アバルト グランデプント(ABARTH_GRANDE_PUNTO)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

アバルト グランデプント 2009年6月(平成21年6月) 発売モデル

アバルト グランデプント

サソリのエンブレムをもつ「アバルト」ブランド。「アバルトグランデプント(ABARTHGRANDEPUNTO)」は、フィアットグランデプントをベースとし、1.4Lターボチャージド直列4気筒16バルブエンジンを搭載し、155馬力を発生。今回、さらにパフォーマンスアップさせたアバルトグランデプント「エッセエッセ(esseesse)」をラインナップに加えた。最高出力はアバルトグランデプントと比べ、15%以上もアップした180馬力。ハイパフォーマンス仕様のエンジンECUやフューエルインジェクター、大型のギャレット製ターボチャージャー、そして防塵効果と吸入効率の高さが認められて多くのF-1チームも採用するイタリアのBMC製エアクリーナーを装備。アバルトグランデプントが「SPORTBOOST」ボタンを押すことによってトルク特性を変化させて前記の最大トルクを発生するのに対し、エッセエッセでは常に一定のトルクカーブを描きながら大きなトルクを発生する。しかも、アバルトグランデプントより250rpm低い2,750rpmで最大トルクを発生するため、低速域からいつでも俊敏に加速させる。サスペンションは基本レイアウト(フロント:マクファーソンストラット+アンチロールバー、リア:トーションバー)をそのままに、最適化を図った専用のコイルスプリングとショックアブソーバーを装備し、車高はアバルトグランデプントより15mm低められる。ブレーキにはハイパフォーマンス仕様のパッドを採用するとともに、前後にドリルドディスクローターを装備して冷却効率を高め、制動力と耐フェード性を向上。専用18インチホワイト仕上げアロイホイールとリアのバッジ、クローム仕上げのデュアルスポーツエキゾーストパイプで差別化する。3ドア、4名定員、左ハンドルのみの設定となる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
エッセエッセ ABA-199143 1368cc 3 6MT FF 4名 ----km/l 3,350,000

アバルト グランデプント 2009年2月(平成21年2月) 発売モデル

アバルト グランデプント

新たなハイパフォーマンスカー、「アバルトグランデプント(ABARTH GRANDE PUNTO)」。フィアットグランデプントをベースとし、サーキットレーシングカーを作り上げる、サソリのエンブレムをもつ「アバルト」ブランドからリリースされる。155馬力を発生する1.4Lターボチャージド直列4気筒16バルブエンジンを搭載し、6速マニュアルギアボックスとのコンビネーション。1,725mmへと広がった全幅&広いトレッドと17インチアロイホイール、ボディ両サイドのアバルトのネームが入った赤いストライプ、そして赤のドアミラーや黒のルーフスポイラー。フロントバンパーは専用にデザインされ、ヘッドライトユニットは黒のハウジング。そしてエアインテークはエンジンのクーリングに必要な流量を確保するために開口面積を拡大。さらにサイドスカートとホイールアーチリム、黒のプラスチックアンダーボディが車体下部を形成し、絞り込まれたディフューザーへとつながって空力性能を高める。インストゥルメントパネルの「SPORT BOOST」ボタンでモード切り替え、最大トルクが23.5kgmと10%以上も増大、電動パワーステアリングのセッティングがスポーツフィールに変更される。4輪ディスクブレーキを装備し、フロントはベンチレーテッドディスクにブレンボ製の4ポッドキャリパーの組み合わせとなる。フロントスプリングを20%レートに高め、車高は15mm低くセッティング。インテリアはステアリングホイールとシフトレバーに、ブラックレザーとレッドステッチを取り入れる。3ドア、4名定員、左ハンドルのみの設定となる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード ABA-199143 1368cc 3 6MT FF 4名 ----km/l 2,700,000

アバルト グランデプントの車種カタログ情報ならGoo-net

グーネットお役立ち情報 〜あなたにぴったりな1台を〜