クルマ グーネット

和歌山県の車買取・中古車無料査定サービスを行う車買取業者一覧

  1. 中古車
  2. 車買取・中古車査定・車売却
  3. 車買取店検索トップ
  4. 和歌山県の無料車買取査定店舗一覧

和歌山県の車査定・車買取店一覧

和歌山県の車査定・車買取店情報です。都道府県、市区町村、メーカー、車種名で店舗を検索できます。レビュー評価や成約実績で並び替えも可能!あなたにピッタリの車査定・車買取店がきっと見つかります。

都道府県都道府県
メーカー・車種メーカー・車種
【安心の東証プライム上場】愛車を高く売りたい方、ぜひご相談ください。出張査定(無料)もスピード対応♪
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00 ※火曜日のみ10:00〜17:30
定休日
定休日なし
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-04960
和歌山県の車高価買取はビッグモーター!!無料査定相談、大歓迎です!お気軽にお問い合わせください
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
9:00〜20:00
定休日
年中無休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:00〜20:00
無料電話0078-6060-03701
高額査定だから選ばれています!!無料査定は、ガリバー国体道路店へ
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜20:00
定休日
木曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜20:00
無料電話0078-6060-03279

和歌山県近郊の車買取業者

当店は、出張型の車買取専門店です。「NOと言わない対応」を常に心がけております!是非ご相談ください。
総合評価
5.0
査定価格
5.0
車両引渡し
5.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜18:00
定休日
不定休
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜18:00
無料電話0078-6060-02292
★SUVと言えばグッドスピード★ SUV・4WDを高価買取します!
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-09046
スバル車買取専門!直販だからできる高価買取!スバル車以外の買取査定は致しておりませんのでご容赦下さい
総合評価
0.0
(未評価)
査定価格
0.0
車両引渡し
0.0
連絡・対応
0.0
おすすめ度
0.0
営業時間
9:00〜19:00
定休日
日曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(9:00〜19:00
無料電話0078-6060-00960
年式問わず、軽自動車〜輸入車まで、何でもご相談下さい。ご納得の買取価格はユーポス堺浜寺店!
総合評価
4.3
査定価格
2.0
車両引渡し
5.0
連絡・対応
5.0
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
年中無休(年末年始はお休みさせていただきます)
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-07125
年式問わず、軽自動車から輸入車まで、何でもご相談下さい。ご納得の買取価格はユーポス25号八尾店!
総合評価
4.9
査定価格
5.0
車両引渡し
4.8
連絡・対応
4.8
おすすめ度
5.0
営業時間
10:00〜19:00
定休日
月曜日
信頼のグー買取掲載店!カンタン査定申込みはこちら!
入力不要!フリーコールで無料査定(10:00〜19:00
無料電話0078-6060-04629

市区町村から車査定・車買取店を探す

和歌山県の特徴

47の都道府県がある日本。それぞれの地域で気温や気候、道路の広さなどが異なります。各都道府県の特徴について、人口や自然·産業などの側面から改めて確認しておくことで、車の買取を考える際の参考にすることができるかもしれません。今回は、和歌山県の自家用車普及率、駐車場事情やガソリン代、買取相場ランキングなどをご紹介します。

■人口、世帯数、平均所得
和歌山県は近畿地方の西南部に位置し、北は大阪府、東は奈良県と三重県、南は熊野灘と接しています。また、西側には紀伊水道の先に四国の徳島県があります。和歌山県は、日本の半島の中では最大の紀伊半島の西側半分を占めており、その県土面積は約47万haで、47都道府県中30位の大きさとなっています。自治体のホームページで確認したところ、総人口は91万2,041人で、世帯数は39万5,199世帯(2021年12月1日時点)となっていました。

また、政府の統計ポータルサイトe-Statで確認したところ、一人当たり県民所得は年額約294万円となっています。共同住宅数が8万4,900戸以上であるのに対し、一戸建住宅数は28万4,000戸以上と一戸建住宅が圧倒的に多いようです。第一種運転免許普通免許取得者数は、8万4,776人(2016年時点)で、47都道府県を対象にしたランキングでは38位となっています。自家用車での通勤通学は全国42位となっており、和歌山県はいずれも下位のランクとなっているようです。

■地理的特性や気候
和歌山県は県内の約80%を紀伊山地が占めているため平地が少なく、紀ノ川流域の和歌山平野を除けば各河川の河口付近に小さな沖積平野が点在するのみです。紀伊山地は険しい山が多く、護摩壇山を中心に陣ヶ峰や安堵山など1,000m前後の山々で構成されています。そんな和歌山県の気候は、北部が瀬戸内海型気候で、日照時間が長く降水量は少なめ。南部は南海型気候で、黒潮の影響で年間を通して温暖。年間の平均気温は17℃となっています。和歌山県は、台風の上陸数が鹿児島県と高知県に次いで全国で3番目に多く、台風被害の多い県です。また、年間の雪日数が6日と全国では24位(2019年データ)となっており、近畿地方の中では大阪府と並んで下位となっています。

