千葉県 Eクラスステーションワゴン(全て)(メルセデス・ベンツ)の中古車を探す

価格帯
年式※初度登録
ローン月々支払い額
走行距離
ローン頭金(上限)
ローン種類・サービス
   

ローン種類を選択

サービスを選択

グー鑑定条件

車体(車両外装)
内装
機関
骨格(修復歴)

車両条件

燃料
ハンドル
乗車定員
型式
ATミッション詳細
排気量
後部スライドドア
過給器
ドア数                        ボディタイプ
状態
安全装置

装備・仕様・その他

基本装備
安全装置
外装装備
仕様
インテリア
カーナビ種類
TV・モニター
カメラ
AV機器
自動運転
その他

条件指定

45台中1~30台表示

新着順 ▲新 ▼古

本体価格 ▲安 ▼高

支払総額 ▲安 ▼高

年式 ▲新 ▼古

走行距離 ▲少 ▼多

排気量 ▲少 ▼多

修復歴

車検 ▲短 ▼長

Eクラスステーションワゴン E220d ステーションワゴン アバンギャルド

本体価格 (税込)

608万円

支払総額 (税込)

648万円

年式2020年 修復なし 保証2023(令和5)年9月まで・走行無制限
排気2000cc 車検2023年9月 走行0.5万km
外装
5
内装
5
機関/正常
車両状態評価書
購入パックあり

Eクラスステーションワゴン E300 ステーションワゴンアバンギャルド スポーツ サンルーフ・オブシディアンブラック・認定中古車

本体価格 (税込)

628万円

支払総額 (税込)

658万円

年式2019年 修復なし 保証24ヶ月・走行無制限
排気2000cc 車検2022年9月 走行1.2万km
外装
4
内装
4
機関/正常
車両状態評価書
グークーポン 購入パックあり

Eクラスステーションワゴン E250AVGワゴンRSPLTD 限定車 ワンオーナー禁煙車

本体価格 (税込)

195万円

支払総額 (税込)

--万円

年式2013年 修復なし 保証5ヶ月・走行無制限
排気1800cc 車検車検整備付 走行3.4万km

Eクラスステーションワゴン E250CGIブルエフィシェンシワゴン125 Tk3434

本体価格 (税込)

139万円

支払総額 (税込)

175万円

年式2011年 修復なし 保証12ヶ月・走行無制限
排気1800cc 車検車検整備付 走行9.2万km

Eクラスステーションワゴン E300 ステーションワゴン アバンギャルド ヤナセ保証

本体価格 (税込)

277万円

支払総額 (税込)

--万円

年式2013年 修復なし 保証6ヶ月・10000km
排気3500cc 車検車検整備付 走行2.5万km

Eクラスステーションワゴン E350 ステーションワゴン アバンギャルド ヤナセ保証

本体価格 (税込)

168万円

支払総額 (税込)

--万円

年式2011年 修復なし 保証6ヶ月・10000km
排気3500cc 車検2022年1月 走行4.9万km

Eクラスステーションワゴン E220d ステーションワゴン アバンギャルド

本体価格 (税込)

625万円

支払総額 (税込)

638.4万円

年式2020年 修復なし 保証24ヶ月・走行無制限
排気2000cc 車検2023年2月 走行0.7万km
外装
5
内装
5
機関/正常
車両状態評価書

Eクラスステーションワゴン E250 ステーションワゴン アバンギャルド

本体価格 (税込)

269.5万円

支払総額 (税込)

284万円

年式2013年 修復なし 保証1ヶ月・3000km
排気2000cc 車検2021年9月 走行3.2万km
外装
5
内装
5
機関/正常
車両状態評価書

ページトップへ戻る

メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン(全て)

グーネットに掲載されている「メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン(全て)」の掲載状況は?

グーネット中古車ではメルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン(全て)の中古車情報を518台掲載しています。
車両価格は18万円~828万円、最も掲載の多いボディーカラーはオブシディアンブラックで72台となっています。
メルセデス・ベンツ Eクラスステーションワゴン(全て) 千葉県のみの車両価格は58万円~628万円になります。(2020.11.26)

車種の特徴

「Eクラスステーションワゴン」は、「Eクラス」のステーションワゴンモデルの自動車です。初代「Eクラス」は1985年から展開されており、ステーションワゴンタイプは頭文字Sのコードネームが与えられています。このクルマは、2010年2月発売モデルでボディサイズの拡大が行われましたが、取り回しの良さはキープしています。また、6世代目の2016年11月発売モデルは、「メルセデスベンツ史上、最もインテリジェントなワゴン」のコンセプトのもとに開発が行われ、セダンタイプと同等の安全性と快適性が達成されています。なお、2017年には、ステーションワゴンの派生モデルとして設定されたクロスオーバーモデル「E220d 4MATIC All-Terrein」が日本市場で発売されました。2018年8月モデルのグレードについては、「E220d ステーションワゴン アバンギャルド」「E450 4マチック ステーションワゴン エクスクルーシブ」などがラインナップされています。このモデルのステアリングについては、スポーティーで上質なデザインに変更された他、ステアリングから手を放すことなく車両の設定やナビゲーションの操作などが可能となる「タッチコントロールボタン」、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」の操作スイッチを備えており、操作性が向上しています。※記載の文章は、2018年10月時点の情報です。

車名の由来は?

「Eクラス」の源流はメルセデス・ベンツ「W136(1936年)」まで遡り、ブランドのなかではもっとも古い中核モデルとなる。「Eクラス」としてのデビューは1985年で、初代のコードネームはセダンが「W124」、ワゴンが「S124」。2代目では数字が「210」と大きく変わり、それ以降、3代目が「211」、4代目が「212」、5代目が「213」とモデルチェンジごとに増える。

モデル概要、その魅力は?

1985年から1993年までは「ミディアムクラス」の名称でリリースされ、ポジション的には、「Cクラス」と「Sクラス」の中間のモデルとなり、高級車のベンチマークとしてつねに注目される存在だ。「Eクラスステーションワゴン」はフラットなフロアにスクエアな形状の広大なラゲッジルームを備え、抜群の使い勝手を誇りワゴンの名車との呼び声も高い。

他の地域から探す

千葉県の街情報を見る

千葉県・Eクラスステーションワゴン(全て)(メルセデス・ベンツ)のクルマ情報(中古車両)を市区町村から簡単に車両検索できます。

千葉県のEクラスステーションワゴン(全て)をお役立ちコンテンツから探す

千葉県・Eクラスステーションワゴン(全て)(メルセデス・ベンツ)のクルマ情報(中古車両)をお役立ちコンテンツから簡単に車両検索できます。

Eクラスステーションワゴン(全て)(千葉県)の販売店レビュー

Eクラスステーションワゴン(全て)(千葉県)の販売店レビューをもっと見る

千葉県・Eクラスステーションワゴン口コミ件数の多い販売店を探す

千葉県・Eクラスステーションワゴン(メルセデス・ベンツ)の販売店情報を簡単に検索できます。

あなたの愛車を高く買取!

WEBで車の買取金額・査定相場を調べる