進機能を数多く採用していることです。例えば、トヨタの衝突回避支援システムであるToyota Safety Senseは全車に標準装備されています。ヘッドランプにはLEDを採用しており、夜間でも優れた視認性の確保が可能。エアバッグに関しても通常のSRSエアバッグだけでなく、SRSサイドエアバッグやSRSカーテンシールドエアバッグなども装備され、万全の安全装備となっています。

■買取価格相場
46万9,000円~500万4,000円(全国平均)

4位 アルファード

■メーカー
トヨタ

■車種概要
アルファードは、トヨタで販売されているミニバンの中で最上位に位置付けられています。大空間高級サルーンというコンセプトで開発され、高級感を強く打ち出した充実の装備が搭載されました。TNGAプラットフォームの採用により、低重心化されており、操作性にも優れているのが特徴です。

■装備
高級感を強く打ち出しているアルファードには、本革巻きステアリングや合成皮革を多用したドアトリムなどが豪華な装備が数多く搭載されています。また、便利な装備も多く、スマートキーを持って設定した検知エリアに近づくと自動でパワースライドドアが解錠、オープンするウェルカムパワースライドドアも搭載。両手が荷物で塞がっている状態でも、自分でドアを開ける必要がありません。

■買取価格相場
22万7,000円~629万4,000円(全国平均)

5位 ノート

■メーカー
日産

■車種概要
今や日産を代表するコンパクトカーとなったノート。この車が誕生したのは2005年のことです。初代は競合他社のコンパクトカーにくらべて地味な存在で、今のような人気車種ではありませんでした。人気に火を付けたのは、2016年11月に登場したe-POWER搭載車です。既存のハイブリッドとは一線を画す新たなパワートレインの登場により、一躍人気車種の仲間入りを果たしました。

■装備
ノートに搭載されるe-POWERとは、日産独自のハイブリッドシステムのことです。エンジンで発電した電力をバッテリーに一旦蓄えて、その電力でモーターを駆動して走行します。他社のハイブリッドシステムにくらべて、より電気自動車に近いことが特徴です。このシステムにより、アクセルから足を離すだけでかなり強力なブレーキをかけることが可能となりました。

■買取価格相場
3万2,000円~216万円(全国平均)

※本記事は、2022年1月時点の情報になります。現在の相場価格と異なる可能性がございます。
クルマ・バイク関連サービス
グループサイト
PROTO データを未来の知恵に