■道路事情
県内を走る高速道路は阪和自動車道と伊勢自動車道の2本。一般道路は国道24号をはじめとして複数存在しています。ただ、和歌山県は県全土の約70%を30°度以上の急傾斜地が占めているため、公道を含めた道路交通網の整備がなかなか進んでいないのが現状です。道路平均交通量は47都道府県中42位と、かなり下位に位置しています。

■産業別就業者数
2015年の和歌山産業別事業者数の割合は第1次産業3万8,997人、第2次産業9万6,639人、第3次産業29万7,145人となっており、第3次産業の就業者が最も多くなっています。

第3次産業の中でも、運輸業·郵便業は2万人弱、卸売業·小売業が6万8,000人以上と物流に携わる事業が多いようです。

和歌山県の自家用車普及率

■100世帯あたり自動車保有台数ランキング
100世帯あたりの自動車保有台数は122.9台で、和歌山県は47都道府県中31番目となっていました。全国平均の104.3台よりは多いものの、全国的にみると低い水準となっています。ただ、全国最下位となる東京都の42.4台と比較すると、3倍近い数字となっているようです。一方、近畿地方の2府5県の中では、三重県、滋賀県に次いで3番目に多い保有台数となっていました。

出典)
一般社団法人日本自動車工業会 保有台数ランキング

■県全体の自動車保有台数
軽自動車や貨物車、二輪車なども全て合わせた和歌山県全体の自動車保有台数としては、2021年3月末時点で75万7,151台という数値が公表されています。この数字は、近畿地方の2府5県の中で最も少ないものです。また、近畿地方で最多の大阪府とは300万台以上の差があります。さきほど上述した「100世帯あたり自動車保有台数ランキング」の結果から考えると、和歌山県全体の自動車保有台数が少ないのは当然といえるのかもしれません。

出典)
日本自動車整備振興会連合会 都道府県別·車種別自動車保有台数

■EV保有台数
和歌山県内でEVを取得した際に補助金を交付した台数は、2009年度から2019年度までの10年間で合計1,198台。2009年の補助金の交付台数は9台でしたが、2012年以降は毎年100台前後で推移しており、2018年の166台をピークに増減を繰り返しているようです。現在、日本では2035年までに脱ガソリン車を目指しています。そのため、EV車の保有台数は今後も増加していくと考えてよいでしょう。

出典)
一般財団法人次世代自動車復興センター

和歌山県の駐車場事情とガソリン代

和歌山県における駐車場事情やガソリン代など、車を所有する上で気になるポイントを確認しておきましょう

■駐車場
国土交通省公表の「都道府県別駐車場数」のデータによれば、和歌山県内に整備されている駐車場は85箇所、駐車可能台数1万6,018台(2020年3月末時点)となります。また、コインパーキングに関しては190箇所(2015年4月時点)を設置。車室数で見ると、3,340車室となるようです。

出典)
一般社団法人日本パーキングビジネス協会 コイン式自動車駐車場市場に関する 『コイン式自動車駐車場市場に関する実態分析調査2015版 』

■ガソリン代(レギュラー、ハイオク、軽油)
和歌山県内における燃料代の平均ですが、経済産業省の石油製品価格調査によると1Lあたりの単価として以下の数値(2022年1月4日時点)が公表されています。

レギュラー:165.9円
ハイオク:176.2円
軽油:144.1円

ちなみに全国平均はそれぞれ、以下のとおりです。
レギュラー:164.7円
ハイオク:175.4円
軽油:144.6円

全国平均と比較してみると、和歌山県はレギュラーとハイオクはわずかに高いものの、軽油に関してはほぼ同等となっているようです。

和歌山県の買取り相場検索ランキング

自動車の買取額をある程度把握するため、査定依頼前に相場をあらかじめ検索しておくユーザーも少なくありません。和歌山県内で買取相場の検索回数が多いモデルとしては、以下のデータがあります。

1 タント ダイハツ 2.79%
2 プリウス トヨタ 2.03%
3 ワゴンR スズキ 2.03%
4 アルファード トヨタ 2.00%
5 N-BOX カスタム ホンダ 1.94%
6 N-BOX ホンダ 1.94%
7 アクア トヨタ 1.62%
8 ヴェルファイア トヨタ 1.59%
9 セレナ 日産 1.52%
10 ハリアー トヨタ 1.46%

