ページ
トップ

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

神奈川県 ポルシェタイカンの中古車を探す

1〜7台

掲載時期 新着順 古い順 支払総額 安い順 高い順 車両本体価格 安い順 高い順 年式 新しい順 古い順 走行距離 少ない順 多い順 排気量 少ない順 多い順 車検 短い順 長い順

お気に入り

支払総額 (税込)

1310万円

車両本体価格 (税込)

1280万円

諸費用 (税込)

30万円

法定整備:整備付

保証付 (2025(令和7)年12月まで・走行無制限)

  • 年式2022年
  • 走行距離1.2万km
  • 車検2025年12月
  • 排気量EV
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラージェットブラックメタリック

ボディタイプセダン

購入パックあり
id車両
グー鑑定車
内装4
外装5
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

1180万円

車両本体価格 (税込)

1150万円

諸費用 (税込)

30万円

法定整備:整備付

保証付 (2027(令和9)年2月まで・走行無制限)

  • 年式2024年
  • 走行距離0.2万km
  • 車検2027年2月
  • 排気量-----
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラージェットブラックメタリック

ボディタイプセダン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

1980万円

車両本体価格 (税込)

1950万円

諸費用 (税込)

30万円

法定整備:整備付

保証付 (2026(令和8)年1月まで・走行無制限)

  • 年式2023年
  • 走行距離0.2万km
  • 車検2026年1月
  • 排気量-----
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラークレヨン

ボディタイプセダン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

1230万円

車両本体価格 (税込)

1200万円

諸費用 (税込)

30万円

法定整備:整備付

保証付 (2026(令和8)年6月まで・走行無制限)

  • 年式2023年
  • 走行距離0.5万km
  • 車検2026年6月
  • 排気量-----
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラーキャララホワイトメタリック

ボディタイプセダン

購入パックあり
id車両
グー鑑定車
内装5
外装5
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

1900万円

車両本体価格 (税込)

1870万円

諸費用 (税込)

30万円

法定整備:整備付

保証付 (2027(令和9)年1月まで・走行無制限)

  • 年式2024年
  • 走行距離50km
  • 車検2027年1月
  • 排気量-----
  • 修復歴なし

ミッションAT

カラージェットブラックメタリック

ボディタイプセダン

購入パックあり
id車両
グー鑑定車
内装5
外装5
機関/正常
車両状態評価書

お気に入り

支払総額 (税込)

973.2万円

車両本体価格 (税込)

958万円

諸費用 (税込)

15.2万円

法定整備:整備付

保証付 (3ヶ月・3000km)

  • 年式2021年
  • 走行距離6.0万km
  • 車検車検整備付
  • 排気量EV
  • 修復歴なし

ミッションコラムAT

カラージェットブラックメタリック

ボディタイプセダン

購入パックあり

お気に入り

支払総額 (税込)

1085.8万円

車両本体価格 (税込)

1078.3万円

諸費用 (税込)

7.5万円

法定整備:整備付

保証付 (1ヶ月・走行無制限)

  • 年式2024年
  • 走行距離144km
  • 車検2027年3月
  • 排気量1000cc
  • 修復歴なし

ミッションインパネAT

カラージェットブラック

ボディタイプセダン

購入パックあり

この条件でよく検索しますか?

ポルシェ タイカン | 神奈川県

新着お知らせメールを受け取る

グーネットからのお知らせ

ポルシェ タイカン

グーネットに掲載されている神奈川県の「ポルシェ タイカン」の掲載状況は?

グーネットでは神奈川県の「ポルシェ タイカン」の中古車を7台掲載しています。
ポルシェ タイカン 神奈川県のみの車両価格は958万円~1950万円になります。(2024.06.26)

車種の特徴

2019年11月にポルシェから発表された「タイカン」は、ポルシェ初のピュアEV車(電気自動車)です。EV車は電気で動くモーターを駆動力にして走るため、ガソリンを一切使用していません。地球温暖化対策が期待できるため、未来のスタンダードになれる可能性を秘めた車です。「タイカン」はポルシェのラインナップの特徴といえる4灯式のLEDヘッドランプを備えており、ランプのケーシングの下にはエアカーテンがあります。このエアカーテンは前輪のホイールハウスまわりでの空力性能低下を防ぐため、整流効果を発揮する縦型のスリットです。これらポルシェの特徴をうまく受け継いだ「タイカン」は、EV車では独特のフロントマスクが採用されています。「タイカン」は前後にモーターを配した4WDの4ドアセダンですが、セダンとは思えないほどの流麗なシルエットが特徴です。1378mm~1381mmの車高となっており、比較的車高が低いとされています。標準の20インチに対して1インチ大径のミッションEホイールがオプションとして装着されており、2000mmに迫ろうという全幅に対して、全高は1400mm未満。4ドアセダンの常識を打ち破る典型的なワイド&ローな部分が特徴です。グレードは最高出力460kW、最大トルク1050Nmの「ターボS」、460kW・850Nmの「ターボ」、そして320kW・620Nmの「4S」という3つが用意されており、それぞれ車高は異なります。これらの中でも「ターボ」の全長は4963mm、全幅はミラーを含まずに1966mm、ホイールベースは2900mmとかなり長くなっているのが特徴です。大柄なサイズの理由としては、大容量バッテリーや4WDシステム、3チャンバー式の凝ったエアサスペンションを搭載しているという点が挙げられます。また、市街地のような入り組んだ道での取り扱いやすさと、高速のような比較的広い道での安定性を両立させることのできる後輪操舵の「リアアクスルステアリング」を採用しました。大柄なサイズでありながら、軽快で敏捷な動きが可能なため、重量感は走り始めると気になりにくいのが特徴です。アクセルの微細な操作が可能なため、操縦感もしっかりと楽しむことができます。また、ロールを感じさせないボディの動きや、コーナーのターンインでコンパクトスポーツカーのような身のこなしできるため、ストレスのない快適なドライビング感覚を得られる車です。無駄なボディの動きが最小限に留められているため、長時間のドライビングでも疲労感が溜まりにくくなっています。※記載の文章は、2021年8月時点の情報です。

車名の由来は?

外国では「Taycan」と表記される「タイカン」は、トルコ語で「元気のよい若馬」という意味です。この若馬は、ポルシェのエンブレム中央にある跳ね馬のイメージに基づき、名づけられました。また、「タイカン」という車名を決定するプロジェクトでは、開発に関わった人や社内外の弁護士、ブランド法律に関する専門家などさまざまな関係者を集めるという徹底ぶり。合計で約600程度のアイデアを出し合い、約1年半かけてようやく名づけられました。

モデル概要、その魅力は?

「タイカン」はEV車でありながら、紛れもなくポルシェといえる乗り心地です。端々から感じることのできるポルシェらしさと、先進性の融合がタイカンの魅力でもあります。従来のEV車は400Vの電圧システムがスタンダードですが、「タイカン」では800Vの高電圧システムを搭載しているため、高性能バッテリーです。通常よりも高電圧化が実現したことにより、急速充電も可能に。15分間のチャージでおよそ400km程度の走行が可能ですが、専用システムによるフル充電の場合は500kmの走行が可能とされています。走行条件によって航続距離は前後するものの、充電と駆動性能が高い点も魅力のひとつでしょう。

矢印