このうち、1位から5位までのモデルの特徴や買取価格の相場を見ていきましょう。

1位 タント

■メーカー
ダイハツ

■車種概要
現在、軽自動車の主流となっている軽スーパーハイトワゴンというジャンルを確立したパイオニア、それがタントです。2003年に誕生し、2019年のフルモデルチェンジにより誕生した現行モデルで4代目を迎えました。また、今では当たり前になっているセンターピラーレスとスライドドアの組み合わせをいち早く採用したのもこのタントです。

■装備
タントの装備で有名なのは、タントの代名詞ともいえるミラクルオープンドアで、この装備は全車に標準装備されています。ミラクルオープンドアとは、センターピラーレスとスライドドアを組み合わせたもので、タントがいち早く導入しました。ダイハツの衝突回避支援システムであるスマートアシストⅢも、タントの一部グレードに標準装備されています。

■買取価格相場
3万3,000円~165万5,000円(全国平均)

2位 プリウス

■メーカー
トヨタ

■車種概要
1997年12月に発売を開始し、2015年のフルモデルチェンジにより誕生したプリウス。現行モデルで4代目を迎え、世界に先駆けトヨタが実用化したハイブリッドカーとして位置づけられています。ハイブリッド車ということもり、燃費が良いのが特徴。予備電源としても利用できるので、災害時などにも使用できます。

■装備
プリウスの寒冷地仕様では、寒冷地での使用を考慮してワイパーやヒーターなどの耐久性に優れているのが特徴です。北海道地区などでは、寒冷地仕様が全車に標準装備されています。また、2021年6月以降に販売されたグレードではEグレードを除き、すべてに8インチディスプレイオーディオを標準装備しました。スマホとつなげばアプリを車の中で操作できるほか、ハンズフリー通話などの機能を音声で操作できます。

■買取価格相場
3万2,000円~262万1,000円(全国平均)

3位 ワゴンR

■メーカー
スズキ

■車種概要
軽自動車の概念を変える軽ワゴンタイプという全く新しいジャンルの車として、1993年に誕生したワゴンR。今では主流となっている軽トールワゴンの元祖であり、軽自動車市場に革命を起こした車といっても過言ではありません。今では派生モデルとして、ワゴンRスティングレーやワゴンRスマイルなども登場しています。

■装備
現在ワゴンRは6代目を迎えており、モーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを搭載したグレードが主力となっています。マイルドハイブリッドとは、ISG(モーター機能付発電機)の高出力化とリチウムイオンバッテリーを大容量化したもの。モーターによるクリープ走行と幅広い速度域でエンジンをモーターがアシストすることで燃料の消費を抑え、低燃費を実現しています。

■買取価格相場
3万2,000円~122万3,000円(全国平均)

4位 アルファード

■メーカー
トヨタ

■車種概要
アルファードは大空間高級サルーンをキーワードとして開発された、トヨタのフラッグシップミニバンです。今までにない新しい高級車の概念を創造することを目指して、開発されました。姉妹車のヴェルファイアと並ぶ人気車種のひとつで、メッキを多用したフロントグリルが特徴的なデザインとなっています。

■装備
スマートキーを持って設定した検知エリアに近づくと、自動でパワースライドドアが解錠およびオープンするウェルカムパワースライドドアという機能が搭載されています。荷物で両手が塞がっているときなど自分でドアを開ける必要がないため、便利な装備です。また、安全装備も充実しており、事故自動緊急通報装置やオートライトなども標準装備させています。

■買取価格相場
22万7,000円~629万4,000円(全国平均)

5位 N-BOX カスタム

■メーカー
ホンダ

■車種概要
日本にベストな新しいのりものを創造したいとの思いで、2011年に誕生したN-BOX。発売当初から現在に至るまで、その人気はとどまるところを知りません。N-BOX カスタムは、そんなN-BOXにエアロパーツをセットしたモデルです。基本的な性能に関してはN-BOXと大きな違いはありませんが、デザイン面は異なります。力強いフロントグリルに、ヘッドライトもスタイリッシュで力強い印象です。

■装備
N-BOX カスタムの安全装備に関しては、N-BOXと同じく全車に先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGを標準装備しています。室内空間では、前席にフロントベンチシート、後席にチップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシートを装備したため、多彩なシートアレンジが可能です。

■買取価格相場
30万円~179万2,000円(全国平均)

※本記事は、2022年1月時点の情報になります。現在の相場価格と異なる可能性がございます。
クルマ・バイク関連サービス
グループサイト
PROTO データを未来の知恵に